写真をイラスト調に!エッジの効いたポスタリゼーション

写真をイラスト調に!エッジの効いたポスタリゼーション

影を起こして明るくする

[ レイヤー ] パネルで、[ レイヤー 1 ] を選択します。
[ レイヤー ] メニューから、[ スマートオブジェクト ] – [ スマートオブジェクトに変換 ] を選択して適用します。
[ スマートオブジェクトに変換 ] を適用
[ スマートオブジェクトに変換 ] を適用
スマートオブジェクトとは?
[ スマートオブジェクトに変換 ] を適用すると、[ 背景 ] やレイヤーが「スマートオブジェクト」に変換されます。スマートオブジェクトにすることで、適用後の色調補正やフィルターが再編集できます。レイヤーマスクを含むスマートオブジェクトは、リンクされたマスク領域が保持され、ドキュメントを開くことで、レイヤーマスクを編集することができます。
[ フィルター ] メニューから、[ ぼかし ] – [ ぼかし ( 表面 ) ] を選択します。[ ぼかし ( 表面 ) ] ダイアログで、[ 半径 ] に [ 5 ] pixel、[ しきい値 ] に [ 10 ] レベルを入力し、[ OK ] をクリックします。
[ ぼかし ( 表面 ) ] ダイアログを設定
[ ぼかし ( 表面 ) ] ダイアログを設定
輪郭を残して表面をぼかすことができました。
STEP 1 ( 部分 ) → 輪郭を残して表面をぼかす ( 部分 )
階調の境界を滑らかにする!
[ ぼかし ( 表面 ) ] の適用は、後に適用する [ エッジのポスタリゼーション ] の下準備です。ポスタリゼーションの効果は、色の違いや陰影を段階的な層にします。段階的な層は、階調を極端に減らすことで現れるので、ノイズを含む一般的な画像の境界は、ぎこちない形状になりがちです。あらかじめ、それらのピクセルをぼかしておくと、ノイズがブレンドされて曖昧になるので、階調の境界を滑らかにすることができます。
レッスン動画を配信中!
【Photoshop講座】写真をイラスト調に!エッジの効いたポスタリゼーション
サムネールをクリックすると、レッスン動画にリンクします。

シャドウ・ハイライトの設定

[ イメージ ] メニューから、[ 色調補正 ] – [ シャドウ・ハイライト ] を選択します。[ シャドウ・ハイライト ] ダイアログで、[ シャドウ ] セクションの [ 量 ] に [ 50 ] %、[ 階調 ] に [ 60 ] % を入力し、[ OK ] をクリックします。
[ シャドウ・ハイライト ] ダイアログを設定
[ シャドウ・ハイライト ] ダイアログを設定
逆光で暗かった人物の影を明るくすることができました。
輪郭を残して表面をぼかす ( 部分 ) → 影を起こして明るくする ( 部分 )
素材により適正値は違う!
作例では、逆光の人物を使用していますが、[ シャドウ・ハイライト ] の適正値は、対象の素材により異なります。影を起こして明るくする設定は共通しているので、素材が明るい場合には、[ 量 ] に [ 10 ] %、[ 階調 ] に [ 50 ] %、一般的には、[ 量 ] に [ 35 ] %、[ 階調 ] に [ 50 ] % を設定してください。再編集はいつでも行えます。
続きは↓下の番号をクリック!
12345

スポンサード リンク