【ロゴ】フォントでつくる!複写機で劣化したタイプ文字

【ロゴ】フォントでつくる!複写機で劣化したタイプ文字

【Photoshop講座】既存フォントを劣化させる手法は、情緒的なイメージが簡単に演出できるので、タイトルや商品名などに幅広く使われています。複写機を何度も通して、繊細な形がつぶれてしまったタイプライター風のロゴを作成しましょう。


可読性に気をつけよう!
文字をつぶし過ぎると読みづらくなるので、ベースに使用するフォントの種類や文字間にも注意しましょう。タイプライター系のフォントは、縦線と横線が均一な太さで、エッジには力強いセリフ (インク溜め) が付いています。これは劣化による可読性を考えたデザインなので、つぶし甲斐もありますね。

テキストを複写機で劣化したタイプ文字風に加工

これから行う操作は、入力したテキストを複写機で劣化したタイプ文字風に加工する方法です。複数のフィルターで形状を崩し、レイヤースタイルの効果で背景紙と馴染ませます。
画像に入力したテキスト (部分) → 複写機で劣化したタイプ文字風に加工 (部分)
使用するフォントは任意で設定しますが、作例とは違うピクセルサイズの画像では、フィルターの効果が発揮できないことがあります。小さくしたい場合は、完成後にレイヤーを統合してリサイズしてください。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

ベースのフォントを入力する

素材画像をダウンロードして開きます。素材画像は、[幅 : 1280 pixel]、[高さ : 853 pixel] 、[解像度 : 72 pixel/inch]、[モード : RGBカラー] を使用しています。背景に敷く素材は、破いた紙やくしゃくしゃの紙などを使用すると、劣化したタイプ文字がより象徴できるでしょう。
素材画像を開く

素材画像を開く
[ツール] パネルから、[横書き文字ツール] を選択します。
[横書き文字ツール] を選択

[横書き文字ツール] を選択
オプションバーで、任意のフォントを設定し、[フォントサイズを設定] に「150 pt」を入力します。
[フォントサイズを設定] に「150 pt」を入力

[フォントサイズを設定] に「150 pt」を入力
任意のフォントを設定!
作例では、「Courier」を設定していますが、フォント環境はご使用のパソコンによって異なります。リスト表示される任意のフォントを設定してください。
ドキュメント内をクリックして、ポイントテキストで文字を入力します。
文字を入力

文字を入力
文字の間隔を空けよう!
作例で使用している「Courier」は、等幅フォントと言われる文字幅が変化しないものなので、文字の間隔は設定していませんが、複写機で劣化した効果は、隣接する文字が近いと出にくくなります。
トラッキングを設定

トラッキングを設定
文字によって文字幅が異なるプロポーショナルフォントを使用する場合は、あらかじめ、トラッキングなどで、文字の間隔を少し空けておくと効果的です。
続きは↓下の番号をクリック!

123456

スポンサード リンク