【スマートオブジェクト】ひとつの修正ですべてのファイルを更新する方法【コンテンツを置き換え】

【スマートオブジェクト】ひとつの修正ですべてのファイルを更新する方法【コンテンツを置き換え】

複数のファイルでコンテンツを置き換える

共通コンテンツを含むドキュメントを開きます。
ドキュメントを開く
ドキュメントを開く
対象は共通コンテンツ!
作例では、[ コンテンツを書き出し ] に使用したドキュメントを開いていますが、[ コンテンツを置き換え ] に使用するドキュメントは、共通コンテンツを含む他のドキュメントでもかまいません。
[ レイヤー ] パネルで、共通コンテンツのスマートオブジェクトを選択します。
共通コンテンツのスマートオブジェクトを選択
共通コンテンツのスマートオブジェクトを選択
[ レイヤー ] メニューから、[ スマートオブジェクト ] – [ コンテンツを置き換え ] を選択します。[ 配置 ] ダイアログで、修正した共通コンテンツのファイルを選択します。
[ 配置 ] をクリックします。
修正した共通コンテンツを選択
修正した共通コンテンツを選択
Illustrator 形式や PDF 形式のファイルを配置する場合は、[ PDF を配置 ] ダイアログが表示されます。[ オプション ] の [ トリミング ] に [ バウンディングボックス ] を選択します。
[ OK ] をクリックします。
[ OK ] をクリック
[ OK ] をクリック
共通コンテンツが修正したものに置き換えられました。
共通コンテンツを含むドキュメント → [ コンテンツを置き換え ] を適用
同じ要領で、他の共通コンテンツに [ コンテンツを置き換え ] を適用します。共通コンテンツを、一括して編集することができました。
共通コンテンツを含むドキュメント → [ コンテンツを置き換え ] を適用
バッチ処理も可能!
対象のファイルが大量にある場合は、STEP 3 のドキュメントを開いてから [ アクション ] を適用して、バッチ処理でフォルダごと置き換えることもできます。
共通コンテンツなら、個別に拡大・縮小や効果を加えても、それらを維持しながら、最新のものに置き換えることができます。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
123

スポンサード リンク