写真を加工する!モノクロ画像のカラー化

写真を加工する!モノクロ画像のカラー化

【Photoshop講座】モノクロ画像を着色するのは面倒ですね。上塗りした違和感を消すのも一苦労です。機械学習テクノロジーを使用した [カラー化] を使用すれば、驚くほどカンタンに解決できます。
焦点カラーを使う!
[カラー化] は、着色する箇所を [焦点] として、上塗りカラーがカスタマイズできます。大まかには、被写体と背景は焦点が違うので塗り分けるということです。[クリックして焦点を選択] の設定で、カラー化の完成度は格段にアップします。

[カラー化] による着色処理

これから行う操作は、[カラー化] を使って、モノクロ画像を着色する方法です。[カラー化] は、[ニューラルフィルター] というフィルターカテゴリでリリースされた AI フィルターのひとつで、まだ未完成のベータ版です。
元画像 → [カラー化] による着色処理

カラー化を適用する

素材画像をダウンロードして開きます。素材画像は、[幅:1920 pixel]、[高さ:1280 pixel] 、[解像度:300 pixel/inch]、[モード:RGB カラー]を使用しています。
素材画像を開く
素材画像を開く
photo by bharatspace
[フィルター] メニューから、[ニューラルフィルター] を選択します。すると、[ニューラルフィルター] 操作パネルが表示されます。
[ニューラルフィルター] 操作パネル
[ニューラルフィルター] 操作パネル
[ニューラルフィルター] パネルで、[ベータ版フィルター] をクリックします。
[カラー化] をクリックして有効にします。クラウドからダウンロード
[カラー化] を有効
[カラー化] を有効
[カラー化] を有効にすると、自動的に画像の解析が始まり、処理が終わると結果がプレビューされます。
自動解析の結果がプレビューされる
自動解析の結果がプレビューされる
[カラー化] は、自動解析が初期設定となり、[シーン] セクションのプロパティで調整が可能です。
[シーン] セクションを確認
[シーン] セクションを確認
ニューラルフィルターとは?
Photoshop 2021 (22.0.0) から実装された [ニューラルフィルター] は、GPU / AI 技術を活用した新機能です。さまざまなフィルター効果をクラウドからダウンロードして使用するのが特徴です。初めて使用するフィルターは、クラウドアイコンをクリックします。
[カラー化] の説明
[カラー化] の説明
[ニューラルフィルター] に含まれている [カラー化] は、[ベータ版フィルター] として提供されています。今後も改善されていくフィルターなので、結果は一致しないかも知れませんが、驚くような結果が期待できるので試してみましょう。
[出力] に [スマートフィルター] を選択します。
すべての設定ができたら、[OK] をクリックします。
[スマートフィルター] を選択
[スマートフィルター] を選択
[レイヤー] パネルで、[スマートフィルター] を確認します。
[スマートフィルター] を確認
[スマートフィルター] を確認
ハイライトを暗く!
モノクロ画像の傾向として、明るい部分を白く飛ばす「ハイキー処理」があります。[カラー化] は、元画像の階調 (グレースケール) によって解析するので、真っ白な部分は「白色」として認識されます。
ハイキーな画像 → ハイライト領域を暗く補正しておく
[カラー化] を適用する前に、ハイライト領域を暗くしておくと効果的です。[シャドウ・ハイライト] は、シャドウ領域とハイライト領域を個別に調整できるので、ハイライト領域のみを暗くしたい場合は、[シャドウ] セクションの [量] に「0」% を入力し、[ハイライト] セクションの [量] に任意の調整率を入力します。
[シャドウ・ハイライト] による調整例
[シャドウ・ハイライト] による調整例
基本がわかる!シャドウ・ハイライト
続きは↓下の番号をクリック!
123456

スポンサード リンク