【ロゴ】フォントでつくる!複写機で劣化したタイプ文字

【ロゴ】フォントでつくる!複写機で劣化したタイプ文字

【Photoshop講座】既存フォントを劣化させる手法は、情緒的なイメージが簡単に演出できるので、タイトルや商品名などに幅広く使われています。複写機を何度も通して、繊細な形がつぶれてしまったタイプライター風のロゴを作成しましょう。



可読性に気をつけよう!
文字をつぶし過ぎると読みづらくなるので、ベースに使用するフォントの種類や文字間にも注意しましょう。タイプライター系のフォントは、縦線と横線が均一な太さで、エッジには力強いセリフ (インク溜め) が付いています。これは劣化による可読性を考えたデザインなので、つぶし甲斐もありますね。

テキストを複写機で劣化したタイプ文字風に加工

これから行う操作は、入力したテキストを複写機で劣化したタイプ文字風に加工する方法です。複数のフィルターで形状を崩し、レイヤースタイルの効果で背景紙と馴染ませます。使用するフォントは任意で設定しますが、作例とは違うピクセルサイズの画像では、フィルターの効果が発揮できないことがあります。小さくしたい場合は、完成後にレイヤーを統合してリサイズしてください。
画像に入力したテキスト (部分) → 複写機で劣化したタイプ文字風に加工 (部分)

ベースのフォントを入力する

素材画像をダウンロードして開きます。素材画像は、[幅 : 1280 pixel]、[高さ : 853 pixel] 、[解像度 : 72 pixel/inch]、[モード : RGBカラー] を使用しています。背景に敷く素材は、破いた紙やくしゃくしゃの紙などを使用すると、劣化したタイプ文字がより象徴できるでしょう。
素材画像を開く
素材画像を開く
[ツール] パネルから、[横書き文字ツール] を選択します。
[横書き文字ツール] を選択
[横書き文字ツール] を選択
オプションバーで、任意のフォントを設定し、[フォントサイズを設定] に「150 pt」を入力します。
[フォントサイズを設定] に「150 pt」を入力
[フォントサイズを設定] に「150 pt」を入力
任意のフォントを設定!
作例では、「Courier」を設定していますが、フォント環境はご使用のパソコンによって異なります。リスト表示される任意のフォントを設定してください。
ドキュメント内をクリックして、ポイントテキストで文字を入力します。
文字を入力
文字を入力
文字の間隔を空けよう!
作例で使用している「Courier」は、等幅フォントと言われる文字幅が変化しないものなので、文字の間隔は設定していませんが、複写機で劣化した効果は、隣接する文字が近いと出にくくなります。文字によって文字幅が異なるプロポーショナルフォントを使用する場合は、あらかじめ、トラッキングなどで、文字の間隔を少し空けておくと効果的です。
トラッキングを設定
トラッキングを設定
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

塗りつぶしレイヤーを作成する

[レイヤー] パネルで、[レイヤーの表示/非表示] をクリックして、テキストレイヤー (Courier Regular) を非表示にします。
テキストレイヤーを非表示
テキストレイヤーを非表示
テキストレイヤーのサムネールを [command (Ctrl)] キーを押しながらクリックします。
[command (Ctrl)] + クリック
[command (Ctrl)] + クリック
すると、ドキュメントにベース文字の選択範囲が表示されます。
文字の選択範囲を作成
文字の選択範囲を作成
描画ピクセルを選択!
レイヤーサムネールを [command (Ctrl)] + クリック、または右クリックしてコンテキストメニューから、[描画ピクセルを選択] を選択すると、レイヤーに含まれるオブジェクトの選択範囲が作成できます。非表示中のレイヤー、レイヤーマスク、作業用パスなどからも選択範囲が作成できます。
[レイヤー] パネルで、[塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成] をクリックし、メニューから [べた塗り] を選択して、[べた塗り 1] を作成します。
[べた塗り 1] を作成
[べた塗り 1] を作成
[カラーピッカー] ダイアログで、新しい色に [H : 0°/ S : 0% / B : 10%] を設定して、[OK] をクリックします。
[カラーピッカー] ダイアログを設定
[カラーピッカー] ダイアログを設定
塗りつぶしレイヤーでベース文字が作成できた
塗りつぶしレイヤーでベース文字が作成できた
選択範囲からマスクを自動作成!
レイヤーマスク作成時に、あらかじめ選択範囲を作成しておくと、選択範囲外を隠す領域としてブラックが塗りつぶされます。塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成すると、レイヤーマスクが自動的に追加されるので、これらの操作がまとめて行えます。レイヤーマスクによって文字をラスタライズ (ビットマップ化) することで、フィルターや色調補正などの効果が適用できるようになります。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

文字のフォルムを崩す

[レイヤー] パネルで、[べた塗り 1] 塗りつぶしレイヤーのレイヤーマスクを選択します。
レイヤーマスクを選択
レイヤーマスクを選択
[フィルター] メニューから、[フィルターギャラリー] を選択します。[フィルターギャラリー] 操作パネルで、[ブラシストローク] → [はね] を選択します。
[はね] を選択
[はね] を選択
[はね] ダイアログで、[スプレー半径] に「10」、[滑らかさ] に「10」を設定して、[OK] をクリックします。
[はね] ダイアログを設定
[はね] ダイアログを設定
元画像 (レイヤーマスク・部分) → [はね] 適用後 (レイヤーマスク・部分)
文字のフォルムを崩すことができました。
文字のフォルムを崩すことができた
文字のフォルムを崩すことができた
[はね] フィルタの設定はやや滑らかに!
文字のフォルムを崩すために使用した [はね] フィルタは、ブラシで描いたようなアナログ的効果が得られる、ユニークで重宝するフィルタのひとつです。設定にある [スプレー半径] は、画像全体の粒子をランダムに散らす大きさを示しています。設定値の目安は、元となる文字の印象があまり変わらない程度の最大値に。[滑らかさ] は、数値が高くなるほど粒子の散らしが少なくなるので、その粒子を適度に残しつつ、やや滑らかな印象になるよう設定してください。

文字に「かすれ」を加える

[レイヤー] パネルで、[べた塗り 1] レイヤーマスクサムネールを [command (Ctrl)] キーを押しながらクリックし、選択範囲を作成します。
[command (Ctrl)] + クリック
[command (Ctrl)] + クリック
文字の選択範囲が作成できた
文字の選択範囲が作成できた
[選択範囲] メニューから、[選択範囲を変更] → [拡張] を選択します。[選択範囲を拡張] ダイアログで、[拡張量] に「12」pixel を入力し、[OK] をクリックします。
[選択範囲を拡張] ダイアログを設定
[選択範囲を拡張] ダイアログを設定
選択範囲を拡張する (部分)
選択範囲を拡張する (部分)
[選択範囲] メニューから、[選択範囲を変更] → [境界をぼかす] を選択します。[境界をぼかす] ダイアログで、[ぼかしの半径] に「12」pixel を入力し、[OK] をクリックします。
[境界をぼかす] ダイアログを設定
[境界をぼかす] ダイアログを設定
文字の周囲に境界をぼかした選択範囲が作成できた
文字の周囲に境界をぼかした選択範囲が作成できた
[フィルタ] メニューから、[ピクセレート] → [メゾティント] を選択します。[メゾティント] ダイアログで、[種類] に [粗いドット (強)] を選択して、[OK] をクリックします。
[メゾティント] ダイアログを設定
[メゾティント] ダイアログを設定
続いてもう一度、[フィルタ] メニューから、[ピクセレート] → [メゾティント] を選択します。[メゾティント] ダイアログで、[種類] に [標準ストローク] を選択して、[OK] をクリックします。
[メゾティント] ダイアログを設定
[メゾティント] ダイアログを設定
[メゾティント] フィルターが適用できたら、[command (Ctrl)] + [D] キーを押して、選択を解除します。
文字に横方向の「かすれ」を加えることができた
文字に横方向の「かすれ」を加えることができた
文字の大きさによって調整!
文字の周囲だけに「かすれ」の効果を適用したいので、文字の選択範囲を外側に拡大して境界をぼかします。選択範囲の [拡張量] と [ぼかしの半径] は、適用する文字の大きさによって設定値を調整してください。設定値の目安は、文字の大きさ (pt) x 0.08 = [拡張量]、および [ぼかしの半径] です。

文字に「つぶれ」を加える

[フィルタ] メニューから、[ぼかし] → [ぼかし (ガウス)] を選択し、[ぼかし (ガウス)] ダイアログで、[半径] に「1」pixel を入力して、[OK] をクリックします。
[ぼかし (ガウス)]ダイアログを設定
[ぼかし (ガウス)] ダイアログを設定
[イメージ] メニューから、[色調補正] → [レベル補正] を選択します。[レベル補正] ダイアログで、[入力レベル] に「120 / 1.00 / 136」を設定して、[OK] をクリックします。
[レベル補正] ダイアログを設定
[レベル補正] ダイアログを設定
すると、[ぼかし (ガウス)] フィルターで単純化された階調の幅が狭まり、複写機で劣化したような効果が表現できます。
文字に「つぶれ」を加えることができた
文字に「つぶれ」を加えることができた
複写機の劣化はコレで決まる!
加工法の基本構造は、拡散して凝縮することです。拡散した粒子は、[ぼかし (ガウス)] を適用することで、隣接する粒子との境界があやふやになって、[レベル補正] を適用することで、その境界を再度明確にします。拡散した粒子が密度によって再構築されるワケです。拡散の度合いを狭めればスタンプ風にも応用できます。

背景紙に馴染ませる

[レイヤー] パネルで、[べた塗り 1] の右端をスペースをダブルクリックします。すると、[レイヤースタイル] ダイアログが表示されます。
[べた塗り 1] の右端のスペースをダブルクリック
[べた塗り 1] の右端のスペースをダブルクリック
[レイヤースタイル] ダイアログで、[レイヤー効果] → [通常の描画] セクションの[描画モード] に [乗算] を選択します。
[描画モード] に [乗算] を選択
[描画モード] に [乗算] を選択
[レイヤースタイル] ダイアログで、[レイヤー効果] → [ブレンド条件] セクションの [ブレンド条件] に [グレー] を選択 (初期設定) します。
[下になっているレイヤー] の右側の調整ポイントを左側へドラッグして、「200」の位置に設定します。
右側の調整ポイントを左側にドラッグ
右側の調整ポイントを左側にドラッグ
右側の調整ポイントを [option (Alt)] キーを押しながら右側へドラッグして、「224」の位置に設定します。
右側の調整ポイントを [option (Alt)] + ドラッグ →「224」の位置に設定
[ブレンド条件] の設定ができたら、[レイヤースタイル] ダイアログの [OK] をクリックします。
[OK] をクリック
[OK] をクリック
劣化したタイプ文字を背景紙に馴染ませることができました。
背景紙に馴染ませることができた
背景紙に馴染ませることができた
ブレンド条件は明度の階調レベル!
[レイヤー効果] の [ブレンド条件] には、上下2つの階調バーがあります。階調バーの下にある調整ポイントは、左側がシャドウ点で階調レベル「0」、右側がハイライト点で階調レベル「255」が初期設定です。たとえば、シャドウ点の調整ポイントを階調レベル「128」に設定すると、0 〜 128 の階調がマスクされて見えなくなります。[option (Alt)] キーを押しながら調整ポイントをドラッグすると、調整ポイントが2つに分かれて、見えなくなる境界をグラデーションで溶け込ませることができます。

スポンサード リンク