【画像合成】切り抜きの境界線をなじませる【フリンジ削除】

【画像合成】切り抜きの境界線をなじませる【フリンジ削除】

【Photoshop基本操作】画像を形に切り抜いて合成する場合、直面する問題があります。それは、境界線に不自然な「白フチ」や「黒フチ」が残ることです。このような現象が起こる原因は、形に切り抜きする前の周辺画像が影響しています。そして、合成テクニックのひとつである境界線の「ぼかし」が深く関係しています。それらを自然になじませる方法を学びましょう。


周縁のピクセルを取り除く技!
切り抜き合成にとって、境界線の処理は大変重要です。それはわずか0.5ピクセルという詳細な範囲です。境界線を自然になじませるためには、[フリンジ削除]という機能を使用することが効果的です。
そのためには、切り抜きレイヤーを作成する必要があり、正確なオブジェクトの選択範囲を作成するテクニックが必要です。周縁のピクセルを取り除く技を身につけましょう。

切り抜きレイヤーのマッティング

これから行う操作は、レイヤー上でオブジェクトを切り抜き、その境界線を自然になじませる方法です。切り抜きの境界線がハッキリしたものでは、それを少しぼかした方が、合成の違和感を抑えることができます。
元画像→背景を違和感なく合成する
切り抜きで重宝するレイヤーマスクにおいても有効なテクニックですが、対象となるオブジェクトによっては、調整することが難しい場合もあります。そんなときには、切り抜きレイヤーのマッティングを利用する方法を取りましょう。
合成画像をひとつにまとめる
素材画像をダウンロードして開きます。夕景の湖、木板に並べたフルーツの素材画像は、[幅:1280 pixel]、[高さ:800 pixel] 、[解像度:300 pixel/inch]、[モード:RGBカラー]を使用しています。
夕景の湖の素材画像を開く
夕景の湖の素材画像を開く
木板に並べたフルーツの素材画像を表示し、[command(Ctrl)]+[A]キーを押して、すべてを選択、[command(Ctrl)]+[C]キーを押して、コピーします。
木板に並べたフルーツの素材画像をコピー
木板に並べたフルーツの素材画像をコピー
ひとつのドキュメントにまとめる!
木板に並べたフルーツの素材画像を切り抜きレイヤーとして合成したいので、夕景の湖の素材画像にコピー&ペーストして、それぞれの画像をひとつのドキュメントにまとめます。合成画像を複数のレイヤーで構成するので、それらをひとつにまとめる[グループ]をあらかじめ作成しておきます。
夕景の湖のドキュメントを表示し、[レイヤー]パネルで、[新規グループを作成]をクリックして、[グループ 1]を作成します。
描画モードに[通常]を選択します。
[グループ 1]を作成し描画モードに[通常]を選択
[グループ 1]を作成し描画モードに[通常]を選択
[command(Ctrl)]+[V]キーを押して、コピーしたフルーツの素材画像をペーストします。
合成画像をペースト
合成画像をペースト
[通過]と[通常]の違い!
グループの描画モードの初期設定は[通過]です。これはレイヤーの描画モードの初期設定である[通常]と同じ働きをするものですが、グループ外にも影響を及ぼします。なので[通過]という差別化が行われています。グループ内の描画モードや調整レイヤーなどの効果を、背面のレイヤーに影響させたくない場合は[通常]を選択します。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
オブジェクトの選択範囲を作成する
[ツール]パネルから、[クイック選択ツール]を選択します。
[クイック選択ツール]を選択
[クイック選択ツール]を選択
オプションバーで、[自動調整]のチェックマークを外します。
[自動調整]を無効にする
[自動調整]を無効にする
[自動調整]を使い分けよう!
[自動調整]にチェックマークを入れると、[クイック選択ツール]で検知したピクセルに類似した領域まで選択範囲を拡げます。作例の場合、求める境界線が滑らかで、対象に背景も含まれているので、[自動調整]によりランダムなエッジになることを防ぐため、チェックマークを外しておきます。
[自動調整]が有効の場合→[自動調整]が無効の場合
切り抜く対象のオブジェクトをドラッグし、選択範囲を作成します。
ドラッグして選択→オブジェクトの選択範囲が作成できた
[クイック選択ツール]で大まかな選択範囲が作成できたら、不要な部分が選択されていないか確認して修正を行いましょう。
選択範囲を修正する
選択範囲を修正する
合成箇所を重視する!
作例では、合成箇所を重視した選択範囲を作成しています。背景の木板に隣接する部分は、効率化のため細部の調整を行なっていません。選択範囲から一部削除したい場合は、オプションバーで[現在の選択範囲から一部削除]をクリック、または[option(Alt)]+ドラッグして削除します。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
切り抜きの境界線をなじませる
[選択範囲]メニューから、[選択範囲を変更]→[縮小]を選択し、[選択範囲を縮小]ダイアログで、[縮小量]に「1」pixel を入力して、[OK]をクリックします。
[縮小量]に「1」pixelを入力
[縮小量]に「1」pixelを入力
[選択範囲]メニューから、[選択範囲を変更]→[境界をぼかす]を選択し、[境界をぼかす]ダイアログで、[ぼかしの半径]に「1」pixel を入力して、[OK]をクリックします。
[ぼかしの半径]に「1」pixelを入力
[ぼかしの半径]に「1」pixelを入力
境界線を変更する!
[クイック選択ツール]などで選択した境界線は、ピクセル単位で明確に選択されるのではなく、滑らかに見えるように、ひとつひとつのピクセルの透明度が違います。これを「アンチエイリアス」といい、切り抜いた境界線には不要な白フチや黒フチが残ることが多いです。この不要な部分を取り除き、目立たないようにするため、「1」pixel の[選択範囲を縮小]と[境界をぼかす]を加えます。
[command(Ctrl)]+[J]キーを押して、選択範囲をコピーした[レイヤー 2]を作成します。
[レイヤー]パネルで、[レイヤー 1]を非表示にします。
[レイヤー 2]を作成して[レイヤー 1]を非表示
[レイヤー 2]を作成して[レイヤー 1]を非表示
オブジェクトを切り抜くことができました。
選択範囲を変更→オブジェクトを切り抜くことができた
[レイヤー]メニューから、[マッティング]→[フリンジ削除]を選択し、[フリンジ削除]ダイアログで、[幅]に「1」pixel を入力して、[OK]をクリックします。
[幅]に「1」pixelを入力
[幅]に「1」pixelを入力
切り抜きの境界線に黒フチが残る→[フリンジ削除]を適用
切り抜きレイヤーの境界線を自然になじませることができました。
境界線を自然になじませることができた
境界線を自然になじませることができた
フリンジ削除とは?
[フリンジ削除]をひとことで言えば、境界線を削る機能です。しかし、それは単純な機能ではありません。境界線の色を自動的に判断し、目立たない色や透明度に置き換えているからです。境界線の外側が異なる色で構成されている場合に適していて、[幅]の設定値で一律に削除するので、切り抜きのシルエットが維持できます。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
不要な部分をマスクする
[レイヤー]パネルで、[レイヤー 1]を選択して表示します。
[レイヤー 1]を表示・選択
[レイヤー 1]を表示・選択
[ツール]パネルで、[クイックマスクモードで編集]をクリックします。
[クイックマスクモードで編集]をクリック
[クイックマスクモードで編集]をクリック
[ツール]パネルで、[グラデーションツール]を選択します。
[グラデーションツール]を選択
[グラデーションツール]を選択
オプションバーで、[線形グラデーション]を選択します。
[線形グラデーション]を選択
[線形グラデーション]を選択
木板と壁の境界線を開始点とし、約5 pixel 下を終了点とするグラデーションを作成します。
[shift]+ドラッグ→クイックマスクを作成
合成する背景の領域にクイックマスクを作成
合成する背景の領域にクイックマスクを作成
[ツール]パネルで、[画像描画モードで編集]をクリックします。
[画像描画モードで編集]をクリック
[画像描画モードで編集]をクリック
すると、クイックマスク領域外に選択範囲が作成されます。
クイックマスクモード→画像描画モード
[レイヤー]パネルで、[レイヤーマスクを追加]をクリックします。
すると、選択範囲外の領域を隠すレイヤーマスクが自動的に作成されます。
[レイヤーマスクを追加]をクリック
[レイヤーマスクを追加]をクリック
夕景の湖と合成したい不要な部分をマスクすることができました。
不要な部分をマスクすることができた
不要な部分をマスクすることができた
クイックマスクとは?
クイックマスクは、赤い半透明のオーバーレイを重ね、一時的なマスクとして、選択範囲が編集できる表示モードです。通常の画像描画モードと同じく[ブラシツール]、[消しゴムツール]などで編集できます。クイックマスクモードに切り替える際に、あらかじめ選択範囲を作成しておくと、選択範囲外の領域を自動的に塗りつぶすことができます。
背景をぼかしてノイズを加える
[レイヤー]パネルで、[背景]を選択します。
[背景]を選択
[背景]を選択
[フィルター]メニューから、[スマートフィルター用に変換]を適用します。
警告アラート
警告アラート
[レイヤー]パネルで、[背景]がスマートオブジェクトに変換されたことを確認します。レイヤー名は自動的に[レイヤー 0]へ変更されています。
スマートオブジェクトを確認
スマートオブジェクトとは?
[スマートフィルター用に変換]を適用すると、選択したレイヤーが「スマートオブジェクト」に変換されます。スマートオブジェクトにすることで、適用後のフィルターが再編集できます。
[フィルター]メニューから、[ぼかし]→[ぼかし(ガウス)]を選択し、[ぼかし(ガウス)]ダイアログで、[半径]に「2.0」pixelを入力して、[OK]をクリックします。
[半径]に「2.0」pixelを設定
[半径]に「2.0」pixelを入力
[フィルター]メニューから、[フィルターギャラリー]を選択し、[フィルターギャラリー]操作パネルで、[テクスチャ]→[粒状]を選択します。
[フィルターギャラリー]操作パネルで[粒状]を選択
[フィルターギャラリー]操作パネルで[粒状]を選択
[粒状]ダイアログで、[粒子の種類]に[凝集]を選択します。
[密度]に「7」、[コントラスト]に「50」を設定します。
[OK]をクリックします。
[粒状]ダイアログを設定
[粒状]ダイアログを設定
背景をぼかしてノイズを加えることができました。
STEP 4→背景をぼかしてノイズを加えることができた
編集可能なぼかし効果!
ぼかし効果を適用している[レイヤー 0]は、スマートオブジェクトに変換しているので、適用後のフィルターが再編集できます。[レイヤー]パネルで、[ぼかし(ガウス)]をダブルクリックすると、[ぼかし(ガウス)]ダイアログが表示されます。ぼかし効果の調整は、[半径]の設定値が大きいほど強くなります。
[ぼかし(ガウス)]をダブルクリック
[ぼかし(ガウス)]をダブルクリック
オブジェクトのトーンを整える
[レイヤー]パネルで、[レイヤー 2]を選択します。[塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成]をクリックし、メニューから、[トーンカーブ]を選択して、[トーンカーブ 1]を作成します。
[トーンカーブ 1]を作成
[トーンカーブ 1]を作成
[属性]パネルで、トーンカーブのシャドウ領域をクリックして、新しいポイントを追加します。
[入力]に「64」、[出力]に「48」を入力します。
シャドウ領域を中心に全体を暗くする設定
シャドウ領域を中心に全体を暗くする設定
ハイライト点のポイントを選択します。
[入力]に「255」、[出力]に「231」を入力します。
ハイライト部分を少し暗くする設定
ハイライト部分を少し暗くする設定
オブジェクトのトーンを全体的に暗くして背景に合わせることができました。
STEP 5→ハイライト部分を少し暗くしてトーンを整える
全体的に暗く整えるカーブ!
[トーンカーブ]の対角線は、明るくする領域と暗くする領域の境界線です。調整するカーブをどの領域に置くかでコントロールします。通常の明度調整では、ハイライト点、シャドウ点を固定し、中間点のみをカーブさせますが、作例のような夕景の画像に合わせる場合は、最も明るい部分を少し暗くした方がなじみます。そのため、ハイライト点を10%くらい下げて、全体が暗くなるように整えています。
オブジェクトの色調を背景に合わせる
[レイヤー]パネルで、[塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成]をクリックし、メニューから、[カラーバランス]を選択して、[カラーバランス 1]を作成します。
[カラーバランス 1]を作成
[カラーバランス 1]を作成
[属性]パネルで、[階調]に[ハイライト]を選択します。
[シアン-レッド]に「-10」、[イエロー-ブルー]に「-20」を入力します。
[カラーバランス]の[ハイライト]を設定
[カラーバランス]の[ハイライト]を設定
特定の階調範囲を調整!
[カラーバランス]で選択する[階調]は、[シャドウ]、[中間調]、[ハイライト]という3つの調整点の中から、階調範囲を選択するものです。作例では、ハイライト部分を背景の夕日の色に合わせ、少し黄みがかった色に調整したいので、まず[ハイライト]を選択して調整します。続いて、シャドウ部分を背景の空の色に合わせ、少し青みがかった色に調整したいので、[シャドウ]を選択して調整します。
調整点による適用度の変化
調整点による適用度の変化
3つの調整点の適用度は、階調範囲内でそれぞれが中心となってカーブを描き、お互いが影響し合うような働きをします。初期設定の[中間調]は、シャドウ点、ハイライト点をアンカーとして適用度が変化するので、ハイライト領域、またはシャドウ領域の変化はどんどん小さくなっていきます。
[階調]に[シャドウ]を選択します。
[イエロー-ブルー]に「+20」を入力します。
[カラーバランス]の[シャドウ]を設定
[カラーバランス]の[シャドウ]を設定
オブジェクトの色調を背景に合わせることができました。
STEP 6→オブジェクトの色調を背景に合わせることができた
切り抜きレイヤーによる画像合成ができた
切り抜きレイヤーによる画像合成ができた
明るさで対照的な調整!
[カラーバランス]の調整で、最も影響が出やすいのは[中間調]です。[中間調]は、シャドウ領域からハイライト領域までの幅広い階調を対象にします。作例では、ハイライト部分が黄色、シャドウ部分が青色という夕景の特徴を出すため、[中間調]をそのままにして、それぞれに対照的な調整を施しました。

スポンサード リンク