写真をイラスト調に!カラフルなアメリカン・ポップアート風

写真をイラスト調に!カラフルなアメリカン・ポップアート風

【Photoshop講座】「ポップアート」とは、1960年代のアメリカで誕生した現代芸術です。「リキテンスタイン」や「ウォーホル」などが有名ですね。写真やコミックといった商業ベースの素材を扱い、鮮やかな色で構成されたシルクスクリーン (孔版印刷) による技法が特徴です。あなたのプロフィール写真を、カラフルでアーティステックなアメリカン・ポップアート風にしましょう。


カラバリを無限に増やそう!
ポップアート風は、カラフルな配色も大きな特徴です。カラーバリエーションが簡単に増やせることができれば、配色が苦手な人でも、たくさん作った中から選べますよね。スマートオブジェクトを活用すれば、カラーの設定が何度でもやり直せるので、お気に入りの配色がきっと見つかるハズです。各階調層に対して色が設定できる [グラデーションマップ] で、カラーバリエーションを無限に増やしましょう。
写真をアメリカン・ポップアート風に加工
これから行う操作は、写真をアメリカン・ポップアート風に加工する方法です。フィルターや描画モード、グラデーションマップなど、複数の操作を経て完成させます。元画像をそのまま利用する方法なので、作例とは違うピクセルサイズの画像では、効果が発揮できないことがあります。他の素材に応用する場合は、あらかじめ、使用する画像の長辺をリサイズしてください。
元画像 → 写真をアメリカン・ポップアート風に加工
photo by modelpiece.com
スマートオブジェクトに変換する
素材画像をダウンロードして開きます。素材画像は、[幅 : 1280 pixel]、[高さ : 1280 pixel] 、[解像度 : 72 pixel/inch]、[モード : RGB カラー] を使用しています。加工する素材は、人物のプロフィールや小物の切り抜きなど、主体と背景がはっきり区別できて、かつ明度が高い (白色) 写真が好ましいです。
素材画像を開く
素材画像を開く
photo by modelpiece.com
素材画像が開けたら、[レイヤー] メニューから、[スマートオブジェクト] → [スマートオブジェクトに変換] を適用します。
[スマートオブジェクトに変換] を適用
スマートオブジェクトを確認
[レイヤー] パネルで、[レイヤー 0] を [新規レイヤーを作成] にドラッグして、[レイヤー 0 のコピー] を作成します。
[レイヤー 0 のコピー] を作成
[レイヤー 0 のコピー] を作成
[レイヤーの表示 / 非表示] をクリックして、複製した上層の [レイヤー 0 のコピー] を非表示にします。
[レイヤー 0] を選択します。
[レイヤー 0] を選択
[レイヤー 0] を選択
スマートオブジェクトとは?
[スマートオブジェクトに変換] を適用すると、[背景] やレイヤーが「スマートオブジェクト」に変換されます。スマートオブジェクトにすることで、適用後の色調補正やフィルターが再編集できます。[背景] に適用すると、レイヤー名が [レイヤー 0] に変更され、[背景] では設定できなかった [描画モード] や [不透明度]、[位置をロック] などが有効になります。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
画像の表面をフラットにする
[フィルター] メニューから、[ぼかし] → [ぼかし (表面)] を選択します。[ぼかし (表面)] ダイアログで、[半径] に「10」pixel、[しきい値] に「15」レベルを入力して、[OK] をクリックします。
[ぼかし (表面)] ダイアログを設定
[ぼかし (表面)] ダイアログを設定
すると、大まかな輪郭を残した表面がブレンドされ、画像のノイズや細かいディテールがフラットになります。
元画像 (部分) → 画像の表面をフラットにする (部分)
簡略化のためのベースづくり!
[ぼかし (表面)] の適用は、写真の生っぽさを消し、ディテールを簡略化するためのベースづくりです。設定値の [半径] は、表面を滑らかにするブレンドの距離で、数値が大きほどフラットになります。[しきい値] は、境界線の太さに該当するもので、数値が大きいほど簡略になります。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
ポスタリゼーションを適用する
[フィルター] メニューから、[フィルターギャラリー] を選択します。[フィルターギャラリー] 操作パネルで、[アーティスティック] → [エッジのポスタリゼーション] を選択します。
[エッジのポスタリゼーション] を選択
[エッジのポスタリゼーション] を選択
[エッジのポスタリゼーション] ダイアログで、[エッジの太さ] に「10」、[エッジの強さ] に「3」、[ポスタリゼーション] に「2」を設定して、[OK] をクリックします。
[エッジのポスタリゼーション] ダイアログを設定
[エッジのポスタリゼーション] ダイアログを設定
STEP 2 → [エッジのポスタリゼーション] を適用
エッジを残してコミック風に!
写真をイラスト調に加工するときには欠かせない「ポスタリゼーション」は、階調数を減らして段階的な塗り分けが表現できます。ポスタリゼーションにプラスして、エッジに線画のような効果を加えられるのが [エッジのポスタリゼーション] です。[エッジの太さ] では、エッジに残す線画のような効果の太さが 10 段階で調整でき、[エッジの強さ] では、その効果の不透明度が 10 段階で調整できます。作例ではエッジを太く、淡くすることで、コミック風に設定しています。
各階調層に色をつける
[イメージ] メニューから、[色調補正] → [グラデーションマップ] を選択し、[グラデーションマップ] ダイアログで、[クリックでグラデーションを編集] をクリックして、[グラデーションエディター] ダイアログを表示します。
[クリックでグラデーションを編集] をクリック
[クリックでグラデーションを編集] をクリック
[グラデーションエディター] ダイアログで、グラデーションを設定して、[OK] をクリックします。
[グラデーションエディター] ダイアログを設定
[グラデーションエディター] ダイアログを設定
【設定値】
[位置 : 0%] [不透明度 : 100%]
[位置 : 100%] [不透明度 : 100%]
[位置 : 0%] [H : 240°/ S : 67% / B : 60%]
[位置 : 50%] [H : 320°/ S : 75% / B : 80%]
[位置 : 95%] [H : 0°/ S : 0% / B : 100%]
[位置 : 100%] [H : 60°/ S : 80% / B : 100%]
[グラデーションマップ] ダイアログで、[OK] をクリックします。
[OK] をクリック
[OK] をクリック
各階調層に色をつけることができた
各階調層に色をつけることができた
カラー設定のコツ!
[グラデーションマップ] は、対象画像の階調に対してカラーが設定できる機能です。カラー画像をモノクロに変換して、「明るさの違い」である階調の位置を百分率で設定します。作例では、いちばん暗い [位置 : 0%] を線、いちばん明るい [位置 : 100%] を背景として、中間調の [位置 : 50%] に全体の色調を設定しています。[位置 : 100%] に背景を割り当てているので、ハイライト点はそれよりも少し後退させた [位置 : 95%] に設定しているところがポイントとなります。ハイライト点の位置を調整することで、コントラストを強くすることができます。
カラーをモノクロ化する
[レイヤー] パネルで、[レイヤー 0 のコピー] を表示して選択します。
[レイヤー 0 のコピー] を表示して選択
[レイヤー 0 のコピー] を表示して選択
[イメージ] メニューから、[色調補正] → [白黒] を選択し、[白黒] ダイアログで、[レッド系] に「30」%、[イエロー系] に「89」%、[グリーン系] に「59」%、[シアン系] に「70」%、[ブルー系] に「11」%、[マゼンタ系] に「41」%を入力し、[OK] をクリックします。
[白黒] ダイアログを設定
[白黒] ダイアログを設定
元画像 → カラーをモノクロ化する
輝度を優先させたモノクロ?
カラーを形式的に表す「HSB」では、色相、彩度、明度の組み合わせによって、さまざまな色がつくり出されています。モノクロ化は、特定のアルゴリズム (計算方法) によって行われるもので、必要としない色相、彩度をどのように換算するかで結果も異なってきます。たとえば、黄色と青色の見た目の違いが、モノクロ化によって現れにくい場合もあります。[白黒] での設定値は、カラーを「輝度」という観点で理論的に数値化し、モノクロ化による見た目の違いを出そうとするものです。
一般的なモノクロ化 (彩度を下げる) → 輝度を優先させたモノクロ化
カラーハーフトーンを適用する
[フィルター] メニューから、[ピクセレート] → [カラーハーフトーン] を選択し、[カラーハーフトーン] ダイアログで、[最大半径] に「14」pixel、[ハーフトーンスクリーンの角度] にすべて「45」を入力して、[OK] をクリックします。
[カラーハーフトーン] ダイアログを設定
[カラーハーフトーン] ダイアログを設定
STEP 5 → カラーハーフトーンを適用
[レイヤー] パネルで、描画モードに [ソフトライト] を選択します。
描画モードに [ソフトライト] を選択
描画モードに [ソフトライト] を選択
写真をカラフルなアメリカン・ポップアート風にすることができました。
アメリカン・ポップアート風にすることができた
アメリカン・ポップアート風にすることができた
ハーフトーン最大半径とは?
[カラーハーフトーン] のドットの大きさは、対象画像の明度によって変わります。[最大半径] は「ドット密度」を示し、ドットの中心から隣り合う (対角) ドットの中心までの距離の 1/2 (半径) です。なので [半径] ではなく、[最大半径] という名前が付けられています。
[カラーハーフトーン]の最大半径
[カラーハーフトーン] の最大半径
カラーバリエーションをつくる
[レイヤー] パネルで、[グラデーションマップ] をダブルクリック、または右クリックで表示するコンテキストメニューから、[スマートフィルターを編集] を選択します。
[グラデーションマップ] をダブルクリック
[グラデーションマップ] をダブルクリック
[グラデーションマップ] ダイアログで、[クリックでグラデーションを編集] をクリックして、[グラデーションエディター] ダイアログを表示します。
[クリックでグラデーションを編集]をクリック
[クリックでグラデーションを編集] をクリック
[グラデーションエディター] ダイアログで、グラデーションの各カラー分岐点に変更を加え、STEP 4 と同様にして、[グラデーションマップ] を設定します。
カラーバリエーション例 (背景色 : ブルー)
カラーバリエーション例 (背景色 : ブルー)
[グラデーションエディター] ダイアログ (部分)
[グラデーションエディター] ダイアログ (部分)
【設定値】
[位置 : 0%] [不透明度 : 100%]
[位置 : 100%] [不透明度 : 100%]
[位置 : 0%] [H : 0°/ S : 0% / B : 20%]
[位置 : 50%] [H : 20°/ S : 75% / B : 80%]
[位置 : 95%] [H : 0°/ S : 0% / B : 100%]
[位置 : 100%] [H : 195°/ S : 80% / B : 100%]
カラーバリエーション例 (背景色 : グリーン)
カラーバリエーション例 (背景色 : グリーン)
[グラデーションエディター] ダイアログ (部分)
[グラデーションエディター] ダイアログ (部分)
【設定値】
[位置 : 0%] [不透明度 : 100%]
[位置 : 100%] [不透明度 : 100%]
[位置 : 0%] [H : 300°/ S : 100% / B : 40%]
[位置 : 50%] [H : 45°/ S : 100% / B : 80%]
[位置 : 95%] [H : 0°/ S : 0% / B : 100%]
[位置 : 100%] [H : 120°/ S : 67% / B : 60%]
カラーバリエーション例 (背景色 : レッド)
カラーバリエーション例 (背景色 : レッド)
[グラデーションエディター] ダイアログ (部分)
[グラデーションエディター] ダイアログ (部分)
【設定値】
[位置 : 0%] [不透明度 : 100%]
[位置 : 100%] [不透明度 : 100%]
[位置 : 0%] [H : 300°/ S : 100% / B : 20%]
[位置 : 50%] [H : 210°/ S : 80% / B : 100%]
[位置 : 95%] [H : 0°/ S : 0% / B : 100%]
[位置 : 100%] [H : 0°/ S : 80% / B : 100%]
カラーバリエーションを「ウォーホル」風にマルチ画面で構成すれば、アメリカン・ポップアート風の効果がさらに向上します。
カラーバリエーションをマルチ画面で構成した例
カラーバリエーションをマルチ画面で構成した例
ノイズで作品を量産!
[グラデーションエディター] の [グラデーションタイプ] に [ノイズ] を選択すると、ランダムな線状のグラデーションが生成されます。[開始位置を乱数的に変化させる] をクリックし、グラデーションを次々に変化させることもできます。面白い作品づくりに役立てましょう。
[開始位置を乱数的に変化させる] をクリック
[開始位置を乱数的に変化させる] をクリック
[ノイズ] を利用した作品例
[ノイズ] を利用した作品例

スポンサード リンク