写真を絵画調に!大胆なタッチの油絵風

写真を絵画調に!大胆なタッチの油絵風

色調を油絵らしくする

画像の周辺を暗くするビネット効果は、西洋絵画においてよく見られる手法です。[レンズ補正] の [周辺光量補正] を使えば、簡単にビネット効果がつくり出せます。重厚で荘厳な色調を [カラーバランス] で調整し、大胆なタッチの油絵風を仕上げましょう。
STEP 3 → 色調を油絵らしくする
STEP 4 では、画像の周辺を暗くするビネット効果を加え、油絵らしい重厚で荘厳な色調で仕上げます。
[フィルター] メニューから、[レンズ補正] を選択します。[レンズ補正] 操作パネルで、[カスタム] を表示します。
[カスタム] を表示

[カスタム] を表示
[周辺光量補正] セクションの [適用量] に「-50」を入力して、[OK] をクリックします。
[適用量] に「-50」を入力

[適用量] に「-50」を入力
STEP 3 → [レンズ補正] を適用
周囲の明るさを補正!
[レンズ補正] の [周辺光量補正] を活用することで、画像の周囲を暗くしたり、明るくすることができます。
[適用量] は、負の数値で暗く、正の数値で明るくなります。[中心点] は、補正を開始する距離を比率で設定します。距離の対象は長辺で、数値が大きくなるほど階調が狭くなり、ビネット効果は円形から四角形に近付いて行きます。
画像の周辺を暗くする「ビネット効果」の作り方
[イメージ] メニューから、[色調補正] → [カラーバランス] を選択します。[カラーバランス] ダイアログで、[階調のバランス] に [中間調] を選択し、[輝度を保持] のチェックマークを外します。
[輝度を保持] のチェックマークを外す

[輝度を保持] のチェックマークを外す
[マゼンタ / グリーン] に「-20」、[イエロー / ブルー] に「-100」を入力して、[OK] をクリックします。
[カラーバランス] ダイアログを設定

[カラーバランス] ダイアログを設定
写真を油絵風に加工することができました。
写真を油絵風に加工することができた

写真を油絵風に加工することができた
カラーバランスを誇張しよう!
古い名画などの色調を参考にすると、黒は赤っぽく、白は黄味がかったものが多いです。これは油絵の具が変色しているせいでもあるのですが、重厚で荘厳な色調にすると、それだけでらしくなるから不思議です。
[カラーバランス] は、R、G、B 各チャンネル別に、階調を増減させて色調を調整するものですが、最も明るい部分と最も暗い部分は、3つのチャンネルを合算しないと表現できません。たとえば、画像にホワイトがある場合、どれかひとつのチャンネルに負の数値を設定すると、いずれかの色に転んで暗くなります。
[輝度を保持] にチェックマークを入れると、ハイライト点とシャドウ点をキープしながら、階調の伸縮が行われるようになります。作例では、ホワイトの部分をイエローにしたいので、[輝度を保持] を無効に設定しました。
レッスン動画を配信中!
【Photoshop講座】写真を絵画調に!大胆なタッチの油絵風
サムネールをクリックすると、レッスン動画にリンクします。

1234

スポンサード リンク