写真をイラスト調に!アニメ風景の描き方「場面転換・都会の雑踏」

写真をイラスト調に!アニメ風景の描き方「場面転換・都会の雑踏」

マスクを調整する

続いて、ジェット旅客機の画像を合成しましょう。ジェット旅客機のレイヤー [ uf035-plane ] は、あらかじめ、切り抜かれた素材を使用しています。しかし、境界がハッキリしているので、合成に違和感があります。少し緩和しましょう。
マスクを調整する
[ レイヤー ] パネルで、[ uf035-plane ] を表示して選択します。
[uf035-plane]を表示選択
[ uf035-plane ] を表示選択
[ command ( Ctrl ) ] + [ T ] キーを押して、変形のバウンディングボックスを表示します。
変形のバウンディングボックスを表示
変形のバウンディングボックスを表示
オプションバーで、[ 縦横比を固定 ] を有効にします。
[ 水平比率を設定 ] に [ 50% ] を入力します。
[50%]を入力
[ 50% ] を入力
ボックス内をドラッグして、ジェット旅客機を移動します。
配置位置が決まったら、[ enter ] キーを押して、変形を確定します。
ボックス内をドラッグ
ボックス内をドラッグ
レッスン動画を配信中!
写真をイラスト調に!アニメ風景の描き方【2022】
サムネールをクリックすると、レッスン動画にリンクします。

選択範囲を作成

レイヤーオブジェクトは、不透明ピクセルの選択範囲が作成できます。この選択範囲を利用して、マスク領域を調整すれば、ジェット旅客機の輪郭を緩和することができます。
空と同様にして、グループ [ 旅客機 ] を作成します。
[ uf035-plane ] をグループ [ 旅客機 ] にドラッグします。グループ化を確認
レイヤーサムネールを、[ command ( Ctrl ) ] キーを押しながらクリックします。
[command(Ctrl)]+クリック
[ command ( Ctrl ) ] + クリック
ジェット旅客機の、選択範囲が作成されたことを確認してください。
選択範囲を作成
選択範囲を作成

選択とマスク

[ 選択とマスク ] では、レイヤーマスクの境界を、内側に狭める調整が行えます。[ プロパティ ] パネルにあるボタンをクリックすると、現在のレイヤーマスク領域をプレビューする、オプション操作パネルが表示されます。
[ レイヤーマスクを追加 ] をクリックします。
レイヤーマスクが追加されたことを確認してください。
[command(Ctrl)]+クリック
[ command ( Ctrl ) ] + クリック
[ プロパティ ] パネルで、[ 選択とマスク ] をクリックします。
[選択とマスク]をクリック
[ 選択とマスク ] をクリック
[ 選択とマスク ] 操作パネルの表示を確認してください。
[選択とマスク]操作パネル
[ 選択とマスク ] 操作パネル

エッジをシフト

レイヤーマスクの境界が調整できる [ エッジをシフト ] は、階調をコントロールして、緊張させたり、緩和させたりする仕組みです。したがって、この機能を効果的に活かすには、マスクの境界をぼかす必要があります。
[ 属性 ] パネルで、[ グローバル調整 ] セクションの [ ぼかし ] に [ 1.0 ] px を入力します。
[ エッジをシフト ] に [ -25 ] % を入力します。
[グローバル調整]を設定
[ グローバル調整 ] を設定
[ 出力設定 ] セクションの [ 出力先 ] に [ レイヤーマスク ] を選択します。
[ OK ] をクリックします。
[グローバル調整]を設定
[ グローバル調整 ] を設定
ジェット旅客機の境界を、緩和することができました。
境界の緩和を確認
境界の緩和を確認
続きは↓下の番号をクリック!
123333

スポンサード リンク