【レタッチ】画像内の人物を移動して自動修復する方法【コンテンツに応じた移動ツール】

【レタッチ】画像内の人物を移動して自動修復する方法【コンテンツに応じた移動ツール】

【Photoshop基本操作】画像内の対象物が切り抜きオブジェクトのように移動できれば、デザインの自由度は広がります。[ コンテンツに応じた移動ツール ] は、移動元の穴埋めと移動先の境界線を一度に自動修復してくれるツールです。意図したレイアウトに合わせて、計画的に画像内の主体を移動させましょう。
境界線の均等な間隔と単純化!
[ コンテンツに応じた移動ツール ] は、選択範囲をドラッグするだけで、移動元の穴埋めと、移動先の境界線を何もなかったように自動修復する、驚くべきツールです。
しかし、そのパフォーマンスを最大限に活かすには、移動領域に作成する選択範囲にコツがあります。移動する主体の周囲に均等な間隔を設けて、不要な空間を埋めて単純化した形状に編集しましょう。

人物を移動して構図を変える方法

これから行う操作は、元画像の要素を移動して構図を変える方法です。作例の素材画像は、浜辺を歩く人物が中央に配置されています。これを左側へ移動することで、中央に空間を設けます。
通常のウィンドウ表示 → 同じドキュメントを並列して表示する
[ コンテンツに応じた移動ツール ] は、対象画像を描画して修復する機能です。したがって、要素の移動は一発勝負となります。計画的に操作する方法も学びましょう。

背景を複製する

素材画像をダウンロードして開きます。作例では、[ 幅 : 1600 pixel ] × [ 高さ : 1196 pixel ] の [ カラーモード : RGB カラー ] を使用しています。
素材画像を開く
素材画像を開く
Pixabay - 無料の写真
シームレス化しやすい素材を選ぶ!
ここでは、素材画像に浜辺を歩く女性を使用しています。[ コンテンツに応じた移動ツール ] は、作成した選択範囲に隣接するよく似たピクセルで穴埋めするため、海や砂浜のようなシームレス化しやすい素材が適しています。
[ レイヤー ] パネルで、[ 背景 ] を [ 新規レイヤーを作成 ] にドラッグして、[ 背景 のコピー ] を作成します。
[ 背景 のコピー ] を作成
[ 背景 のコピー ] を作成
修正するための複製!
レイヤーの複製は、後の手順で元画像をレイヤーマスクで抽出して、不自然な部分を修正するためのものです。元画像を保護する必要がない場合でも、[ 背景 のコピー ] を作成してください。
続きは↓下の番号をクリック!
12345

スポンサード リンク