【テクスチャ】ゼロからつくる!ギリシャの高級大理石

【テクスチャ】ゼロからつくる!ギリシャの高級大理石

【Photoshop講座】 2種類の「雲模様」をベースに、ギリシャ建築などで見られる高級大理石を描きます。ポイントは透明感と内蔵するカラー。驚くほど簡単に、しかもリアルに作れる方法をご紹介しましょう。


バリエーションが簡単に増やせる!
ランダムに生成される「雲模様」は気まぐれです。マーブル模様のカタチに左右される大理石では、なかなか気に入った仕上がりに巡り会えないかも知れません。そんな予測不能な結果も、バリエーションが簡単に増やせる工法があれば解決します。作成後も編集が行えるスマートオブジェクトを活用すれば、1枚のレイヤーを複製するだけで、複雑なマーブル模様が作り出せます。
何もない状態から大理石を描く
こらから行う操作は、Photoshop の機能だけを使って、何もない状態から大理石を描く方法です。といっても、フリーハンドで描くような操作は一切ありません。ステップ・バイ・ステップ方式で、手順どおりに操作すれば、誰でも「高級大理石」が作成できます。最初に生成する「雲模様」がそのまま、ギリシャ建築でみられるような贅を尽くした高級大理石に変身します。
ベースの[雲模様 1]を生成→何もない状態から雲を描く
大理石のベースをつくる
[ファイル]メニューから、[新規]を選択します。[新規ドキュメント]ダイアログで、[幅]に「1280」pixel、[高さ]に「720」pixel、[解像度]に「72」pixel/inch、[カラーモード]に「RGB カラー」、[8 bit]を設定して、[作成]をクリックします。
[新規ドキュメント]ダイアログを設定
[新規ドキュメント]ダイアログを設定
新規ドキュメントを開く
新規ドキュメントを開く
[レイヤー]メニューから、[スマートオブジェクト]→[スマートオブジェクトに変換]を選択して適用します。
スマートオブジェクトを確認
スマートオブジェクトとは?
[スマートオブジェクトに変換]を適用すると、[背景]やレイヤーが「スマートオブジェクト」に変換されます。スマートオブジェクトにすることで、切り抜き後の画像が再編集できます。[背景]に適用すると、レイヤー名が[レイヤー 0]に変更され、[背景]では設定できなかった[描画モード]や[不透明度]、[位置をロック]などが有効になります。
描画色に[ブラック]、背景色に[ホワイト]を設定します。
[フィルター]メニューから[描画]→[雲模様 1]を選択して適用します。
[雲模様 1]を適用
[雲模様 1]を適用
続いて、[フィルター]メニューから[描画]→[雲模様 2]を適用します。
[雲模様 2]を適用
[雲模様 2]を適用
異なる2つの模様を重ねる!
[雲模様 1]はランダムに生成されるため、適用結果は異なります。[雲模様 2]は、元の画像に重ねた模様が適用されます。その効果は、[雲模様 1]を描画モード[差の絶対値]で合成したものに相当します。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
マーブル模様を抽出する
[イメージ]メニューから、[色調補正]→[レベル補正]を選択します。[レベル補正]ダイアログで、[入力レベル]に[0 / 3.00 / 96]を入力して、[OK]をクリックします。
[レベル補正]ダイアログを設定
[レベル補正]ダイアログを設定
マーブル模様を抽出
マーブル模様を抽出
明度の階調をコントロール!
[レベル補正]は、シャドウ、中間調、ハイライトの照度レベル(階調)を統合的に調整できます。ここでは、フラットな印象にするため、少し白トビした部分をつくりたいので、[入力レベル]のハイライト点をシャドウ側へ大きく食い込ませました。マーブル模様の抽出は、中間点をシャドウ側へ調整することで行います。
[レベル補正]適用前(部分拡大)→[レベル補正]適用後(部分拡大)
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
結晶の質感を加える
[フィルター]メニューから、[フィルターギャラリー]を選択します。[フィルターギャラリー]操作パネルで、[アーティスティック]→[ラップ]を選択します。
[ラップ]を選択
[ラップ]を選択
[ラップ]ダイアログで、[ハイライトの強さ]に「15」、[ディテール]に「15」、[滑らかさ]に「3」を入力して、[OK]をクリックします。
[ラップ]ダイアログを設定
[ラップ]ダイアログを設定
STEP 2(部分拡大)→[ラップ]適用後(部分拡大)
結晶の質感を加えることができた
結晶の質感を加えることができた
[ラップ]とは?
[ラップ]とは、透明フィルムで包装したような効果が得られる面白いフィルターです。[ハイライトの強さ]では、画像の中央に放射状の明るい部分(白地では暗い部分)をつくります。[ディテール]では、対象画像の境界線(明度の差が大きい箇所)を基にして、ゴーストのような段差をつけ、[滑らかさ]では、その段差を硬くしたり柔らかくする調整が行えます。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
グラデーションマップで着色する
[イメージ]メニューから、[色調補正]→[グラデーションマップ]を選択します。[グラデーションマップ]ダイアログで、[クリックでグラデーションを編集]をクリックし、[グラデーションエディター]ダイアログを表示します。
[クリックでグラデーションを編集]をクリック
[クリックでグラデーションを編集]をクリック
[グラデーションエディター]ダイアログで、グラデーションを設定して、[OK]をクリックします。
[グラデーションエディター]ダイアログを設定
[グラデーションエディター]ダイアログを設定
【設定値】
[位置:0%][不透明度:100%]
[位置:100%][不透明度:100%]
[位置:0%][カラー:H32° S25% B47%]
[位置:100%][カラー:H32° S10% B95%]
[グラデーションマップ]ダイアログで、[ディザ]にチェックマークを入れて、[OK]をクリックします。
[ディザ]にチェックマークを入れる
[ディザ]にチェックマークを入れる
STEP 3(部分拡大)→グラデーションマップで着色する(部分拡大)
透明感のある表面を意識する!
大理石の質感は、岩石の結晶による透明感が重要な演出となります。ベースとするレイヤーは、直接的な印象を着色するのではなく、幾重にも重なった表面を意識して、ハイライト部分を少し抑えるような設定を行います。ベース(下層)にして表面になるワケです。直接的な色は、この後の手順で下層に内蔵しているように見せます。マーブル模様の亀裂部分を浅くするため、最も暗い部分を50%以上明るいカラーにしておくことがコツです。
レイヤーを複製して重ねる
[レイヤー]パネルで、[レイヤー 0]を[新規レイヤーを作成]にドラッグして、[レイヤー 0 のコピー]を作成します。
[レイヤー 0 のコピー]を作成
[レイヤー 0 のコピー]を作成
描画モードに[ソフトライト]を選択します。
[ソフトライト]を選択
[ソフトライト]を選択
[レイヤー]パネルで、[スマートフィルター]→[雲模様 1]、[雲模様 2]をそれぞれダブルクリックして、模様を変更します。
[雲模様 1]、[雲模様 2]をそれぞれダブルクリック
[雲模様 1]、[雲模様 2]をそれぞれダブルクリック
STEP 4(部分拡大)→異なる雲模様を合成(部分拡大)
雲模様をランダムに変更!
スマートオブジェクトに適用したフィルターは、作成後に何度でも編集できます。[雲模様 1]、[雲模様 2]は、適用するたびに異なる模様が生成されるので、スマートオブジェクトでは、[レイヤー]パネルのフィルター名をダブルクリックするだけで操作できます。スマートフィルター編集中はプレビューされないので注意してください。
警告アラート
警告アラート
[レイヤー]パネルで、[スマートフィルター]→[レベル補正]をダブルクリックして、[レベル補正]ダイアログを表示します。
[レベル補正]をダブルクリック
[レベル補正]をダブルクリック
[レベル補正]ダイアログで、[入力レベル]に[0 / 2.00 / 96]を入力して、[OK]をクリックします。
[レベル補正]ダイアログを設定
[レベル補正]ダイアログを設定
マーブル模様の中間調を緩和させる
マーブル模様の中間調を緩和させる
前面のレイヤーを下層に見せる!
同じ設定のレイヤーを重ねても遠近感は出せません。描画モード[ソフトライト]によってトーンが浅くなった側、つまり複製した前面のレイヤーを下層に見せるには、距離によるぼかしを加えることが考えられますが、大理石のような透明感のある岩石では、繊細な結晶を生かした効果を優先したいです。そこで、マーブル模様の抽出に使った[レベル補正]の中間調を緩和させ、[レイヤー 0]より周囲に滲んだ階調を増やして、ぼかしに変わる遠近感を出しています。
内蔵したカラーを設定する
[レイヤー]パネルで、[スマートフィルター]→[グラデーションマップ]をダブルクリックして、グラデーションを編集します。
[グラデーションマップ]をダブルクリック
[グラデーションマップ]をダブルクリック
[グラデーションエディター]ダイアログで、グラデーションを設定して、[OK]をクリックします。
[グラデーションエディター]ダイアログを設定
[グラデーションエディター]ダイアログを設定
【設定値】
[位置:0%][不透明度:100%]
[位置:100%][不透明度:100%]
[位置:0%][カラー:ブラック]
[位置:50%][カラー:H28° S100% B57%]
[位置:100%][カラー:H29° S44% B90%]
STEP 5(部分拡大)→内蔵したカラーを設定(部分拡大)
少し赤っぽく設定!
[レイヤー 0 のコピー]は、色に深みを出すため、[レイヤー 0]の色相に対して、少し赤っぽいカラーを設定します。もちろん、青っぽいカラーにすることも可能です。ベースの[レイヤー 0]は、彩度を抑えておくことがポイントで、発色を担う役目は、[レイヤー 0 のコピー]で行います。
さらにレイヤーを重ねる
[レイヤー]パネルで、[レイヤー 0]を[新規レイヤーを作成]にドラッグして、[レイヤー 0 のコピー 2]を作成します。
描画モードに[ソフトライト]を選択します。
[レイヤー 0 のコピー 2]を作成して[ソフトライト]を選択
[レイヤー 0 のコピー 2]を作成して[ソフトライト]を選択
[レイヤー]パネルで、[スマートフィルター]→[雲模様 1]、[雲模様 2]をそれぞれダブルクリックして、模様を変更します。
[雲模様 1]、[雲模様 2]をそれぞれダブルクリック
[雲模様 1]、[雲模様 2]をそれぞれダブルクリック
[レイヤー]パネルで、[レイヤー 0]を選択します。
[不透明度]に「85%」を入力します。
[不透明度]に「85%」を入力
[不透明度]に「85%」を入力
STEP 6(部分拡大)→さらにレイヤーを重ねる(部分拡大)
何もない状態から大理石を描くことができた
何もない状態から大理石を描くことができた
重ねるごとに複雑化する!
ベースの[レイヤー 0]を複製して、描画モード[ソフトライト]で重ねると、変更した雲模様から作成されたマーブル模様が複雑化していきます。たとえば、3枚を重ねた場合では、下層から[不透明度]を「70%」、「85%」、「100%」に設定してください。[レイヤー 0 のコピー 2]の描画モードに[ピンライト]を選択しても、粗い印象の面白い効果が得られます。

スポンサード リンク