パッケージデザインをモックアップに貼る方法「消点 (Vanishing Point) の使い方」

パッケージデザインをモックアップに貼る方法「消点 (Vanishing Point) の使い方」

【Photoshop基本操作】立方体のはめ込み合成は、[ 消点 ] を使います。でも、操作がちょっと難しいですね。コピペと新規レイヤー。この要点だけを押さえておけば大丈夫。初級ユーザーの方でも、プロ並のモックアップを完成させることができます。スクリューキャップの牛乳パックに、デザインをはめ込み合成しましょう。旧コマンド名 : Vanishing Point (バニシングポイント)
コピペを忘れるな!
[ 消点 ] の操作で、うっかり忘れてしまうことは、メニュー選択する前に、変形する画像をコピーすることです。そして、新規レイヤーを作成しておくこともです。事前に準備しておかないと、何もできません。しかし、遠近法をカンタンに作成できるのは痛快ですね。

パッケージデザインをモックアップに貼る方法

これから行う操作は、あらかじめ作成したパッケージデザインを、モックアップに貼る方法です。モックアップとは、試作模型や見本品を指す呼称です。その目的は、実物のイメージに限りなく近づけて、機能や外観デザインを検討することにあります。
パッケージデザインをモックアップに貼る
このレッスンでは、スクリューキャップの、牛乳パックを使用します。遠近法の変形が自動化できる、[ 消点 ] を活用した方法をご紹介しましょう。旧コマンド名 : Vanishing Point (バニシングポイント)
レッスン動画を配信中!
円筒形の缶にラベルを貼る方法
サムネールをクリックすると、レッスン動画にリンクします。

合成の準備をする

素材画像をダウンロードして開きます。素材画像は、[ 幅 : 730 pixel ]、[ 高さ : 1022 pixel ]、[ 解像度 : 300 pixel/inch ]、[ カラーモード : RGB カラー ] を使用しています。画像サイズは、レッスン用にリサイズしています。
素材画像を開く
素材画像を開く

平面デザインをコピー

[ 消点 ] は、クリップボードに保存した、画像を活用します。平面デザインをコピーして、クリップボードに保存しておきましょう。クリップボード : テキストや画像を一時的に保存しておく領域
すべてを選択します。すべてを選択 : [ command ( Ctrl ) ] + [ A ]
選択範囲をコピーします。コピー : [ command ( Ctrl ) ] + [ C ]
平面デザインをコピー
平面デザインをコピー

ベクトルマスクを作成

モックアップの選択は、境界線がはっきりしているので、ベクトルマスクを作成する方法を取ります。このレッスンでは、あらかじめ、作業に必要なパスを、素材画像に保存しています。
素材画像をダウンロードして開きます。素材画像は、[ 幅 : 1920 pixel ]、[ 高さ : 1280 pixel ]、[ 解像度 : 300 pixel/inch ]、[ カラーモード : RGB カラー ] を使用しています。
素材画像を開く
素材画像を開く
[ レイヤー ] パネルで、[ 新規グループを作成 ] をクリックします。
[ グループ 1 ] が作成されたことを確認してください。
[新規グループを作成]をクリック
[ 新規グループを作成 ] をクリック
グループ名を [ milk-carton ] に変更します。
グループ名を変更
グループ名を変更
描画モードに [ 乗算 ] を選択します。
[描画モード:乗算]を選択
[ 描画モード : 乗算 ] を選択
[ パス ] パネルを表示します。
[ milk-carton-path ] を選択します。
[milk-carton-path]を選択
[ milk-carton-path ] を選択
[ レイヤー ] パネルを表示します。グループ [ milk-carton ] が選択されていることを確認してください。
[ command ( Ctrl ) ] キーを押しながら、[ ベクトルマスクを追加 ] をクリックします。
ベクトルマスクが追加されたことを確認してください。
ベクトルマスクを追加
ベクトルマスクを追加
グループにマスク?
グループ内に格納したレイヤーは、すべて、モックアップ形状に切り抜かれます。また、描画モードに [ 乗算 ] が選択されているので、複数のレイヤーは、[ 通常 ] で合成された後、その結果をまとめて、[ 乗算 ] に変更するしくみになります。
続きは↓下の番号をクリック!
1234

スポンサード リンク