【ロゴ】フォントでつくる!リアルな長い影のコンクリート文字

【ロゴ】フォントでつくる!リアルな長い影のコンクリート文字

リアルな長い影をつける

ベースの文字にエッジをつけることができたら、あとは [RealLookLongShadow] で自動処理します。操作は簡単ですが、まず、各設定項目のはたらきを知っておきましょう。
エッジに明暗をつける → リアルな長い影をつける
[レイヤー] パネルで、[背景 のコピー] を選択します。
[背景 のコピー] を選択

[背景 のコピー] を選択
[ウィンドウ] メニューから、[エクステンション (従来)] → [RealLookLongShadow] を選択します。
[RealLookLongShadow] を選択

[RealLookLongShadow] を選択
すると、[RealLookLongShadow] パネルが表示されます。
[RealLookLongShadow] パネルを確認

[RealLookLongShadow] パネルを確認

RealLookLongShadow の概要

[RealLookLongShadow] パネル

[RealLookLongShadow] パネル
Angle (角度)

ドロップシャドウをつくる光源の角度を入力します。垂直「0」deg を基点として、右側が正の数値 [+]、左側が負の数値 [-] です。

Length (距離)

ドロップシャドウの距離 (長さ) をピクセル単位で入力します。

Color (描画色)

ドロップシャドウの描画色を16進数カラーコードで設定します。

Steps (ステップ)

段階的に作成されるドロップシャドウの分割回数を入力します。数値が大きくなるほど処理時間が長くなるので、距離に対して 1/10 を超えないなど、設定の目安や定義を持つことが必要です。

Density (密度)

段階的に作成されるドロップシャドウの不透明度を入力します。数値が大きいほど合成されるシャドウは濃くなります。

Blur (ぼかし)

ドロップシャドウのぼかす量を入力します。数値が大きくなるほど処理時間が長くなるので、距離に対して 1/5 を超えないなど、設定の目安や定義を持つことが必要です。

16bit

[OFF] で 8bit、[ON] で 16bit モードの切り替えが行えます。16bit モードでは、階調がより滑らかになりますが、8bit モードに比べて処理時間が長くなります。

Noise (ノイズ)

自動処理で作成されるレイヤー [_shadow] のノイズの量を入力します。

Opacty (不透明度)

自動処理で作成されるレイヤー [_shadow] の不透明度を入力します。

Blend (描画モード)

自動処理で作成されるレイヤー [_shadow] の描画モードを選択します。

CastShadow (影を落とす)

[CastShadow] をクリックすると、設定項目を反映させた自動処理が始まります。

RealLookLongShadow の設定

[RealLookLongShadow] パネルで、[Main] セクションの [Angle] に「30」deg、[Length] に「320」px、[Color] に「#000000」を入力します。
[Main] セクションを設定

[Main] セクションを設定
[Quality] セクションの [Steps] に「32」、[Density] に「25」%、[Blur] に「64」px を入力します。
[16bit] をクリックして [ON] にします。
[Quality] セクションを設定

[Quality] セクションを設定
[Post processing] セクションの [Noise] に「1.8」px、[Opacty] に「80」% を入力します。
[Blend] に [Multiply] を選択します。
すべての設定ができたら、[CastShadow] をクリックします。
[Post processing] セクションを設定

[Post processing] セクションを設定
[RealLookLongShadow] による自動処理が開始されます。
自動処理中 → オブジェクトの下層に [_shadow] を作成
リアルな長い影のコンクリート文字が完成しました。
リアルな長い影が完成した

リアルな長い影が完成した
自動処理と手動調整?
[RealLookLongShadow] は、描画と移動を繰り返しレイヤーを結合する自動処理です。すべての処理が終わらないと結果がわかりません。これじゃ非効率ですよね? そこで、少し濃いめのドロップシャドウを想定しましょう。
後に手動調整する場合の設定

後に手動調整する場合の設定
[Noise] に「0」px、[Opacty] に「100」%、、[Blend] に [Normal] を設定しておけば、これらは処理後に [レイヤー] パネルの [不透明度]、[フィルター] → [ノイズ] → [ノイズを加える] で調整することができます。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
1234

スポンサード リンク