基本がわかる!画像の開き方

基本がわかる!画像の開き方【3】Bridge から画像を開く

【Photoshop基本操作】Bridge から画像を開くと、作成日やファイルサイズ、解像度などの情報が表示できます。デジタルカメラの画像なら、撮影データも表示できるので、露出やシャッタースピードなどの違いを比べながら選定することも可能です。



Bridge のスゴイ機能!

Adobe Bridge は、画像を開くだけのアプリケーションではありません。ファイル名をバッチ処理で変更したり、複数の画像サムネールからコンタクトシートを作成するなど、自動処理の機能も充実しています。また、「Camera Raw」で開くこともできるので、Photoshop を使わず補正まで仕上げることもできます。Bridge を使えば、ストック画像の整理も楽しくなりますよ。
1   2   3

Bridge から画像を開く

Adobe Bridge とは、パソコンで管理する「フォトアルバム」のようなものです。別のアプリケーションですが、Photoshop の統合パッケージとして付属されています。コンテンツを効率的に整理、参照、検索できるブラウザ機能を備え、メタデータの追加や編集、自動化されたタスクの実行なども行える、大変頼りになるアプリケーションです。

Bridge を起動する

Photoshop の [ファイル] メニューから、[Bridge で参照] を選択します。すると、Bridge が起動し、専用の操作パネルが表示されます。

[ファイル] → [Bridge で参照]

ショートカットキー : [option (Alt)] + [command (Ctrl)] + [O]
[Bridge] 操作パネル
[Bridge] 操作パネル (特定のコンテンツを展開した場合)

ファイルを開いている場合は?

Photoshop でファイルを開いている場合、ファイルを閉じて、Bridge を起動することもできます。[ファイル] メニューから、[閉じて Bridge を起動] を選択、または、[shift] + [command (Ctrl)] + [W] キーを押します。

基本がわかる動画を配信中!

チャンネル登録をお願いします!

[フォルダー] パネルを表示する

[フォルダー] タブをクリックして、[フォルダー] パネルを表示します。すると、パソコン内のフォルダー階層が表示されます。
[フォルダー] パネルを表示
[フォルダー] パネルを表示
フォルダー階層は、ご使用のパソコンによって異なります。

フォルダー内容を表示する

[フォルダー] パネルで、ブラウザに表示したいフォルダーを選択し、[コンテンツ] パネルで、フォルダーをダブルクリックします。すると、フォルダーの内容がサムネールで表示されます。
フォルダーをダブルクリック
フォルダーをダブルクリック
[コンテンツ] にフォルダー内容が表示される
[コンテンツ] パネルにフォルダー内容が表示される

画像の情報を確認する

画像の情報を確認したいサムネールを選択します。すると、[メタデータ] パネルに選択した画像の情報が表示されます。
メタデータを表示
メタデータを表示
[表示] → [詳細] の表示
[表示] → [詳細] の表示
[表示] メニューから、[詳細] を選択すると、作成日やファイルサイズ、解像度などの情報が、サムネールの隣に表示されます。

画像を開く

画像のサムネールをダブルクリックします。すると、Photoshop 上で画像が開かれます。
サムネールをダブルクリック
サムネールをダブルクリック
[Photoshop] 操作パネル
[Photoshop] 操作パネル

リネームにも威力を発揮!

Bridge の [ファイル名をバッチで変更] は、見やすい画像プレビューから画像を選択し、自由度の高いルールの組み合わせで、複数のファイル名を一括してリネームできます。
1   2   3

スポンサード リンク