【テクスチャ】ゼロからつくる!青空と逆光の雲

【テクスチャ】ゼロからつくる!青空と逆光の雲

テクスチャを着色する

「青空と逆光の雲」のベースが作成できたら、モノクロ画像のテクスチャに色をつけます。
空と雲の領域にコントラストをつける → テクスチャを着色する
[ レイヤー ] パネルで、[ 塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成 ] をクリックし、メニューから [ グラデーションマップ ] を選択して、[ グラデーションマップ 1 ] を作成します。
[ グラデーションマップ 1 ] を作成
[ グラデーションマップ 1 ] を作成
[ プロパティ ] パネルで、[ クリックでグラデーションを編集 ] をクリックして、[ グラデーションエディター ] ダイアログを表示します。
[ クリックでグラデーションを編集 ] をクリック
[ クリックでグラデーションを編集 ] をクリック
[ グラデーションエディター ] ダイアログで、グラデーションを設定して、[ OK ] をクリックします。
[ グラデーションエディター ] ダイアログを設定
[ グラデーションエディター ] ダイアログを設定
【設定値】
[ 位置 : 0 % ] [ 不透明度 : 100 % ]
[ 位置 : 100 % ] [ 不透明度 : 100 % ]
[ 位置 : 0 % ] [ H : 205° / S : 30 % / B : 60 % ]
[ 位置 : 50 % ] [ H : 27° / S : 5 % / B : 95 % ]
[ 位置 : 100 % ] [ H : 210° / S : 70 % / B : 50 % ]
空と雲の領域にコントラストをつける → 着色で逆光の雲形を起こす
[ プロパティ ] パネルで、[ ディザ ] にチェックマークを入れます。
[ ディザ ] にチェックマークを入れる
[ ディザ ] にチェックマークを入れる
空色はちょっと濁らせて
リアルな空色を表現するには、あまり、鮮やかになりすぎないことがポイントです。ベースになる H ( 色相 ) を決めたら、S ( 彩度 )、B ( 明るさ ) を最大 75 % 程度に抑えて調整していきます。作例では、H : 205°〜 H : 210°の色相で、中間調に補色 ( 反対色 ) の H : 27°を設定しています。

空間を演出する設定

[ レイヤー ] パネルで、[ グラデーションマップ1 ] レイヤーマスクサムネールを [ option ( Alt ) ] キーを押しながらクリックします。
[ option ( Alt ) ] + クリック
[ option ( Alt ) ] + クリック
すると、ドキュメントウィンドウが、レイヤーマスクモードに切り替わります。
レイヤーマスクモードに切り替える
レイヤーマスクモードに切り替える
[ ツール ] パネルから、[ グラデーションツール ] を選択します。
[ グラデーションツール ] を選択
[ グラデーションツール ] を選択
オプションバーで、[ クリックでグラデーションピッカーを開く ] をクリックして、 グラデーションピッカーからプリセット [ 黒、白 ] を選択します。
グラデーションモードに [ 線形グラデーション ] を選択します。
プリセット [ 黒、白 ] を選択
プリセット [ 黒、白 ] を選択
[ shift ] キーを押しながら、ドキュメントの下側面から上側面までドラッグして、グラデーションを作成します。
[ shift ] + ドラッグ
[ shift ] + ドラッグ
グラデーションが作成できたら、[ レイヤー ] パネルで、[ グラデーションマップ 1 ] レイヤーマスクサムネールをダブルクリックして、[ プロパティ ] パネルを表示します。
レイヤーマスクサムネールをダブルクリック
レイヤーマスクサムネールをダブルクリック
[ プロパティ ] パネルで、[ 濃度 ] に [ 50% ] を入力します。
[ 濃度 ] に [ 50% ] を入力
[ 濃度 ] に [ 50% ] を入力
すると、グラデーションの濃度が薄くなります。
グラデーションの濃度が薄くなった
グラデーションの濃度が薄くなった
[ レイヤー ] パネルで、[ グラデーションマップ 1 ] レイヤーサムネールをクリックして、ドキュメントウィンドウを画像描画モードに戻します。
レイヤーサムネールをクリック
レイヤーサムネールをクリック
空間の色の変化を演出することができました。
着色で逆光の雲形を起こす → 空間の色の変化を演出する
着色の影響力を変える!
レイヤーマスクの [ 濃度 ] が 50% になると、ドキュメントの上部はそのままで、下部は 50% の適用度になります。グラデーションマップの影響力は、この [ 濃度 ] の調整で行うことができ、作例では中間値の [ 50% ] を設定しました。
続きは↓下の番号をクリック!
1234

スポンサード リンク