写真をイラスト調に!カラフルなアメリカン・ポップアート風

写真をイラスト調に!カラフルなアメリカン・ポップアート風

ハーフトーンをかける

[レイヤー] パネルで、[レイヤー 0 のコピー] を表示して選択します。
[レイヤー 0 のコピー] を表示して選択
[レイヤー 0 のコピー] を表示して選択
[イメージ] メニューから、[色調補正] → [白黒] を選択し、[白黒] ダイアログで、[レッド系] に「30」%、[イエロー系] に「89」%、[グリーン系] に「59」%、[シアン系] に「70」%、[ブルー系] に「11」%、[マゼンタ系] に「41」%を入力し、[OK] をクリックします。
[白黒] ダイアログを設定
[白黒] ダイアログを設定
元画像 → カラーをモノクロ化する
輝度を優先させたモノクロ?
カラーを形式的に表す「HSB」では、色相、彩度、明度の組み合わせによって、さまざまな色がつくり出されています。モノクロ化は、特定のアルゴリズム (計算方法) によって行われるもので、必要としない色相、彩度をどのように換算するかで結果も異なってきます。
一般的なモノクロ化 (彩度を下げる) → 輝度を優先させたモノクロ化
たとえば、黄色と青色の見た目の違いが、モノクロ化によって現れにくい場合もあります。[白黒] での設定値は、カラーを「輝度」という観点で理論的に数値化し、モノクロ化による見た目の違いを出そうとするものです。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

[カラーハーフトーン] の設定

[フィルター] メニューから、[ピクセレート] → [カラーハーフトーン] を選択し、[カラーハーフトーン] ダイアログで、[最大半径] に「14」pixel、[ハーフトーンスクリーンの角度] にすべて「45」を入力して、[OK] をクリックします。
[カラーハーフトーン] ダイアログを設定
[カラーハーフトーン] ダイアログを設定
STEP 5 → カラーハーフトーンを適用
[レイヤー] パネルで、描画モードに [ソフトライト] を選択します。
描画モードに [ソフトライト] を選択
描画モードに [ソフトライト] を選択
写真をカラフルなアメリカン・ポップアート風にすることができました。
アメリカン・ポップアート風にすることができた
アメリカン・ポップアート風にすることができた
ハーフトーン最大半径とは?
[カラーハーフトーン] のドットの大きさは、対象画像の明度によって変わります。[最大半径] は「ドット密度」を示し、ドットの中心から隣り合う (対角) ドットの中心までの距離の 1/2 (半径) です。なので [半径] ではなく、[最大半径] という名前が付けられています。
[カラーハーフトーン]の最大半径
[カラーハーフトーン] の最大半径
続きは↓下の番号をクリック!
12345

スポンサード リンク