写真をイラスト調に!クールなドットポスタリゼーション

写真をイラスト調に!クールなドットポスタリゼーション

【Photoshop講座】印刷物などに用いられる「ハーフトーン (ドット)」を誇張した表現方法は、写真をイラスト調にする技法としてよく使われています。大小のドットだけで構成される色彩や陰影は大変面白いですね。このハーフトーンの効果にプラスして、これもまたポピュラーな「ポスタリゼーション」を加えると、簡略化したディテールや階調で、おしゃれ度がアップします。


階調層の明度を読む!
イラスト調における最大の課題は、写真の生っぽさを消すことですが、ディテールだけでは当然ダメです。いかに色彩を加えるかが腕の見せどころ。[ポスタリゼーション] フィルターは、粗い階調層をつくり出すことができます。しかし、この階調層のカラーを直接、調整することはできません。
ここでは、モノクロ化した階調層に対して、[グラデーションマップ] で着色します。思い通りのカラーを設定するには、階調層の明度を読むことが必要になります。

写真をドットポスタリゼーションに加工

これから行う操作は、写真をドットポスタリゼーションに加工する方法です。フィルターや描画モード、色調補正など、複数の操作を経て完成させます。
元画像 → クールなドットポスタリゼーションに加工
元画像をそのまま利用する方法なので、作例とは違うピクセルサイズの画像では、効果が発揮できないことがあります。他の素材に応用する場合は、あらかじめ、使用する画像の長辺をリサイズしてください。

元画像の明るさを調整する

素材画像をダウンロードして開きます。素材画像は、[幅 : 1920 pixel]、[高さ : 1281 pixel] 、[解像度 : 72 pixel/inch]、[モード : RGB カラー] を使用しています。加工する素材は、陰影がはっきりした人物の顔や小物など、ディテールが単純な写真が好ましいです。
素材画像を開く

素材画像を開く
素材画像が開けたら、[レイヤー] メニューから、[スマートオブジェクト] → [スマートオブジェクトに変換] を選択して適用します。
スマートオブジェクトを確認

スマートオブジェクトを確認
これから複数のレイヤーで作業するので、それぞれの役割を確認しやすくするため、レイヤー名を「ポスタリゼーション」に変更します。
レイヤー名を「ポスタリゼーション」に変更

レイヤー名を「ポスタリゼーション」に変更
スマートオブジェクトとは?
[スマートオブジェクトに変換] を適用すると、[背景] やレイヤーが「スマートオブジェクト」に変換されます。スマートオブジェクトにすることで、適用後の色調補正やフィルターが再編集できます。
[背景] に適用すると、レイヤー名が [レイヤー 0] に変更され、[背景] では設定できなかった [描画モード] や [不透明度]、[位置をロック] などが有効になります。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

レベル補正の設定

[イメージ] メニューから、[色調補正] → [レベル補正] を選択します。[レベル補正] ダイアログで、[入力レベル] に「0」、「1.30」、「255」を入力して、[OK] をクリックします。
[レベル補正] ダイアログを設定

[レベル補正] ダイアログを設定
元画像 → [レベル補正] で明るさを調整する
暗い素材画像は明るく補正!
[レベル補正] の設定は、これから適用する効果のための調整です。[ポスタリゼーション] や [カラーハーフトーン] の効果は、ディテールを簡略化するものです。素材画像が暗すぎると均一になる領域が多くなるので、[レベル補正] で中間点のバランスを変え、全体的に明るい印象にしておきます。
続きは↓下の番号をクリック!

12345

スポンサード リンク