【画像の合成】背景に馴染む切り抜き合成「露光量とカラーバランスの調整」

【画像の合成】背景に馴染む切り抜き合成「露光量とカラーバランスの調整」

【Photoshop基本操作】画像を切り抜き合成すると、カラーに違和感が出ます。夜の街並みとスタジオ撮影された人物では、その差は、ますます大きくなります。カラーの同調には、直感的な操作ができる、露光量とカラーバランスを中心に組み立てます。切り抜き合成のカラーを背景に馴染ませましょう。
補色の関係に着目!
補色とは、反対色です。これは、色相環の角度で対面する色です。たとえば、ブルーならイエローが補色となります。カラーバランスは、この補色を調整する機能です。一方を強めれば、その補色が弱まります。補色の関係に着目して、思い通りの結果を出しましょう。

背景に馴染む切り抜き合成

これから行う操作は、切り抜き合成のカラーを、背景に馴染ませる方法です。夜の街並みと、スタジオ撮影された人物を合成します。
円筒形の缶にラベルを貼る
レッスン動画を配信中!
背景に馴染む切り抜き合成
サムネールをクリックすると、レッスン動画にリンクします。

モデルを切り抜く

素材画像をダウンロードして開きます。素材画像は、[ 幅 : 1280 pixel ]、[ 高さ : 1920 pixel ]、[ 解像度 : 300 pixel/inch ]、[ カラーモード : RGB カラー ] を使用しています。
素材画像を開く
素材画像を開く
photo by soul chentu

被写体を選択

モデルの切り抜きには、人工知能が自動的に、選択範囲を作成してくれる、[ 被写体を選択 ] を活用しましょう。
[ 選択範囲 ] メニューから、[ 被写体を選択 ] を選択します。
選択範囲を作成
選択範囲を作成
[ レイヤー ] パネルで、[ レイヤーマスクを追加 ] をクリックします。
現在の選択範囲から、レイヤーマスクが作成されたことを確認してください。
[ レイヤーマスクを追加 ] をクリック
[ レイヤーマスクを追加 ] をクリック
モデルを切り抜くことができました。
モデルを切り抜くことができた
モデルを切り抜くことができた
レイヤー名を [ model ] に変更します。
レイヤー名を変更
レイヤー名を変更
マスクを修正しよう!
[ 被写体を選択 ] は、ピクセル単位で、正確な検知が行われます。そのため、切り抜きの境界線に出現する、フリンジ (白フチ) が出にくいです。しかし、微妙な階調の違いや、尖った部分、中マドなどで、不正確な部分もあります。これらを修正しておきましょう。
修正前と修正後
修正前と修正後
適切な結果が出なかったり、レイヤーマスクの修正が難しい場合は、ベーシックな方法で選択範囲を作成して、[ 選択とマスク ] を試してみましょう。
基本がわかる!髪の毛の切り抜き「選択とマスクの使い方」

不要な領域をトリミング

切り抜き部分だけを残して、不要な領域をトリミングしましょう。画像サイズを最小限にすることは、メモリや容量の負担を軽減できるほか、変形のバウンディングボックスも最小化できるので、作業の効率化が図れます。
[ イメージ ] メニューから、[ トリミング ] を選択します。[ トリミング ] ダイアログで、[ トリミング対象カラー ] に、[ 透明ピクセル ] を選択します。
[ OK ] をクリックします。
[トリミング]を設定
[ トリミング ] を設定
透明ピクセルの不要な領域を、トリミングすることができました。
不要な領域をトリミング
不要な領域をトリミング

スマートオブジェクトに変換

レイヤー [ model ] を右クリックします。
コンテキストメニューから、[ スマートオブジェクトに変換 ] を選択して適用します。
[スマートオブジェクトに変換]を選択
[ スマートオブジェクトに変換 ] を選択
スマートオブジェクトを確認してください。
スマートオブジェクトを確認
スマートオブジェクトを確認
スマートオブジェクトとは?
レイヤーや背景を、スマートオブジェクトに変換しておくと、適用するフィルターや、色調補正などの調整が、再編集できるようになります。
続きは↓下の番号をクリック!
12345

スポンサード リンク