【スマートオブジェクト】ひとつの修正ですべてのファイルを更新する方法【コンテンツを置き換え】

【スマートオブジェクト】ひとつの修正ですべてのファイルを更新する方法【コンテンツを置き換え】

書き出したファイルを修正する

書き出したファイルを、対応するアプリケーションで開きます。作例では、Illustrator を起動して、書き出したファイルを開いています。
Illustrator 形式のファイルを開く
Illustrator 形式のファイルを開く
PDF が変更されています?
Illustrator 形式で書き出したファイルを開くと、[ PDF が変更されています。] というアラートが表示されます。アラートで、[ 変更を破棄して Illustrator 編集機能を保持する ] を選択して、[ OK ] をクリックします。
[ 変更を破棄して Illustrator 編集機能を保持する ] を選択
[ 変更を破棄して Illustrator 編集機能を保持する ] を選択
これは、共通コンテンツを修正するアプリケーションに Illustrator を選択したため、Photoshop から Illustrator へ、ファイルフォーマットが変換されていることを示しています。
共通コンテンツに修正を行い、ファイルを保存 ( 上書き ) します。作例では、ロゴタイプにカラーを設定しました。オブジェクトの修正も可能
共通コンテンツを修正する
共通コンテンツを修正する
PSD なら Photoshop で開く!
書き出したファイルが PSD 形式の場合は、Photoshop で修正を加えます。ビットマップ画像に限らず、ベクトル画像であるシェイプレイヤーも PSD 形式が自動設定されます。PSD 形式でも同様に、[ コンテンツを置き換え ] を使用できます。
続きは↓下の番号をクリック!
123

スポンサード リンク