【選択範囲】正確な開始点をすばやく見つける方法【楕円形選択ツール】

【選択範囲】正確な開始点をすばやく見つける方法【楕円形選択ツール】

【Photoshop基本操作】選択範囲の開始点は、四角形のコーナーに設定されているため、球体などの円形を選択する場合は、オブジェクトの境界から離れた何もないところを探さなくてはなりません。[定規] の交差点をドラッグすると表示される十字線を活用すれば、見つけにくい開始点を正確に知ることができます。



交差点を座標ゼロにする!
[定規] の交差点 (原点) は移動することができます。選択範囲の開始点を座標 0 (ゼロ) にしよう!…というのが、この裏技の着眼点ですから、座標を読む習慣は身につけておきたいですね。水平軸は「X」、垂直軸は「Y」。覚えておくのはこれだけです。[定規] の交差点を移動して、選択範囲の開始点を X : 0、Y : 0 に設定してみましょう。

球体に選択範囲を作成する方法

これから行う操作は、球体オブジェクトに正確な選択範囲を作成する方法です。[楕円形選択ツール] を使用しますが、選択範囲の開始点をすばやく見つけ出すところに「裏技」があります。方法は極めてカンタン。[定規] の交差点を移動して、座標値を X : 0、Y : 0 に設定します。
元画像 → ビネット効果を適用

[定規] の交差点から十字線を引き出す

素材画像をダウンロードします。作例では、[幅 : 1600 pixel] × [高さ : 1200 pixel] の [RGB カラー] を使用しています。
素材画像を開く
素材画像を開く
[ツール] パネルから、[楕円形選択ツール] を選択します。
[楕円形選択ツール] を選択
[楕円形選択ツール] を選択
[表示] メニューから、[定規] を選択して、ドキュメントウィンドウに [定規] を表示します。
[定規] を表示
[定規] を表示
[定規] の交差点 (ドキュメントの左上) からドキュメント内へドラッグします。すると、マウスカーソルの位置を中心とした十字線が表示されます。
[定規] の交差点をドラッグして十字線を表示
[定規] の交差点をドラッグして十字線を表示
目盛りの原点を設定する機能!
[定規] の交差点から引き出せる十字線は、[定規] の目盛りの原点 (0 の位置) を変更するためのものです。マウスボタンを離すと、[定規] の新しい原点が表示されます。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

円形のオブジェクトに十字線を合わせる

[定規] の交差点から十字線を引き出し、マウスボタンを押したままドラッグして十字線を動かし、円形のオブジェクトの上辺、左辺に合わせます。
十字線をオブジェクトに合わせる
十字線をオブジェクトに合わせる
十字線の位置が決まったらマウスボタンを離し、そのままマウスカーソルの位置を維持します。ここが選択範囲を作成する開始点になります。
マウスボタンを離す
マウスボタンを離す
さらに正確な選択方法!
[定規] の交差点から十字線を引き出すとき、[shift] キーを押しながらドラッグすると、現在、表示されている最小目盛にスナップさせることができます。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

マウスボタンを離した位置からドラッグする

オブジェクトをドラッグして、選択範囲の形状を外径に合わせ、マウスボタンを離して終了します。
オブジェクトをドラッグ
オブジェクトをドラッグ
円形のオブジェクトにぴったり合った、正確な選択範囲を作成することができました。
マウスボタンを離して終了
マウスボタンを離して終了
[定規] の目盛りをリセット!
ドキュメント内に十字線を引き出してマウスボタンを離すと、[定規] の基準点が変更されます。目盛りの原点を初期設定 (ドキュメントの左上) に戻すには、[定規] の交差点をダブルクリックします。
目盛りの原点を初期設定に戻す → 交差点をダブルクリック

スポンサード リンク