写真を加工する!ひび割れた土の肌を持つ女

写真を加工する!ひび割れた土の肌を持つ女

ひび割れた土を重ねる

ひび割れた土の素材画像をレイヤーとして合成したいので、女性の顔の素材画像にコピー&ペーストして、それぞれの画像をひとつのドキュメントにまとめます。
ひび割れた土の素材画像を表示し、[command (Ctrl)] + [A] キーを押して、すべてを選択、[command (Ctrl)] + [C] キーを押して、コピーします。女性の顔の素材画像を表示します。[command (Ctrl)] + [V] キーを押して、コピーしたひび割れた土の素材画像をペーストします。
[レイヤー] パネルで、描画モードに [オーバーレイ] を選択します。
合成画像をペーストして [オーバーレイ] を選択

合成画像をペーストして [オーバーレイ] を選択
すると、女性の顔の画像にひび割れた土の画像を合成することができます。
合成画像 → [オーバーレイ] で合成
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

[レベル補正] の設定

描画モード [オーバーレイ] によって、明るくなり過ぎた部分を暗くします。色調補正には、設定後も編集ができる調整レイヤーを用います。
[レイヤー] パネルで、[色相・彩度 1] を選択します。[塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成] をクリックし、メニューから、[レベル補正] を選択して、[レベル補正 1] を作成します。
[レベル補正 1] を作成

[レベル補正 1] を作成
[レベル補正] ダイアログで、[出力レベル] のハイライト点に「160」を入力します。
[出力レベル] のハイライト点に「160」を入力

[出力レベル] のハイライト点に「160」を入力
女性の顔の画像を暗くすることで、ひび割れが濃く、詳細な質感が現れました。
ひび割れが濃くなった

ひび割れが濃くなった
基本色を調整する!
[オーバーレイ] の「中性色」は 50% グレーなので、[背景] の 50% グレーの部分は、合成色の影響を 100% 受けることになります。
たとえば、完全な白色を [レベル補正] で 50% グレーにしたい場合は、[出力レベル] のハイライト点に「128」を入力します。
これは、256階調中の 1/2 を示すレベルであり、すなわち 50% グレーなのです。作例では、それより少し控えめな「160」を設定することで、女性の顔の明暗を活かすようにしています。
続きは↓下の番号をクリック!

123456

スポンサード リンク