写真をイラスト調に!エッジの効いたポスタリゼーション

写真をイラスト調に!エッジの効いたポスタリゼーション

詳細をストロークでぼかす

[フィルター] メニューから、[表現手法] → [油彩] を選択します。[油彩] ダイアログで、[ブラシ] セクションの [形態] に「2.1」、[クリーン度] に「9.5」、[拡大・縮小] に「1.0」、[密度の詳細] に「1.8」を入力します (初期設定)。
[油彩] ダイアログを設定 (初期設定)

[油彩] ダイアログを設定 (初期設定)
[光源] セクションのチェックマークを外して、[OK] をクリックします。
[光源] を無効にして [OK] をクリック

[光源] を無効にして [OK] をクリック
[油彩] フィルターを利用して、髪の毛や髭の詳細部分をブラシストロークでぼかすことができました。
[エッジのポスタリゼーション] を適用 → [油彩] を適用
髪の毛にジャギーが目立つ (部分) → 詳細をストロークでぼかす (部分)
[油彩] とは?
[油彩] は、絵の具が盛り上がったようなタッチをつくり出すフィルターです。作例では、立体的な効果を付ける [光源] を無効にして、フラットなブラシストロークのみを設定しています。[クリーン度] は、タッチの滑らかさ、[密度の詳細] は、タッチのぼかし度です。この2つの項目を調整するだけで、面白い効果が現れます。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

全体をシャープにする設定

[フィルター] メニューから、[シャープ] → [アンシャープマスク] を選択します。[アンシャープマスク] ダイアログで、[量] に「120」%、[半径] に「3.0」pixel、[しきい値] に「10」レベルを入力して、[OK] をクリックします。
[アンシャープマスク] ダイアログを設定

[アンシャープマスク] ダイアログを設定
全体をシャープにすることができました。
[油彩] を適用 (部分) → 全体をシャープにする (部分)
ポスタリゼーション風イラストに加工する操作が完了しました。
ポスタリゼーション風イラストに加工

ポスタリゼーション風イラストに加工
[アンシャープマスク] とは?
階調の差を強調することで、鮮明さを補正する機能です。[量] は、コントラストを強める量を調整します。一般的には、この [量] の調整だけで画像をシャープにできます。難しいのは [半径] と [しきい値] でしょう。
[半径] は、階調の差で表現される輪郭の幅を設定するものです。たとえば、初期設定の「1.0」pixel は、隣接する2つのピクセルでコントラストを強調します。[しきい値] は、対象となる階調の差を階調レベルで指定するものです。たとえば、初期設定の「0」レベルは、すべての階調範囲が対象となり、MAX 値の「255」レベルは、ハイライト点だけが対象となります。
このレッスンの動画を配信中!
【Photoshop講座】写真をイラスト調に!エッジの効いたポスタリゼーション
サムネールをクリックすると、YouTube 動画にリンクします。

12345

スポンサード リンク