写真をイラスト調に!パスで作成する2階調化

写真をイラスト調に!パスで作成する2階調化

【Photoshop講座】パスやシェイプで作成したベクトル画像は、ファイル容量を軽くできます。また、どんなドキュメントサイズに変更しても、画質が劣化しないというメリットもあります。しかし、パスやシェイプで複雑なアートワークを作成するには、大変な手間がかかりますし、テクニックも必要です。たとえば、2階調化と同じような処理なら、選択範囲から簡単にパスやシェイプが作成できます。


曖昧な境界線を明確にできる!
選択範囲からパスを作成することはほとんどありません。なぜなら、パスには正確な境界線を求められることが多いからです。しかし、選択範囲から予測不能なパスが一瞬で作成できることは痛快です。写真の陰影などのような、曖昧な境界線を明確な白黒に分けるパスが作成できれば、きっと、面白い作品づくりに役立つことでしょう。

選択範囲からパスやシェイプを作成

これから行う操作は、写真を2階調化イラストに加工する方法です。Photoshop なら、[2階調化] という機能を使えば簡単にできてしまいますが、ビットマップ画像特有のジャギーが気になったり、高解像度に対応しにくいデメリットもあります。白と黒の境界線にパスを自動作成して、Illustrator でも使えるアートワークに仕上げましょう。
元画像 → パスで作成する2階調化

選択範囲を作成する

素材画像をダウンロードして開きます。素材画像は、[幅 : 1280 pixel]、[高さ : 1280 pixel] 、[解像度 : 72 pixel/inch]、[モード : RGB カラー] を使用しています。
素材画像を開く

素材画像を開く
[選択範囲] メニューから、[色域指定] を選択し、[色域指定] ダイアログで、[選択] に [シャドウ] を選択します。
[選択範囲のプレビュー] に [グレースケール] を選択します。
[階調の反転] にチェックマークを入れます。
プレビューで2階調化が確認できる

プレビューで2階調化が確認できる
暗い領域を選択する操作!
[色域指定] では、2階調化イラストの塗りの部分にあたる、暗い領域の選択範囲を作成することが目的です。
調整を確認するときのプレビュー → [OK] をクリックするときのプレビュー
しかし、選択範囲は白色の領域に作成されるので、[選択範囲のプレビュー] では、[階調の反転] にチェックマークを入れ、白黒を反転させた状態で設定値を確認します。[OK] をクリックする前に、必ず [階調の反転] のチェックマークを外してください。
このレッスンの動画を配信中!
【Photoshop講座】写真をイラスト調に!パスで作成する2階調化
サムネールをクリックすると、YouTube 動画にリンクします。

[色域指定] ダイアログで、[許容量] に「20」%、[範囲] に「88」を設定します。
[階調の反転] のチェックマークを外します。
[OK] をクリックします。
[階調の反転] のチェックマークを外す

[階調の反転] のチェックマークを外す
すると、暗い部分の色域から選択範囲が作成されます。
暗い部分の色域から選択範囲が作成できた

暗い部分の色域から選択範囲が作成できた
ジャギーのない2階調化!
このレッスンの工法は、2階調化をパスでアウトライン化することを目的としています。[2階調化] との大きな違いは、ビットマップ画像特有のジャギーがないことです。パスを作成することで、ベクトル画像として、Illustrator への書き出しも可能になります。
[2階調化] ではジャギーが見られる → 滑らかな選択範囲をパスに変更
[色域指定] の設定は、ジャギーのない滑らかな境界線を作成することを目的とします。色域に [シャドウ] を選択した場合、シャドウ点からの階調レベルを [範囲] で設定します。これは、[2階調化] の [しきい値] と同じ働きをするもので、[範囲] の設定で、白と黒の領域が調整できます。
[範囲] に「65」を設定 → [範囲] に「128」を設定
ジャギーのない滑らかな境界線は [許容量] で設定します。初期設定は「20」% で、これは境界線の隣接するピクセルをどこまで含めるかという量を示します。「0」% に近づくほどジャギーが目立つようになり、「100」% に近づくほど階調量は増えていきます。
[許容量] に「0」% を設定 → [許容量] に「100」% を設定
続きは↓下の番号をクリック!

1234

スポンサード リンク