【効果】ピントを変える!擬似的な被写界深度をつくる方法【ハイパス】

【効果】ピントを変える!擬似的な被写界深度をつくる方法【ハイパス】

ハイパスを適用する

[ フィルター ] メニューから、[ その他 ] – [ ハイパス ] を選択します。[ ハイパス ] ダイアログで、[ 半径 ] に [ 3.0 ] pixel を入力して、[ OK ] をクリックします。
[ ハイパス ] ダイアログを設定
[ ハイパス ] ダイアログを設定
輪郭がレリーフのようになった、グレーの画像に変換されました。
グレーの画像に変換される
グレーの画像に変換される
ハイパスの適正値は?
[ ハイパス ] は、画像の輪郭を検出して、その他の領域を明度の中間値 ( 50% グレー ) に変換するフィルターです。
設定値の [ 半径 ] でシャープの大きさを調整、レイヤーの [ 不透明度 ] で適用量を調整します。適正値は画像の大きさにもよりますが、[ 1.0 ] pixel が「小」、[ 2.0 ] pixel が「中」、[ 3.0 ] pixel が「大」を目安にするといいでしょう。
続きは↓下の番号をクリック!
12345

スポンサード リンク