写真を加工する!ひび割れた土の肌を持つ女

写真を加工する!ひび割れた土の肌を持つ女

【Photoshop講座】画像を合成するとき、描画モードを設定すると、さまざまな結果が生成されます。異なる描画モードを片っ端から試してみるのもいいですが、描画モードの「中性色」を知っておくと、引き出しから取り出すスピードが速くなります。人物の肌にひび割れた土の画像を合成して、描画モードの特性を理解しましょう。


グレースケールで考える!
描画モードによる結果は、想像もつかないところが面白いですね。しかし、そのような「偶然の産物」を期待してばかりはいられません。作例のようなひび割れた土の合成では、ひび割れの暗い部分がハッキリ出るように合成したいので、ここを最も暗いシャドウ点に調整します。合成画像がカラーであってもグレースケールで考えて、詳細なディテールが白トビしないように階調を整えることがコツです。
描画モードの操作で合成する
描画モードは、画像の重なり条件を選択できる高度な機能です。背面(基本色)のレイヤーに対して、前面(合成色)のレイヤーの効果が反映されます。描画モードの[オーバーレイ]は、基本色のハイライト、シャドウを保ちながら、合成色を[乗算]する特性があるので、明るい部分をより明るく、暗い部分をより暗くできます。
元画像→人物の肌にひび割れを合成する
合成画像をひとつにまとめる
素材画像をダウンロードして開きます。女性の顔、ひび割れた土の素材画像は、[幅:1358 pixel]、[高さ:1920 pixel] 、[解像度:72 pixel/inch]、[モード:RGBカラー]を使用しています。
女性の顔の素材画像を開く
女性の顔の素材画像を開く
ひび割れた土の素材画像を開く
ひび割れた土の素材画像を開く
ひび割れた土の素材画像をレイヤーとして合成したいので、女性の顔の素材画像にコピー&ペーストして、それぞれの画像をひとつのドキュメントにまとめます。
女性の顔の素材画像を表示します。合成画像を複数の調整レイヤーで構成するので、それらをひとつにまとめる[グループ]をあらかじめ作成しておきます。[レイヤー]パネルで、[新規グループを作成]をクリックして、[グループ 1]を作成します。
[グループ 1]を作成
[グループ 1]を作成
[通過]と[通常]の違い!
グループの描画モードの初期設定は[通過]です。これはレイヤーの描画モードの初期設定である[通常]と同じ働きをするものですが、グループ外にも影響を及ぼします。なので[通過]という差別化が行われています。グループ内の描画モードや調整レイヤーなどの効果を、背面のレイヤーに影響させたい場合は[通過]を選択します。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
女性の顔をモノクロにする
[レイヤー]パネルで、[塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成]をクリックし、メニューから、[色相・彩度]を選択して、[色相・彩度 1]を作成します。
[色相・彩度 1]を作成
[色相・彩度 1]を作成
[色相・彩度]ダイアログで、[彩度]に「-100」を設定します。
[彩度]に「-100」を設定
[彩度]に「-100」を設定
元画像→彩度を下げることができた
彩度を下げることはできましたが、カラーの印象から、女性の瞳や唇のトーンが弱いように感じます。そこで、輝度を優先したモノクロ変換を行います。[レイヤー]パネルで、描画モードに[色相]を選択します。
描画モードに[色相]を選択
描画モードに[色相]を選択
輝度を優先したモノクロ変換で、カラーの印象に近いモノクロにすることができました。
彩度を下げる→輝度を優先したモノクロ変換
輝度を優先したモノクロ変換!
[色相・彩度]で、[彩度]に「-100」を設定した場合、各チャンネルに同じグレースケールを振り分けることで彩度を下げます。明度の情報で変換されるので、異なる色でも同じ明度を持つ色は、同じ濃度のモノクロになって見分けがつかなくなります。これは[彩度を下げる]と同じ変換方式です。
RGBスペクトルの色相環→[彩度を下げる]
RGBスペクトルの色相環→[色相](輝度を優先)
描画モードに[色相]を設定すると、対象画像の「色相」を元にした調整が行われます。たとえば、明るい印象を持つイエロー系の明度は89%、暗い印象を持つブルー系の明度は11%に設定されます。その結果、基本色が同じ彩度、明度を持っていても、異なる色相によって輝度を優先した計算が行われるため、モノクロ変換しても「色の違い」が濃度により差別化できます。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
ひび割れた土を重ねる
ひび割れた土の素材画像を表示し、[command(Ctrl)]+[A]キーを押して、すべてを選択、[command(Ctrl)]+[C]キーを押して、コピーします。女性の顔の素材画像を表示します。[command(Ctrl)]+[V]キーを押して、コピーしたひび割れた土の素材画像をペーストします。
[レイヤー]パネルで、描画モードに[オーバーレイ]を選択します。
合成画像をペーストして[オーバーレイ]を選択
合成画像をペーストして[オーバーレイ]を選択
すると、女性の顔の画像にひび割れた土の画像を合成することができます。
合成画像→[オーバーレイ]で合成
描画モード[オーバーレイ]によって、明るくなり過ぎた部分を暗くします。[レイヤー]パネルで、[色相・彩度 1]を選択します。[塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成]をクリックし、メニューから、[レベル補正]を選択して、[レベル補正 1]を作成します。
[レベル補正 1]を作成
[レベル補正 1]を作成
[レベル補正]ダイアログで、[出力レベル]のハイライト点に「160」を入力します。
[出力レベル]のハイライト点に「160」を入力
[出力レベル]のハイライト点に「160」を入力
女性の顔の画像を暗くすることで、ひび割れが濃く、詳細な質感が現れました。
ひび割れが濃くなった
ひび割れが濃くなった
基本色を調整する!
[オーバーレイ]の「中性色」は50%グレーなので、[背景]の50%グレーの部分は、合成色の影響を100%受けることになります。たとえば、完全な白色を[レベル補正]で50%グレーにしたい場合は、[出力レベル]のハイライト点に「128」を入力します。これは、256階調中の1/2を示すレベルであり、すなわち50%グレーなのです。作例では、それより少し控えめな「160」を設定することで、女性の顔の明暗を活かすようにしています。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
ひび割れのトーンを整える
ひび割れた土の画像のコントラストを高めて、少し誇張したトーンに整えます。[レイヤー]パネルで、[レイヤー 1]を選択します。[塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成]をクリックし、メニューから、[トーンカーブ]を選択して、[トーンカーブ 1]を作成します。
[トーンカーブ 1]を作成
[トーンカーブ 1]を作成
[トーンカーブ]ダイアログで、[クリッピングマスクを作成]をクリックします。トーンカーブのポイントを選択、または追加して、それぞれの[入力]と[出力]を設定します。
[トーンカーブ]ダイアログを設定
[トーンカーブ]ダイアログを設定
[入力:0][出力:0]
[入力:64][出力:48]
[入力:192][出力:224]
[入力:224][出力:255]
ひび割れた土の画像のコントラストを高めることができました。
STEP 3→ひび割れのトーンを整えることができた
定石はS字カーブ!
[トーンカーブ]でコントラストをつける場合は、明るい部分をより明るく、暗い部分をより暗くする「S字カーブ」が基本になります。設定のポイントは、対象画像の全体を明るくしたいのか、暗くしたいのかといった目指す方向を決めておくことです。
作例の場合は、シャドウ領域を暗くしたいので、対角線よりも下側になるポイントを設けました。そして、ハイライト領域にも明るくなるポイントを設け、中間調を維持するS字カーブに調整し、ハイライト点をヒストグラムの開始位置までスライドさせました。
青みがかったモノトーンにする
[レイヤー]パネルで、[塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成]をクリックし、メニューから、[白黒]を選択して、[白黒 1]を作成します。
[白黒 1]を作成
[白黒 1]を作成
[白黒]ダイアログで、[クリッピングマスクを作成]をクリックします。[着色]にチェックマークを入れ、カラーボックスをクリックします。
カラーボックスをクリック
カラーボックスをクリック
[カラーピッカー]ダイアログで、[H:210° S:10% B:90%]を設定して、[OK]をクリックします。
[カラーピッカー]ダイアログを設定
[カラーピッカー]ダイアログを設定
STEP 4→青みがかったモノトーンにすることができた
設定値にこだわろう!
[着色]オプションで設定した色が画像に反映される仕組みは、描画モードの[カラー]に相当し、設定する色の彩度が増しても、明るさが変わらない特性を持っています。作例では、ニュートラルグレーからわずかに青みを付けたいので、色相を「210°」に定めて、彩度を少し感じさせる「10%」、明度を少し暗くする「90%」に設定しています。
目と唇をマスクする
[ツール]パネルから、[なげなわツール]を選択し、オプションバーで、[新規選択]をクリックします。
[新規選択]をクリック
[新規選択]をクリック
目の周囲をドラッグして、選択範囲を作成します。2つめ以降の範囲は、[shift]キーを押しながらドラッグします。
目と唇の内側に選択範囲を作成
目と唇の内側に選択範囲を作成
[レイヤー]パネルで、[グループ 1]を選択し、[レイヤーマスクを追加]を[option(Alt)]キーを押しながらクリックして、レイヤーマスクを作成します。レイヤーマスクサムネールをダブルクリックして、[属性]パネルを表示します。
レイヤーマスクサムネールをダブルクリック
レイヤーマスクサムネールをダブルクリック
[マスク]ダイアログで、[ぼかし]に「4.0 px」を設定します。
[ぼかし]に「4.0 px」を設定
[ぼかし]に「4.0 px」を設定
目と唇の内側をマスクすることができました。
STEP 5→目と唇の内側をマスクすることができた
[ツール]パネルから、[なげなわツール]を選択し、目を含む瞼と唇の選択範囲を作成します。
選択範囲を作成
選択範囲を作成
[レイヤー]パネルで、[色相・彩度 1]のレイヤーマスクをクリックして選択します。
レイヤーマスクを選択
レイヤーマスクを選択
[編集]メニューから、[塗りつぶし]を選択し、[塗りつぶし]ダイアログで、[内容]に[ブラック]を選択して、[OK]をクリックします。
[内容]に[ブラック]を選択
[内容]に[ブラック]を選択
[command(Ctrl)]+[D]キーを押して、選択を解除します。レイヤーマスクサムネールをダブルクリックして、[属性]パネルを表示し、[マスク]ダイアログで、[ぼかし]に「8.0 px」を設定します。
[ぼかし]に「8.0 px」を設定
[ぼかし]に「8.0 px」を設定
元の画像を浮かび上がらせることで、生命感を与えることができました。完成したドキュメントにテキストを加えると、雑誌の表紙やポスター風の、オシャレでインパクトがあるグラフィックの出来上がり!
ひび割れた土の肌を持つ女が完成
ひび割れた土の肌を持つ女が完成
隠す部分と生かす部分!
「目は口ほどに物を言う」ということわざがあるように、目は内面の心が表れる重要な部分です。作例では、ひび割れを完全に隠す部分と、色を感じさせる部分に分け、レイヤーマスクを作成しています。複数のレイヤーをグループにまとめておくと、ひとつのレイヤーマスクを共有できるので便利です。

スポンサード リンク