写真を加工する!ひび割れた土の肌を持つ女

写真を加工する!ひび割れた土の肌を持つ女

【Photoshop講座】画像を合成するとき、描画モードを設定すると、さまざまな結果が生成されます。異なる描画モードを片っ端から試してみるのもいいですが、描画モードの「中性色」を知っておくと、引き出しから取り出すスピードが速くなります。人物の肌にひび割れた土の画像を合成して、描画モードの特性を理解しましょう。


グレースケールで考える!
描画モードによる結果は、想像もつかないところが面白いですね。しかし、そのような「偶然の産物」を期待してばかりはいられません。
作例のようなひび割れた土の合成では、ひび割れの暗い部分がハッキリ出るように合成したいので、ここを最も暗いシャドウ点に調整します。
合成画像がカラーであってもグレースケールで考えて、詳細なディテールが白トビしないように階調を整えることがコツです。

描画モードの操作で合成する

描画モードは、画像の重なり条件を選択できる高度な機能です。背面 (基本色) のレイヤーに対して、前面 (合成色) のレイヤーの効果が反映されます。描画モードの [オーバーレイ] は、基本色のハイライト、シャドウを保ちながら、合成色を [乗算] する特性があるので、明るい部分をより明るく、暗い部分をより暗くできます。
元画像 → 人物の肌にひび割れを合成する

2つの素材画像を開く

素材画像をダウンロードして開きます。女性の顔、ひび割れた土の素材画像は、[幅 : 1358 pixel]、[高さ : 1920 pixel] 、[解像度 : 72 pixel/inch]、[モード : RGBカラー] を使用しています。
女性の顔の素材画像を開く

女性の顔の素材画像を開く
ひび割れた土の素材画像を開く

ひび割れた土の素材画像を開く
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

グループの作成

女性の顔の素材画像を表示します。合成画像を複数の調整レイヤーで構成するので、それらをひとつにまとめる [グループ] をあらかじめ作成しておきます。
[レイヤー] パネルで、[新規グループを作成] をクリックします。
[背景] の前面に [グループ 1] が作成されたことを確認します。
[グループ 1] を作成

[グループ 1] を作成
[通過] と [通常] の違い!
グループの描画モードの初期設定は [通過] です。これはレイヤーの描画モードの初期設定である [通常] と同じ働きをするものですが、グループ外にも影響を及ぼします。なので [通過] という差別化が行われています。
グループ内の描画モードや調整レイヤーなどの効果を、背面のレイヤーに影響させたくない場合は [通常] を選択します。 [通過] から [通常] に変更することで、すべての効果がグループ内で完結します。
続きは↓下の番号をクリック!

123456

スポンサード リンク