【レタッチ】画像内の人物を移動して自動修復する方法【コンテンツに応じた移動ツール】

【レタッチ】画像内の人物を移動して自動修復する方法【コンテンツに応じた移動ツール】

【Photoshop基本操作】画像内の対象物が切り抜きオブジェクトのように移動できれば、デザインの自由度は広がります。[コンテンツに応じた移動ツール] は、移動元の穴埋めと移動先の境界線を一度に自動修復してくれるツールです。意図したレイアウトに合わせて、計画的に画像内の主体を移動させましょう。


境界線の均等な間隔と単純化!
[コンテンツに応じた移動ツール] は、選択範囲をドラッグするだけで、移動元の穴埋めと移動先の境界線を何もなかったように自動修復する驚くべきツールです。しかし、そのパフォーマンスを最大限に活かすには、移動領域に作成する選択範囲にコツがあります。移動する主体の周囲に均等な間隔を設けて、不要な空間を埋めて単純化した形状に編集しましょう。
人物を移動して構図を変える方法
これから行う操作は、元画像の要素を移動して構図を変える方法です。作例の素材画像は、浜辺を歩く人物が中央に配置されていますが、これを左側へ移動することで中央に空間を設けます。[コンテンツに応じた移動ツール] は、対象画像を描画して修復する機能なので、要素の移動は一発勝負となります。計画的に操作する方法も学びましょう。
通常のウィンドウ表示 → 同じドキュメントを並列して表示する
背景を複製する
素材画像をダウンロードして開きます。作例では、[幅 : 1600 pixel] × [高さ : 1196 pixel] の [RGB カラー] を使用しています。
素材画像を開く
素材画像を開く
シームレス化しやすい素材を選ぶ!
ここでは、素材画像に浜辺を歩く女性を使用しています。[コンテンツに応じた移動ツール] は、作成した選択範囲に隣接するよく似たピクセルで穴埋めするため、海や砂浜のようなシームレス化しやすい素材が適しています。
[レイヤー] パネルで、[背景] を [新規レイヤーを作成] にドラッグして、[背景 のコピー] を作成します。
[背景 のコピー] を作成
[背景 のコピー] を作成
修正するための複製!
レイヤーの複製は、後の手順で元画像をレイヤーマスクで抽出し、不自然な部分を修正するためのものです。元画像を保護する必要がない場合でも、[背景 のコピー] を作成してください。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
人物の選択範囲を作成する
[ツール] パネルから、[クイック選択ツール] を選択します。
[クイック選択ツール] を選択
[クイック選択ツール] を選択
オプションバーで、[クリックでブラシピッカーを開く] をクリックし、[直径] に「16 px」、[硬さ] に「100 %」を設定します。
[自動調整] にチェックマークを入れます。
[自動調整] にチェックマークを入れる
[自動調整] にチェックマークを入れる
移動する対象のオブジェクトをドラッグして、選択範囲を作成します。
オブジェクトをドラッグして選択範囲を作成
オブジェクトをドラッグして選択範囲を作成
できるだけ大きなブラシを設定!
[クイック選択ツール] のブラシの [直径] は、対象オブジェクトの大まかなシルエットを選択するため、できるだけ大きな数値を設定することがポイントです。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
選択範囲の境界線を編集する
[ツール] パネルで、[なげなわツール] を選択します。
[なげなわツール] を選択
[なげなわツール] を選択
[shift] キーを押しながらドラッグし、オブジェクトの空間を埋めるようにして、選択範囲を追加します。
[shift] + ドラッグ
[shift] + ドラッグ
空間を埋めてひとかたまりに!
[コンテンツに応じた移動ツール] の適用結果は、選択範囲の形状により変わります。オブジェクトから均等な間隔を持った選択範囲を作成することで、移動元の穴埋め領域を最小限に抑え、正確なオブジェクトを維持します。
移動するオブジェクトの選択範囲は、できるだけ簡略化した方がいい結果が出るので、あらかじめ、腕の脇や足の交差部分などの空間を選択範囲に加えます。砂浜に落とした影の部分も忘れず選択しておきましょう。
[選択範囲] メニューから、[選択範囲を変更] → [拡張] を選択します。[選択範囲を拡張] ダイアログで、[拡張量] に「40」pixel を入力して、[OK] をクリックします。
[拡張量] に「40」pixel を入力
[拡張量] に「40」pixel を入力
オブジェクトの外側に向けて、選択範囲が拡張されました。
選択範囲の拡張を確認
選択範囲の拡張を確認
必要最低限のサンプリング領域!
後の手順で適用する [コンテンツに応じた移動ツール] は、選択範囲を境界として、内側と外側に約 32 pixel 以上のサンプリング領域を必要とする特性があります。余裕を持たせた「40」pixel を [拡張量] に設定することで、不要な部分のサンプリングを防ぎます。
人物をドラッグして移動する
[ツール] パネルから、[コンテンツに応じた移動ツール] を選択します。
[コンテンツに応じた移動ツール] を選択
[コンテンツに応じた移動ツール] を選択
オプションバーで、[モード] に [移動] を選択します。
[構造] に「4」を入力します。
[カラー] に「6」を入力します。※バージョン CS 6 以前では、[適応] に [中間] を選択します。
[構造] と [カラー] を設定
[構造] と [カラー] を設定
形と色を合わせる度合い?
オプションバーで設定する [構造]、[カラー] は、隣接するピクセルを形と色に分けたブレンド率のようなものです。しかし、これらの定義は理解しにくいですね。ようするに移動先と移動元、それぞれのピクセル条件は、素材によりまったく性質が異なる場合も多いからです。
初期設定では、[構造] が 1 〜 7 段階中「4」、[カラー] が 0 〜 10 段階中「6」という、中間値より少し大きめの値が設定されています。対象物のディテールが細かいものは [構造] を小さく、粗いものは [カラー] を大きくするといいでしょう。
選択範囲の内側をドラッグして移動します。
人物をドラッグして移動
人物をドラッグして移動
移動先の位置が決まったらマウスボタンを離します。
移動先でマウスボタンを離す
移動先でマウスボタンを離す
位置が決まったら、[enter] キーを押して移動を確定します。
[command (Ctrl)] + [D] キーを押して選択を解除します。
移動元の背景は穴埋めされ、移動先の境界線は背景と馴染んだ
移動元の背景は穴埋めされ、移動先の境界線は背景と馴染んだ
変更は必ず undo で!
移動の確定は、バウンディングボックス内をダブルクリックしても行えます。そのため、操作中に誤って移動を確定してしまうことがあるかも知れません。移動の確定後は位置が変更できませんので注意してください。その場合は、[command (Ctrl)] + [Z] キーを押して、操作の取り消し、または [option (Alt)] + [command (Ctrl)] + [Z] キーを押して、操作を1段階戻してください。
レイヤーマスクで修正する
[レイヤー] パネルで、[レイヤーマスクを追加] をクリックして、レイヤーマスクを作成します。
レイヤーマスクを作成
レイヤーマスクを作成
[ツール] パネルから、[ブラシツール] を選択します。
[ブラシツール] を選択
[ブラシツール] を選択
不自然な部分をドラッグして、[背景] の画像を抽出します。
不要な部分をドラッグ (部分) → [背景] の画像を抽出して修正 (部分)
画像の中央にあった人物を左側へ移動し、移動元の背景を穴埋めすることができました。
元画像 → 人物を移動して構図を変える
人物を移動して背景を穴埋めできた
人物を移動して背景を穴埋めできた
波の横線を抽出!
移動先のオブジェクトの境界線は、元画像とブレンドされ目立たなくなりますが、たとえば、横線のつながりは不完全なままです。そのような箇所を部分的にマスクすることで、不自然さは緩和されます。

スポンサード リンク