【画像の配置】複数のオブジェクトを中央に揃える方法【整列】

【画像の配置】複数のオブジェクトを中央に揃える方法【整列】

【Photoshop基本操作】ドキュメントに配置したオブジェクト (画像・図形・文字等) は、[ 移動ツール ] で自由に動かすことができます。しかし、複数のレイヤーオブジェクトを、アートボード、または、カンバスの中央に揃えたい場合は、[ 整列 ] オプションを使用すれば、正確で効率的な操作が行えます。
選択範囲内で揃える!
[ 整列 ] オプションの活用方法は、選択範囲との併用で拡がります。選択範囲を作成しない場合は、最背面のレイヤーオブジェクトの位置を基準とするので、[ 整列 ] オプションは、その領域内でしか働きません。
すべてのレイヤーオブジェクトを、アートボードの中央に揃えるには、まず、[ すべてを選択 ] で、アートボードの領域を選択します。

整列で中央に揃える方法

これから行う操作は、[ 移動ツール ] の [ 整列 ] オプションを使用して、複数のレイヤーオブジェクトを、アートボード、または、カンバスの中央に揃える方法です。揃える基準点は、全部で9箇所です。垂直方向と、水平方向の移動を組み合わせて、正円のベースと、絵柄をカンバスの中央に揃えて、トランスポーターのピクトマークを完成させましょう。
[整列]オプションで中央に揃える
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

レイヤーを確認する

素材画像 ( PSD ドキュメント) をダウンロードして開きます。作例では、[ 幅 : 512 pixel ] × [ 高さ : 512 pixel ] の [ RGB カラー ] を使用しています。
素材画像(PSDドキュメント)を開く
素材画像 ( PSD ドキュメント) を開く
[ レイヤー ] パネルで、2つのレイヤーオブジェクトを確認します。
2つのレイヤーオブジェクトを確認
2つのレイヤーオブジェクトを確認
左上に揃ったオブジェクト!
[ 整列 ] オプションが利用できるのは、同じドキュメントに配置された、透明ピクセルを含むビットマップ画像、または、シェイプレイヤーやテキストレイヤーです。
作例で使用しているオブジェクトは、[ 楕円形ツール ] で作成したシェイプレイヤーと、Illustrator で作成したアウトラインデータを、Photoshop 上で変換したものです。それぞれのオブジェクトは、ドキュメントの左上を基準点として配置されています。
続きは↓下の番号をクリック!
1234

スポンサード リンク