【テクスチャ】ゼロからつくる!古びたレンガ塀

【テクスチャ】ゼロからつくる!古びたレンガ塀

目地をランダムに崩す

[ レイヤー ] パネルで、[ べた塗り 1 ] レイヤーマスクサムネールを [ option ( Alt ) ] キーを押しながらクリックして、ドキュメントの表示を「レイヤーマスクモード」に切り替えます。
[ フィルター ] メニューから、[ フィルターギャラリー ] を選択します。[ フィルターギャラリー ] 操作パネルで、[ ブラシストローク ] – [ はね ] を選択します。
[ フィルターギャラリー ] 操作パネル
[ フィルターギャラリー ] 操作パネル
[ はね ] ダイアログで、[ スプレー半径 ] に [ 7 ]、[ 滑らかさ ] に [ 5 ] を設定して、[ OK ] をクリックします。
[ はね ] ダイアログを設定
[ はね ] ダイアログを設定
[ はね ] の設定値は?
[ はね ] の設定値は、まず、[ 滑らかさ ] の数値を中間の [ 7 ] に置き、[ スプレー半径 ] のスライダーを左から右へドラッグして、目地の線が途切れ始めるところを探っていきます。
ピクセルがランダムに拡散され、目地のシルエットを崩すことが目的ですが、目地が途切れてしまう設定は NG です。結果的には [ スプレー半径 ] による拡散を控えめにしたので、[ 滑らかさ ] の数値を [ 5 ] に下げました。
[ フィルター ] メニューから、[ ぼかし ] – [ ぼかし ( ガウス ) ] を選択します。[ ぼかし ( ガウス ) ] ダイアログで、[ 半径 ] に [ 2 ] pixel を入力して、[ OK ] をクリックします。
[ ぼかし ( ガウス ) ] ダイアログを設定
[ ぼかし ( ガウス ) ] ダイアログを設定
目地の線をランダムに崩すことができました。
目地の線をランダムに崩すことができた
目地の線をランダムに崩すことができた
ピクセルをぼかしてなじませる!
この設定は、[ はね ] によって拡散されたピクセルを、落ち着かせるために適用します。ぼかした目地の線は、後に適用する [ エンボス ] にとっても好都合です。立体的な効果を得るには、境界線に階調が必要となるからです。

ベーステクスチャの作成

[ レイヤー ] パネルで、[ べた塗り 1 ] を非表示にして [ 背景 ] を選択します。
[ べた塗り 1 ] レイヤーマスクサムネールを [ command ( Ctrl ) ] キーを押しながらクリックして、加工したブロックパターンの選択範囲を作成します。
[ command ( Ctrl ) ] + クリック
[ command ( Ctrl ) ] + クリック
ブロックパターンの選択範囲を作成
ブロックパターンの選択範囲を作成
[ 編集 ] メニューから、[ 塗りつぶし ] を選択します。[ 塗りつぶし ] ダイアログで、[ 内容 ] に [ 50% グレー ] を選択して、[ OK ] をクリックします。
[ 内容 ] に [ 50% グレー ]を選択
[ 内容 ] に [ 50% グレー ]を選択
[ command ( Ctrl ) ] + [ D ] キーを押して、選択を解除します。加工したブロックパターンが、50% グレーで塗りつぶされました。
[ command ( Ctrl ) ] + [ D ] キーを押して選択を解除
[ command ( Ctrl ) ] + [ D ] キーを押して選択を解除
続きは↓下の番号をクリック!
123456

スポンサード リンク