【効果】シャープとボケを同時に調整する方法【ハイパス】

【効果】シャープとボケを同時に調整する方法【ハイパス】

【Photoshop基本操作】近くのものをハッキリと、遠くのものをボンヤリとさせたい場合、それぞれの領域でシャープとブラーを個別に適用することが考えられますが、ひとつの効果を利用して、自然な被写界深度を調整する簡単な方法があります。



シャープを反転するとブラーになる!
[ハイパス] で行うシャープの効果は、ハロー (光がぼやけて見える現象) を設けてエッジを強調するものです。ここでは、これを描画モード [オーバーレイ] で増幅させているので、画像の階調を反転すると負の値になり、シャープと正反対の効果、つまりブラー (ぼかし) の効果に変わります。操作の省力化はもちろん、シャープからブラーに切り替わる境界線も自然です。

被写界深度を擬似的につくる方法

これから行う操作は、被写界深度を擬似的につくる方法です。被写界深度とは、カメラレンズのピントが合う前後の範囲を表します。ピント範囲が広いことを「被写界深度が深い」といい、狭いことを「被写界深度が浅い」といいます。作例では、近くにあるサボテンのトゲをより鮮明に補正しながら、同時に被写界深度を浅くして、手前から奥へ行くほどぼかしを強めていきます。
元画像 (部分) → 被写界深度を擬似的につくる (部分)

元画像を複製する

素材画像をダウンロードして開きます。作例では、[幅 : 1600 pixel] × [高さ : 1200 pixel] の [RGB カラー] を使用しています。
素材画像を開く
素材画像を開く
[レイヤー] パネルで、[背景] を [新規レイヤーを作成] にドラッグして、[背景 のコピー] を作成します。
[背景] を [新規レイヤーを作成] にドラッグ
[背景] を [新規レイヤーを作成] にドラッグ
[レイヤー] メニューから、[スマートオブジェクト] → [スマートオブジェクトに変換] を選択して適用します。
スマートオブジェクトを確認
スマートオブジェクトとは?
[スマートオブジェクトに変換] を適用すると、[背景] やレイヤーが「スマートオブジェクト」に変換されます。スマートオブジェクトにすることで、切り抜き後の画像が再編集できます。[背景] に適用すると、レイヤー名が [レイヤー 0] に変更され、[背景] では設定できなかった [描画モード] や [不透明度]、[位置をロック] などが有効になります。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

[ハイパス] を適用する

[フィルター] メニューから、[その他] → [ハイパス] を選択します。[ハイパス] ダイアログで、[半径] に「3.0」pixel を入力して、[OK] をクリックします。
[ハイパス] ダイアログを設定
[ハイパス] ダイアログを設定
輪郭がレリーフのようになったグレーの画像に変換されました。
グレーの画像に変換される
グレーの画像に変換される
[ハイパス] の適正値は?
[ハイパス] は、画像の輪郭を検出して、その他の領域を明度の中間値 (50% グレー) に変換するフィルターです。設定値の [半径] でシャープの大きさを調整、レイヤーの [不透明度] で適用量を調整します。適正値は画像の大きさにもよりますが、「1.0」pixel が「小」、「2.0」pixel が「中」、「3.0」pixel が「大」を目安にするといいでしょう。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

描画モード [オーバーレイ] を選択する

[レイヤー] パネルで、描画モードに [オーバーレイ] を選択します。
描画モード [オーバーレイ] を選択
描画モード [オーバーレイ] を選択
画像の輪郭が強調され、はっきり鮮明に補正されました。
元画像 (部分) → [ハイパス] を適用 (部分)
オーバーレイとは?
描画モード [オーバーレイ] は、合成色が重なっても画像に影響しない「中性色」を 50% グレーとして、明るい部分はより明るく、暗い部分はより暗くする特性があります。

シャープの適用領域を調整する

[レイヤー] パネルで、[レイヤーマスクを追加] をクリックして、レイヤーマスクを追加します。
[レイヤーマスクを追加] をクリック
[レイヤーマスクを追加] をクリック
[ツール] パネルから、[グラデーションツール] を選択します。
[グラデーションツール] を選択
[グラデーションツール] を選択
ドキュメント内を [shift] キーを押しながらドラッグし、シャープを適用する領域外をマスクします。
ドキュメント内を [shift] + ドラッグ → 被写界深度を浅くしたい部分をマスク
シャープな被写体を抽出する!
作例では近景にシャープをかけ、遠景にブラーをかける被写界深度の浅さを強調したいので、グラデーションの開始点をいちばん奥のサボテンとし、終了点をいちばん手前のサボテンとしました。グラデーションの開始点では不透明度が 0%、終了点では 100% になるので、その間のシャープは段階的に弱まっていきます。

被写界深度を浅くする

[レイヤー] パネルで、[背景 のコピー] を [新規レイヤーを作成] にドラッグして、[背景 のコピー 2] を作成します。
[背景 のコピー 2] を作成
[背景 のコピー 2] を作成
[イメージ] メニューから、[色調補正] → [階調の反転] を適用します。
[レイヤー] パネルで、[背景 のコピー 2] のレイヤーマスクを選択します。
[背景 のコピー 2] のレイヤーマスクを選択
[背景 のコピー 2] のレイヤーマスクを選択
[イメージ] メニューから、[色調補正] → [階調の反転] を適用します。
遠景の被写界深度を浅くすることができました。
元画像 → 近景シャープ + 遠景ブラー
シャープとボケを同時に調整することができた
シャープとボケを同時に調整することができた
階調の反転でぼかし効果に!
[階調の反転] により、レリーフの明るい部分が暗く、暗い部分が明るくなると、画像を構成する輪郭の階調が干渉し、周辺のハロー (光がぼやけて見える現象) の大きさにより、ぼかし効果が生まれます。ぼかし系フィルターでは得られない、詳細で違和感のないぼかし効果が簡単につくれます。

スポンサード リンク