トラブルを未然に防ぐ!カラー設定10選

トラブルを未然に防ぐ!カラー設定10選「知っておきたいカラーマネジメント」

【Photoshop基本操作】ディスプレイに表示される画像の「色が合わない」のは、カラー設定が間違っているからです。しかし、それがディスプレイのせいなのか? ファイルのせいなのか? Photoshop のせいなのか? 原因を突き止めるのは難しいですね。さまざまな方向から、カラー設定を見直してみましょう。
「カラーマネジメントを行う」が前提!
カラーマネジメントとは、IEC ( 国際電気標準会議 ) が定めたカラープロファイルによって、ディスプレイやプリンタなど、個々の機器による色再現の違いを、統一的に管理することをいいます。
カラープロファイルの設定を簡単に言うと、ファイルを開いたときに、プロファイルが一致しなかったらどうするのか? という設定 ( カラーマネジメント ) です。プロファイルを埋め込まない設定は、過去の遺物になりつつあるので、カラーマネジメントを行うことを前提としましょう。
トラブルを未然に防ぐ!
カラー設定10選
prevnext
SELECT_01

ディスプレイの調整

まず、真っ先にチェックしなければならないのは、ご使用のパソコンディスプレイ ( モニタ ) です。電子機器には個体差があり、設定方法もそれぞれに異なるので、この設定がいちばん厄介です。
本格的なキャリブレーションツールの使用ともなれば、いきなり難しい課題となりますが、簡易的な方法で調整すると、劇的に改善されることもあるので挑戦してみましょう。

簡易的なキャリブレーション

Mac OS X の場合、[ システム環境設定 ] – [ ディスプレイ ] – [ カラー ] を選択します。その他の OS をお使いの場合は、ディスプレイ設定から、画面の色調整を行なってください。
製品出荷時の設定で問題ない場合は、以下の調整を行わないでください。
[ option ( Alt ) ] キーを押しながら、[ 補正 ] をクリックします。
[ 補正 ] を[ option ( Alt ) ] + クリック
[ 補正 ] を [ option ( Alt ) ] + クリック
詳細モードの [ ディスプレイキャリブレータ・アシスタント ] ダイアログが表示されます。[ 続ける ] をクリックします。
[ 続ける ]をクリック
[ 続ける ] をクリック
[ ネイティブガンマ ]、[ 使用するガンマ ]、[ ホワイトポイント ] をそれぞれ調整します。
[ ネイティブガンマ ] の調整 → [ 使用するガンマ ] の調整
設定を変更したプロファイルに名前を付け、[ 続ける ] クリックします。
[ ホワイトポイント ] の調整→プロファイルの名前を入力
[ 設定結果 ] に補正済みの、新しいディスプレイプロファイルの内容を確認したら、[ 完了 ] をクリックします。
[ 完了 ] をクリック
[ 完了 ] をクリック
[ ディスプレイプロファイル ] に補正済みの、新しいディスプレイプロファイルを確認します。
補正済みのプロファイルを確認
補正済みのプロファイルを確認

ディスプレイのプロファイルを設定

印刷用では、[ ディスプレイプロファイル ] に [ Adobe RGB (1998) ] を選択します。[ システム環境設定 ] を終了します。
[ Adobe RGB (1998) ] を選択
[ Adobe RGB (1998) ] を選択
ディスプレイプロファイルとは?
ディスプレイプロファイルとは、ディスプレイやプリンタなど、個々の機器によって再現される色の違いを補正するための情報で、一般的には「カラープロファイル」、「 ICC プロファイル」とも呼ばれています。
トラブルを未然に防ぐ!
カラー設定10選
prevnext

スポンサード リンク