【トリミング】角度を補正して切り抜く方法【切り抜きツール】

【トリミング】角度を補正して切り抜く方法【切り抜きツール】

【Photoshop基本操作】画像の傾きを補正するとき、見た目でカンバス全体を回転させていませんか? 適切な回転角度と、回転で現れた不要な部分をトリミングできるゴキゲンな機能があります。[切り抜きツール] の [角度補正] オプションを使用して、レンガ塀の前で撮影した人物の写真を切り抜いてみましょう。


主体の中心で基準線を引く!
角度補正と切り抜きが同時に行える [角度補正] オプションですが、設定する基準線が間違っていれば、当然のことながら画像の傾きは改善されません。
たとえば、画像に水平線がないとき、カンバスの上端、または下端で合わせようとすると、遠近法によってその反対側が傾いたままになることがあります。なので、できるだけカンバスの中央、または最も影響力のある主体の中心で基準線を引くことがコツになります。

角度補正と切り抜きを同時に行う

これから行う操作は、[切り抜きツール] の [角度補正] オプションで、角度補正と切り抜きを同時に行う方法です。角度補正で問題となるのは、画像の周囲に足りない部分ができてしまうことです。そして、ビットマップ画像の弱点である、変形による画質の劣化です。これらを最小限に抑えることを考えながら、画像の傾きを補正して切り抜きましょう。
元画像 → 角度補正と切り抜きを同時に行う
レッスン動画を配信中!
【Photoshop講座】画像の傾きを補正して切り抜く方法
サムネールをクリックすると、レッスン動画にリンクします。

スマートオブジェクトに変換する

素材画像をダウンロードして開きます。素材画像は、[幅 : 960 pixel]、[高さ : 640 pixel] 、[解像度 : 300 pixel/inch]、[モード : RGB カラー] を使用しています。
素材画像を開く

素材画像を開く
レンガ塀の目地を水平に!
レッスンに使用している素材画像は、レンガ塀の前で撮影した人物です。レンガ塀の目地が左下がりになっているので、これを水平に角度補正して、元画像と同じ縦横比率になるよう切り抜きます。JPEG 形式の RGB 画像を使用していますが、他のファイル形式、カラーモードでも同様に行えます。
[レイヤー] メニューから、[スマートオブジェクト] → [スマートオブジェクトに変換] を選択して適用します。
スマートオブジェクトを確認

スマートオブジェクトを確認
スマートオブジェクトとは?
[スマートオブジェクトに変換] を適用すると、[背景] やレイヤーが「スマートオブジェクト」に変換されます。スマートオブジェクトにすることで、切り抜き後の画像が再編集できます。
[背景] に適用すると、レイヤー名が [レイヤー 0] に変更され、[背景] では設定できなかった [描画モード] や [不透明度]、[位置をロック] などが有効になります。
続きは↓下の番号をクリック!

1234

スポンサード リンク