【ロゴ】フォントでつくる!飛び出すシャドウ文字

【ロゴ】フォントでつくる!飛び出すシャドウ文字

【Photoshop講座】文字を力強く目立たせるシャドウ処理は、既成書体でもよく見かける人気の手法です。シャドウ部分を長くすることで、文字列の一体感を高め、配色でより印象的に仕上げましょう。


文字形からシャドウをつくろう!
ベースの文字列に忠実なシャドウ部分は、文字のシルエットに[ぼかし(移動)]を適用することで、カンタンにつくり出すことができます。しかし、そのままでは境界線がハッキリしないので、[レベル補正]で極端に階調を狭めます。シャドウの長さや角度、文字やシャドウ部分のカラーは自由に設定できます。
フォントでつくる動画を配信中!

チャンネル登録をお願いします!

文字を入力する
[ファイル]メニューから、[新規]を選択します。[新規]ダイアログで、[幅]に「800」pixel、[高さ]に「400」pixel、[解像度]に「72」pixel/inch、[カラーモード]に[RGB カラー]8 bit を設定して、[OK]をクリックします。
新しいドキュメントを作成
新しいドキュメントを作成
[ツール]パネルから、[横書き文字ツール]を選択します。
横書き文字ツール
横書き文字ツール
オプションバーで、任意のフォントを設定し、[フォントサイズを設定]に「150 pt」を入力します。
[横書き文字ツール]のオプションバー
作例では、フォントに「Swis721 Rounded BT Black」を設定しました。これから適用する効果には、太い角丸フォントが適しています。
[アンチエイリアスの種類を設定]に[滑らかに]を選択します。[テキストの中央揃え]を選択し、[テキストカラーを設定]に、任意のテキストカラーを設定します。
[横書き文字ツール]のオプションバー
[テキストカラーを設定]をクリックすると、テキストカラーが設定できる[カラーピッカー]が表示されます。作例では、「H 57 / S 100 / B 100」を設定しました。

ドキュメント内をクリックして、文字を入力します。
ドキュメントに文字を入力
ドキュメントに文字を入力
作例では、「FineBoy」を入力しました。
オプションバーで、[文字パネルと段落パネルの切り替え]をクリックして、[文字]パネルを表示します。
[文字パネルと段落パネルの切り替え]をクリック
[文字]パネルで、[文字間のカーニングを設定]に[オプティカル]を選択します。
[オプティカル]を選択
[オプティカル]を選択
すると、文字間のカーニングが自動設定されます。
文字間を自動カーニングで調整
文字間を自動カーニングで調整
文字の位置の調整は、[command(Ctrl)]キーを押しながらドラッグして行います。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
境界線を設定する
[レイヤー]パネルで、[レイヤースタイルを追加]をクリックして、メニューから[境界線]を選択します。
レイヤースタイルの[境界線]を選択
レイヤースタイルの[境界線]を選択
[レイヤースタイル]ダイアログ
[レイヤースタイル]ダイアログ
[レイヤースタイル]ダイアログで、[構造]の[サイズ]に「5」pxを設定して、[OK]をクリックします。
[サイズ]に「5」pxを設定
[サイズ]に「5」pxを設定
レイヤースタイルで、文字の境界線が作成できました。
文字の境界線が設定できた
文字の境界線が設定できた
[カラー]の設定は、初期設定のままでも、任意に変更してもかまいません。文字色に対し認識しやすい色がいいでしょう。
[レイヤー]メニューから、[レイヤースタイル]→[レイヤーを作成]を選択します。
テキストレイヤーに[境界線]を設定→レイヤースタイルの効果をビットマップに変換
ここでは、レイヤースタイルの効果からは、直接、選択範囲を得ることができないので、「文字の境界線」をビットマップ画像に変換して対応させます。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
塗りつぶしレイヤーを作成する
[レイヤー]パネルで、[「FineBoy」の境界線(外側)]を選択して非表示にします。レイヤーサムネールを[command(Ctrl)]キーを押しながらクリックします。
[command(Ctrl)]+クリック
[command(Ctrl)]+クリック
すると、境界線の選択範囲が表示されます。
境界線の選択範囲を確認
境界線の選択範囲を確認
[レイヤー]パネルで、[塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成]をクリックし、メニューから[べた塗り]を選択して、[べた塗り 1]を作成します。[カラーピッカー]ダイアログで、任意の境界線のカラーを設定して、[OK]をクリックします。
[べた塗り 1]を作成
[べた塗り 1]を作成
作例では、「H 150 / S 100 / B 60」を設定しました。文字と境界線(シャドウ部分)のカラーは、作成後も自由に変更することができます。

境界線のカラーを塗りつぶしレイヤーで設定し、塗りつぶしレイヤーのレイヤーマスクに、加工ができる文字の境界線の本体画像が作成できました。
カラーが変更できる境界線が作成できた
カラーが変更できる境界線が作成できた
境界線を斜めにぼかす
[レイヤー]パネルで、[べた塗り 1]レイヤーマスクサムネールをクリックし、二重枠表示の選択状態にします。
[べた塗り 1]レイヤーマスクを選択
[べた塗り 1]レイヤーマスクを選択
[フィルター]メニューから、[ぼかし]→[ぼかし(移動)]を選択します。[ぼかし(移動)]ダイアログで、[角度]に「-45」°、[距離]に「75」pixel を設定して、[OK]をクリックします。
[ぼかし(移動)]ダイアログを設定
[ぼかし(移動)]ダイアログを設定
境界線を斜めにぼかすことができました。
境界線を斜めにぼかすことができた
境界線を斜めにぼかすことができた
なぜ黒バックのプレビューなの?
[ぼかし(移動)]ダイアログに表示されるプレビュー画像は、STEP 3 で選択した「べた塗り 1」レイヤーマスクです。ドキュメントウィンドウには、このレイヤーマスクによって型抜きされた緑色の塗り面(べた塗り)が表示されています。
ぼかした境界線をハッキリさせる
[イメージ]メニューから、[色調補正]→[レベル補正]を選択します。[レベル補正]ダイアログで、[入力レベル]に「0 / 1.00 / 8」を設定して、[OK]をクリックします。
[入力レベル]に「0 / 1.00 / 8」を設定
[入力レベル]に「0 / 1.00 / 8」を設定
ぼかした境界線をハッキリさせることができました。
ぼかした境界線をハッキリさせることができた
ぼかした境界線をハッキリさせることができた
テキストの位置を調整して完成
[レイヤー]パネルで、「FineBoy」レイヤー(テキストレイヤー)を選択します。
テキストレイヤーを選択
テキストレイヤーを選択
[command(Ctrl)]キーを押しながらドラッグして、テキストの位置を調整します。
[command(Ctrl)]+ドラッグ→テキストの位置を調整
[横書き文字ツール]の選択中に[command(Ctrl)]キーを押すと、一時的に[移動ツール]が使用できます。
飛び出すシャドウ文字が完成しました。
飛び出すシャドウ文字が完成
飛び出すシャドウ文字が完成

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です