【画像合成】切り抜きの境界線をなじませる【フリンジ削除】

【画像合成】切り抜きの境界線をなじませる【フリンジ削除】

【Photoshop基本操作】画像を形に切り抜いて合成する場合、直面する問題があります。それは、境界線に不自然な「白フチ」や「黒フチ」が残ることです。このような現象が起こる原因は、形に切り抜きする前の周辺画像が影響しています。そして、合成テクニックのひとつである境界線の「ぼかし」が深く関係しています。それらを自然になじませる方法を学びましょう。


周縁のピクセルを取り除く技!
切り抜き合成にとって、境界線の処理は大変重要です。それはわずか 0.5 ピクセルという詳細な範囲です。境界線を自然になじませるためには、[フリンジ削除] という機能を使用することが効果的です。
そのためには、切り抜きレイヤーを作成する必要があり、正確なオブジェクトの選択範囲を作成するテクニックが必要です。周縁のピクセルを取り除く技を身につけましょう。

切り抜きレイヤーのマッティング

これから行う操作は、レイヤー上でオブジェクトを切り抜き、その境界線を自然になじませる方法です。ほとんどのケースで直面する白フチや黒フチが残る現象は、切り抜きレイヤーの [マッティング] で対応できることが多いです。
元画像 → 背景を違和感なく合成する
切り抜きレイヤーのマッティングには、用途に応じたさまざまな形式があります。その中でも活用範囲が広い [フリンジ削除] は、境界線の色を自動的に判断し、不要なピクセルを取り除く機能です。
切り抜きの境界線に黒フチが残る → [フリンジ削除] を適用

合成画像をひとつにまとめる

素材画像をダウンロードして開きます。夕景の湖、木板に並べたフルーツの素材画像は、[幅 : 1280 pixel]、[高さ : 800 pixel] 、[解像度 : 300 pixel/inch]、[モード : RGB カラー] を使用しています。
夕景の湖の素材画像を開く

夕景の湖の素材画像を開く
木板に並べたフルーツの素材画像を表示します。[command (Ctrl)] + [A] キーを押して、すべてを選択、[command (Ctrl)] + [C] キーを押して、コピーします。
木板に並べたフルーツの素材画像をコピー

木板に並べたフルーツの素材画像をコピー
ひとつのドキュメントにまとめる!
木板に並べたフルーツの素材画像を切り抜きレイヤーとして合成したいので、夕景の湖の素材画像にコピー&ペーストして、それぞれの画像をひとつのドキュメントにまとめます。合成画像を複数のレイヤーで構成するので、それらをひとつにまとめる [グループ] をあらかじめ作成しておきます。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
夕景の湖のドキュメントを表示し、[レイヤー] パネルで、[新規グループを作成] をクリックして、[グループ 1] を作成します。
描画モードに [通常] を選択します。
[グループ 1] を作成し描画モードに [通常] を選択

[グループ 1] を作成し描画モードに [通常] を選択
[command (Ctrl)] + [V] キーを押して、コピーしたフルーツの素材画像をペーストします。
合成画像をペースト

合成画像をペースト
通過と通常の違い!
グループの描画モードの初期設定は [通過] です。これはレイヤーの描画モードの初期設定である [通常] と同じ働きをするものですが、グループ外にも影響を及ぼします。なので [通過] という差別化が行われています。
グループ内の描画モードや調整レイヤーなどの効果を、背面のレイヤーに影響させたくない場合は [通常] を選択します。
続きは↓下の番号をクリック!

123456

スポンサード リンク