【効果】ピントを変える!擬似的な被写界深度をつくる方法【ハイパス】

【効果】ピントを変える!擬似的な被写界深度をつくる方法【ハイパス】

被写界深度を浅くする

[ レイヤー ] パネルで、[背景 のコピー] を [ 新規レイヤーを作成 ] にドラッグして、[ 背景 のコピー 2 ] を作成します。
[ 背景 のコピー 2 ] を作成
[ 背景 のコピー 2 ] を作成
[ イメージ ] メニューから、[ 色調補正 ] – [ 階調の反転 ] を適用します。
[ レイヤー ] パネルで、[ 背景 のコピー 2 ] のレイヤーマスクを選択します。
[ 背景 のコピー 2 ] のレイヤーマスクを選択
[ 背景 のコピー 2 ] のレイヤーマスクを選択
[ イメージ ] メニューから、[ 色調補正 ] – [ 階調の反転 ] を適用します。
遠景の被写界深度を浅くすることができました。
元画像 → 近景シャープ + 遠景ブラー
シャープとボケを同時に調整することができた
シャープとボケを同時に調整することができた
階調の反転でぼかす!
[ 階調の反転 ] により、レリーフの明るい部分が暗く、暗い部分が明るくなると、画像を構成する輪郭の階調が干渉して、周辺のハロー ( 光がぼやけて見える現象 ) の大きさにより、ぼかし効果が生まれます。
ぼかし系フィルターでは得られない、詳細で違和感のないぼかし効果が簡単につくれます。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
12345

スポンサード リンク