写真をイラスト調に!クールなドットポスタリゼーション

写真をイラスト調に!クールなドットポスタリゼーション

【Photoshop講座】印刷物などに用いられる「ハーフトーン (ドット)」を誇張した表現方法は、写真をイラスト調にする技法としてよく使われています。大小のドットだけで構成される色彩や陰影は大変面白いですね。このハーフトーンの効果にプラスして、これもまたポピュラーな「ポスタリゼーション」を加えると、簡略化したディテールや階調で、おしゃれ度がアップします。



階調層の明度を読む!
イラスト調における最大の課題は、写真の生っぽさを消すことですが、ディテールだけでは当然ダメです。いかに色彩を加えるかが腕の見せどころ。[ポスタリゼーション] フィルターは、粗い階調層をつくり出すことができます。しかし、この階調層のカラーを直接、調整することはできません。ここでは、モノクロ化した階調層に対して、[グラデーションマップ] で着色します。思い通りのカラーを設定するには、階調層の明度を読むことが必要になります。

写真をドットポスタリゼーションに加工

これから行う操作は、写真をドットポスタリゼーションに加工する方法です。フィルターや描画モード、色調補正など、複数の操作を経て完成させます。元画像をそのまま利用する方法なので、作例とは違うピクセルサイズの画像では、効果が発揮できないことがあります。他の素材に応用する場合は、あらかじめ、使用する画像の長辺をリサイズしてください。
元画像 → クールなドットポスタリゼーションに加工

スマートオブジェクトに変換する

素材画像をダウンロードして開きます。素材画像は、[幅 : 1920 pixel]、[高さ : 1281 pixel] 、[解像度 : 72 pixel/inch]、[モード : RGB カラー] を使用しています。加工する素材は、陰影がはっきりした人物の顔や小物など、ディテールが単純な写真が好ましいです。
素材画像を開く
素材画像を開く
素材画像が開けたら、[レイヤー] メニューから、[スマートオブジェクト] → [スマートオブジェクトに変換] を選択して適用します。
[スマートオブジェクトに変換] を適用
これから複数のレイヤーで作業するので、それぞれの役割を確認しやすくするため、レイヤー名を「ポスタリゼーション」に変更します。
レイヤー名を「ポスタリゼーション」に変更
レイヤー名を「ポスタリゼーション」に変更
スマートオブジェクトとは?
[スマートオブジェクトに変換] を適用すると、[背景] やレイヤーが「スマートオブジェクト」に変換されます。スマートオブジェクトにすることで、適用後の色調補正やフィルターが再編集できます。[背景] に適用すると、レイヤー名が [レイヤー 0] に変更され、[背景] では設定できなかった [描画モード] や [不透明度]、[位置をロック] などが有効になります。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

元画像の明るさを調整する

[イメージ] メニューから、[色調補正] → [レベル補正] を選択します。[レベル補正] ダイアログで、[入力レベル] に「0」、「1.30」、「255」を入力して、[OK] をクリックします。
[レベル補正] ダイアログを設定
[レベル補正] ダイアログを設定
元画像 → [レベル補正] で明るさを調整する
暗い素材画像は明るく補正!
[レベル補正] の設定は、これから適用する効果のための調整です。[ポスタリゼーション] や [カラーハーフトーン] の効果は、ディテールを簡略化するものです。素材画像が暗すぎると均一になる領域が多くなるので、[レベル補正] で中間点のバランスを変え、全体的に明るい印象にしておきます。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

カラーをモノクロ化する

[イメージ] メニューから、[色調補正] → [白黒] を選択します。[白黒] ダイアログで、[レッド系] に「30」%、[イエロー系] に「89」%、[グリーン系] に「59」%、[シアン系] に「70」%、[ブルー系] に「11」%、[マゼンタ系] に「41」%を入力し、[OK] をクリックします。
[白黒] ダイアログを設定
[白黒] ダイアログを設定
STEP 2 → [白黒] で輝度を優先させたモノクロ化を行う
輝度を優先させたモノクロ?
カラーを形式的に表す「HSB」では、色相、彩度、明度の組み合わせによって、さまざまな色がつくり出されています。モノクロ化は、特定のアルゴリズム (計算方法) によって行われるもので、必要としない色相、彩度をどのように換算するかで結果も異なってきます。たとえば、黄色と青色の見た目の違いが、モノクロ化によって現れにくい場合もあります。[白黒] での設定値は、カラーを「輝度」という観点で理論的に数値化し、モノクロ化による見た目の違いを出そうとするものです。
一般的なモノクロ化 → 輝度を優先させたモノクロ化

画像全体をぼかす

[フィルター] メニューから、[ぼかす] → [ぼかす (ガウス)] を選択します。[ぼかす (ガウス)] ダイアログで、[半径] に「3.0」pixel を入力して、[OK] をクリックします。
[ぼかす (ガウス)] ダイアログを設定
[ぼかす (ガウス)] ダイアログを設定
STEP 3 (拡大) → [ぼかす (ガウス)] で画像全体をぼかす (拡大)
簡略化のためのぼかし!
[ぼかす (ガウス)] の適用は、この後に適用する [ポスタリゼーション] や [カラーハーフトーン] による簡略化のためのぼかしです。[ポスタリゼーション] では、設定値が大きいほど、階調層の境界線が滑らかになります。

ポスタリゼーションを適用する

[イメージ] メニューから、[色調補正] → [ポスタリゼーション] を選択します。[ポスタリゼーション] ダイアログで、[階調数] に「5」を入力し、[OK] をクリックします。
[ポスタリゼーション] ダイアログを設定
[ポスタリゼーション] ダイアログを設定
STEP 4 → [ポスタリゼーション] を適用
各階調層の明度を知る!
[ポスタリゼーション] で設定した [階調数] は、256 階調を割った数です。256 階調を 100% とする明度に換算すると、明度 (B) : 0%、25%、50%、75%、100% です。B : 0% はブラック、B : 100% はホワイトの階調層に当たります。
各階調層にカーソルを置く
各階調層にカーソルを置く
各階調層の明度を知ることができる
各階調層の明度を知ることができる
[ウィンドウ] メニューから、[情報] を選択して、[情報] パネルを表示します。パネルメニューから、[パネルオプション] を選択します。[情報パネルオプション] ダイアログを表示し、[第1色情報] セクションの [モード] に [HSB カラー] を選択して、[OK] をクリックします。ドキュメント内にカーソルを置くと、各階調層の明度を知ることができます。

各階調層に色をつける

[イメージ] メニューから、[色調補正] → [グラデーションマップ] を選択します。[グラデーションマップ] ダイアログで、[クリックでグラデーションを編集] をクリックして、[グラデーションエディター] ダイアログを表示します。
[クリックでグラデーションを編集] をクリック
[クリックでグラデーションを編集] をクリック
[グラデーションエディター] ダイアログで、グラデーションを設定して、[OK] をクリックします。
[グラデーションエディター] ダイアログを設定
[グラデーションエディター] ダイアログを設定
【設定値】
[位置 : 0%] [H : 300°/ S : 50% / B : 60%]
[位置 : 25%] [H : 350°/ S : 50% / B : 80%]
[位置 : 50%] [H : 25°/ S : 60% / B : 85%]
[位置 : 75%] [H : 0°/ S : 40% / B : 85%]
[位置 : 100%] [H : 0°/ S : 30% / B : 90%]
[グラデーションマップ] ダイアログで、[OK] をクリックします。
[OK] をクリック
[OK] をクリック
各階調層に色をつけることができた
各階調層に色をつけることができた
カラー分岐点を適合させる!
各階調層を正確に着色するには、[グラデーションエディター] ダイアログのカラーバーに設定する「カラー分岐点」の位置が重要です。カラーバーは、左端がグラデーションの開始点で、右端がグラデーションの終了点です。[グラデーションマップ] では、このカラーバーが階調レベルに換算されるので、カラー分岐点の位置がそのまま、画像内の階調レベルに反映されます。

カラーハーフトーンを適用する

[レイヤー]パネルで、レイヤー [ポスタリゼーション] を [新規レイヤーを作成] にドラッグして、[ポスタリゼーション のコピー] を作成します。
[ポスタリゼーション のコピー] を作成
[ポスタリゼーション のコピー] を作成
レイヤー名を「カラーハーフトーン」に変更します。
レイヤー名を「カラーハーフトーン」に変更
レイヤー名を「カラーハーフトーン」に変更
[スマートフィルター] の [ポスタリゼーション] と [グラデーションマップ] を [レイヤーを削除] にドラッグして削除します。
[レイヤーを削除] にドラッグ
[レイヤーを削除] にドラッグ
[スマートフィルター] の項目から、[ポスタリゼーション] と [グラデーションマップ] が削除されていることを確認します。
[スマートフィルター] の項目を確認
[スマートフィルター] の項目を確認
[フィルター] メニューから、[ピクセレート] → [カラーハーフトーン] を選択します。[カラーハーフトーン] ダイアログで、[最大半径] に「12」pixel、[ハーフトーンスクリーンの角度] にすべて「45」を入力して、[OK] をクリックします。
[カラーハーフトーン] ダイアログを設定
[カラーハーフトーン] ダイアログを設定
STEP 6 (拡大) → カラーハーフトーンを適用 (拡大)
[レイヤー] パネルで、描画モードに [オーバーレイ] を選択します。
描画モードに [オーバーレイ] を選択
描画モードに [オーバーレイ] を選択
クールなドットポスタリゼーションが完成した
クールなドットポスタリゼーションが完成した
ハーフトーン最大半径とは?
[カラーハーフトーン] のドットの大きさは、対象画像の明度によって変わります。[最大半径] は「ドット密度」を示し、ドットの中心から隣り合う (対角) ドットの中心までの距離の 1/2 (半径) です。なので [半径] ではなく、[最大半径] という名前が付けられています。
[カラーハーフトーン] の最大半径
[カラーハーフトーン] の最大半径

スポンサード リンク