【色の校正】CMYK変換で再現できない色を確認する方法【色域外警告】

【色の校正】CMYK変換で再現できない色を確認する方法【色域外警告】

【Photoshop基本操作】商業印刷の場合、RGB カラーの画像は、CMYK カラーへモード変換する必要があります。しかし、CMYK では色の表現方法が異なり、RGB の色をすべて再現できるわけではありません。色校正で大幅な修正をしなくて済むように、あらかじめ[色域外警告]で確認しておきましょう。


色域外とは何か?を考える
たとえば、明度が同じでも微妙に異なる色相で、陰影を表した箇所があるとします。その色が CMYK の色域外であったなら、同じ近似色に変換されて、フラットな印象になってしまう可能性があります。これをトーンジャンプ(階調トビ)といい、商業印刷では最善の注意を払わなければならないポイントのひとつです。変換前に色域外を確認して、CMYK 変換で最大の効果が発揮できるようにしましょう。
[色域外警告]を表示する方法
これから行う操作は、RGB カラーから CMYK カラーへモード変換するとき、あらかじめ注意する箇所を知り、改善するための校正機能である[色域外警告]を表示する方法です。[色域外警告]は、CMYK カラーでプレビュー表示し、トーンジャンプを未然に防ぐための調整を行います。
RGB カラーの元画像→[色域外警告]を表示
CMYKでプレビューする
素材画像をダウンロードして開きます。作例では、[幅:1920 pixel]×[高さ:1280 pixel]の[RGB カラー]を使用しています。
素材画像を開く
素材画像を開く
photo by P_and_A Internatinal
[表示]メニューから、[色の校正]を選択します。
[色の校正]を選択
[色の校正]を選択
すると、CMYK 変換後の画像がプレビューできます。
RGB カラーの元画像→[色の校正]による CMYK プレビュー
CMYKは再現できる色が少ない!
CMYK カラーは RGB カラーに比べ、再現できるカラースペースが極端に狭いため、その色の近似色に置き換えて表現します。その際、元画像に RGB カラー特有の輝度を持った発色のいい色があると、暗く濁ったような感じのする色に変換される場合があります。
Adobe RGB の色空間→CMYK の色空間
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
CMYKの色域外を確認する
[表示]メニューから、[色域外警告]を選択します。
[色域外警告]を選択
[色域外警告]を選択
明るく鮮やかな色の、芝生や花の大部分がグレーになりました。
[色域外警告]にるCMYKの色域外表示
[色域外警告]にるCMYKの色域外表示
色域外はどうなる?
[色域外警告]は、「再現できない色」の領域を知る「目安」で、グレーで表示される部分があるとダメだと言うものではありません。色域外として表示された領域は、いちばん近い CMYK で変換されます。しかし、色域外の度合いが大きいと、発色のいい鮮やかな色が暗く濁ってしまったり、同系色の階調が均一になってしまうトーンジャンプを引き起こします。それらを極力抑えることが[色域外警告]の目的です。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
彩度を下げて改善を図る
[レイヤー]パネルで、[塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成]をクリックし、メニューから[自然な彩度]を選択して、[自然な彩度 1]を作成します。
[自然な彩度 1]を作成
[自然な彩度 1]を作成
[属性]パネルで、[彩度]のスライダーを左側へドラッグします。
[彩度]のスライダーを左側へドラッグ
[彩度]のスライダーを左側へドラッグ
彩度を落とすとグレーの表示領域が小さくなる
彩度を落とすとグレーの表示領域が小さくなる
[属性]パネルで、[彩度]のスライダーを右側へドラッグします。
[彩度]のスライダーを右側へドラッグ
[彩度]のスライダーを右側へドラッグ
彩度を上げるとグレーの表示領域が大きくなる
彩度を上げるとグレーの表示領域が大きくなる
[色域外警告]を極力減らす!
[色域外警告]によるグレーの表示領域は、知覚的に換算された CMYK カラーへ置き換えられます。たとえば、RGB カラーでは表現されていた微妙な階調が、CMYK カラーへ変換されると単調になってしまうこともあります。その場合、ディテールを優先するなら、特定色系の彩度を下げる調整で改善が図れる場合もあります。わずかな調整でも、グレーの表示領域は大きく変化します。調整の目安は -10 % 〜 -15 % です。
[属性]パネルで、[彩度]に「-15」を設定します。
[彩度]に「-15」を設定
[彩度]に「-15」を設定
グレーの表示領域ができるだけ小さくなるように調整する
グレーの表示領域ができるだけ小さくなるように調整する
[表示]メニューから、[色の校正]、[色域外警告]を選択して、それぞれの表示を解除します。
[色の校正]と[色域外警告]を選択して解除
[色の校正]と[色域外警告]を選択して解除
[レイヤー]メニューから、[画像を統合]を選択して、[彩度]を適用します。
[画像を統合]を選択して[彩度]を適用
[画像を統合]を選択して[彩度]を適用
色調補正は変換後に!
彩度を少し落とすだけで、CMYK カラーへのモード変換に伴う、トーンジャンプ(階調トビ)を未然に防ぐことができます。色の濁りを取ったり、詳細な色調補正が必要な場合は、CMYK 変換後に行います。RGB カラーでは、トーンジャンプを補正し、本来、素材が持っている階調を十分に残してから、CMYK 変換することが望ましいです。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
CMYKへモード変換する
[イメージ]メニューから、[モード]→[CMYK カラー]を選択します。
警告アラート
警告アラート
CMYK カラーへ変換すると、ウインドウのタイトルバー表示が、[RGB]から[CMYK]へ変更されます。
RGB カラー→CMYK カラー
CMYK変換を確認できる表示部分
CMYK変換を確認できる表示部分
現在のカラープロファイルが反映される!
[CMYK カラー]に変換するときには、[カラー設定]の[作業用スペース]セクションにある[CMYK]に設定したカラープロファイル、または詳細設定の内容が反映されます。
シアンで思案する?
CMYK カラーへのモード変換でいちばん悩まされる色は、深くて鮮やかな青色(シアン)です。RGB カラーでは美しいシアンも、変換後には単調で色褪せた色になってしまう場合が多いのです。これは設定した色が色域外の色であり、CMYK では表現できない色だからです。[色域外警告]は[カラーピッカー]ダイアログでも確認することができます。
[色域外警告]を表示した[カラーピッカー]ダイアログ
[色域外警告]を表示した[カラーピッカー]ダイアログ

スポンサード リンク