写真を加工する!ひび割れた土の肌を持つ女

写真を加工する!ひび割れた土の肌を持つ女

女性の顔をモノクロにする

[レイヤー] パネルで、[塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成] をクリックし、メニューから、[色相・彩度] を選択して、[色相・彩度 1] を作成します。
[色相・彩度 1] を作成

[色相・彩度 1] を作成
[色相・彩度] ダイアログで、[彩度] に「-100」を設定します。
[彩度] に「-100」を設定

[彩度] に「-100」を設定
カラー画像の彩度を下げることができました。
元画像 → 彩度を下げることができた
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

描画モードの設定

彩度を下げることはできましたが、カラーの印象から、女性の瞳や唇のトーンが弱いように感じます。そこで、輝度を優先したモノクロ変換を行います。
[レイヤー] パネルで、描画モードに [色相] を選択します。
描画モードに [色相] を選択

描画モードに [色相] を選択
輝度を優先したモノクロ変換で、カラーの印象に近いモノクロにすることができました。
彩度を下げる → 輝度を優先したモノクロ変換
輝度を優先したモノクロ変換!
[色相・彩度] で、[彩度] に「-100」を設定した場合、各チャンネルに同じグレースケールを振り分けることで彩度を下げます。明度の情報で変換されるので、異なる色でも同じ明度を持つ色は、同じ濃度のモノクロになって見分けがつかなくなります。これは [彩度を下げる] と同じ変換方式です。
RGB スペクトルの色相環 → [彩度を下げる]
RGB スペクトルの色相環 → [色相] (輝度を優先)
描画モードに[色相]を設定すると、対象画像の「色相」を元にした調整が行われます。たとえば、明るい印象を持つイエロー系の明度は 89%、暗い印象を持つブルー系の明度は 11% に設定されます。
その結果、基本色が同じ彩度、明度を持っていても、異なる色相によって輝度を優先した計算が行われるため、モノクロ変換しても「色の違い」が濃度により差別化できます。
続きは↓下の番号をクリック!

123456

スポンサード リンク