【ロゴ】フォントでつくる!複写機で劣化したタイプ文字

【ロゴ】フォントでつくる!複写機で劣化したタイプ文字

塗りつぶしレイヤーを作成する

[ レイヤー ] パネルで、[ レイヤーの表示/非表示 ] をクリックして、テキストレイヤー [ Courier Regular ] を非表示にします。
テキストレイヤーを非表示
テキストレイヤーを非表示
テキストレイヤーのサムネールを [ command ( Ctrl ) ] キーを押しながらクリックします。
[ command ( Ctrl ) ] + クリック
[ command ( Ctrl ) ] + クリック
すると、ドキュメントにベース文字の選択範囲が表示されます。
文字の選択範囲を作成
文字の選択範囲を作成
描画ピクセルを選択!
レイヤーサムネールを [ command ( Ctrl ) ] + クリック、または、右クリックしてコンテキストメニューから、[ 描画ピクセルを選択 ] を選択すると、レイヤーに含まれるオブジェクトの選択範囲が作成できます。非表示中のレイヤー、レイヤーマスク、作業用パスなどからも選択範囲が作成できます。
[ レイヤー ] パネルで、[ 塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成 ] をクリックし、メニューから [ べた塗り ] を選択して、[ べた塗り 1 ] を作成します。
[ べた塗り 1 ] を作成
[ べた塗り 1 ] を作成
[ カラーピッカー ] ダイアログで、新しい色に [ H : 0°/ S : 0 % / B : 10 % ] を設定して、[ OK ] をクリックします。
[ カラーピッカー ] ダイアログを設定
[ カラーピッカー ] ダイアログを設定
塗りつぶしレイヤーでベース文字が作成できた
塗りつぶしレイヤーでベース文字が作成できた
マスクを自動作成!
レイヤーマスク作成時に、あらかじめ選択範囲を作成しておくと、選択範囲外を隠す領域としてブラックが塗りつぶされます。
塗りつぶし、または、調整レイヤーを新規作成すると、レイヤーマスクが自動的に追加されるので、これらの操作がまとめて行えます。
レイヤーマスクによって文字をラスタライズ ( ビットマップ化 ) することで、フィルターや色調補正などの効果が適用できるようになります。
続きは↓下の番号をクリック!
123456

スポンサード リンク