写真をイラスト調に!エッジの効いたポスタリゼーション

写真をイラスト調に!エッジの効いたポスタリゼーション

コントラストと色調を変換する

[レイヤー] パネルで、[塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成] をクリックし、メニューから [カラールックアップ] を選択して、[カラールックアップ 1] を作成します。
[カラールックアップ 1] を作成

[カラールックアップ 1] を作成
[属性] パネルで、[レイヤーにクリップ] をクリックします。
[3D LTU ファイル] のメニューから、[filmstock_50.3dl] を選択します。
[filmstock_50.3dl] を選択

[filmstock_50.3dl] を選択
カラールックアップの [filmstock_50.3dl] が適用されました。
カラールックアップを適用する

カラールックアップを適用する
カラールックアップとは?
計算処理に基づいた色の配列 (ルックアップテーブル) を適用して、統一したカラー調整を行うものです。作例で適用した [filmstock_50.3dl] は、黄みがかった色調と強めのコントラストが特徴で、大きな変化が欲しいイラスト調にはぴったりのカラールックアップです。
ワンクリックでヴィンテージ風写真に変える
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
[レイヤー] パネルで、[shift] キーを押しながら、[べた塗り 1] をクリックして、[カラールックアップ 1]、[レイヤー 1] と3枚同時に選択します。
レイヤーを3枚同時に選択する

レイヤーを3枚同時に選択する
[レイヤー] メニューから、[スマートオブジェクト] → [スマートオブジェクトに変換] を選択して適用します。
[スマートオブジェクトに変換] を適用

[スマートオブジェクトに変換] を適用
背景色を含むレイヤーを作成!
スマートオブジェクトの中にスマートオブジェクトを含む「入れ子構造」も可能です。いつでも非破壊編集が行えるので、できるものは何でもかんでも、スマートオブジェクトに変換しておきたいですね。後に適用する [エッジのポスタリゼーション] で、オブジェクトの輪郭を検出するには、対比した背景色を含むピクセルが必要です。そのため、切り抜いた人物と背景を一枚のレイヤー (スマートオブジェクト) に変換しました。
レイヤー名をダブルクリック → レイヤー名を変更
複数のレイヤーをスマートオブジェクトに変換すると、前面のレイヤー名が反映されます。操作には影響ないですが、作例のような [カラールックアップ 1] では、ちょっとヘンですよね (笑)。レイヤー名をダブルクリックして、任意の名称に変更することができます。
続きは↓下の番号をクリック!

12345

スポンサード リンク