【色調補正】色の濁りを取って鮮やかな青空にする方法【特定色域の選択】

【色調補正】色の濁りを取って鮮やかな青空にする方法【特定色域の選択】

全体のトーンを調整する

256 階調の中間点 (128 レベル) を頂点として、その大部分の階調に影響を与えるのが [中間色系] です。ここでは、色を調整するものではなく、全体を暗くしたり、明るくする微調整に使用します。
STEP 5 → 浅くなった全体のトーンを調整

中間色系の設定

[属性] パネルで、[カラー] に [中間色系] を選択します。
[シアン] に「0」%、[マゼンタ] に「0」%、[イエロー] に「0」%、[ブラック] に「+5」% を設定します。
[中間色系] を設定

[中間色系] を設定
色の濁りを取って鮮やかな青空にすることができました。
鮮やかな青空にすることができた

鮮やかな青空にすることができた
ガンマ補正の役割に利用する!
レベル補正やトーンカーブのようなガンマ補正が、[特定色域の選択] でも行えます。[中間色系] の [ブラック] は、明度の中間調 (ガンマ) に相当します。
(+) 側へドラッグすると暗くなる

(+) 側へドラッグすると暗くなる
現在の中間調を「0」% として、(-) 側がシャドウ側、(+) 側がハイライト側になり、(+) 側の数値を大きくすると、コントラストが強くなります。
(-) 側へドラッグすると明るくなる

(-) 側へドラッグすると明るくなる
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

[特定色域の選択] の概要

[特定色域の選択] とは、他の色に影響を与えることなく、特定の色だけを選んで補正することができる色調補正ツールです。カラーの構成要素はプロセスカラー (CMYK) が対象ですが、RGB 画像にも直感的な補正が簡単に行えます。
[特定色域の選択] の [属性] パネル

[特定色域の選択] の [属性] パネル
プリセット

あらかじめ設定されたメニューが用意されています。

カラー

メニューから補正したいカラーの系統を選択します。

CMYK スライダー

選択されたカラーの系統に対して各カラーの増減を調整します。

相対値

補正するカラーの選択方式に [相対値] を選択すると、ピクセルに含まれるカラー比率に対して、調整率を乗算した分増減します。

例 : マゼンタ 50% x 調整率 10% = 5% 増えて 55% に調整
※指定色域と完全に一致した場合の理論値
マゼンタ 50% x 調整率 10% = 5% 増えて 55% に調整
絶対値

補正するカラーの選択方式に [絶対値] を選択すると、ピクセルに含まれるカラー比率に対して、調整率を加算、または減算します。

例 : マゼンタ 50% + 調整率 10% = 10% 増えて 60% に調整
※指定色域と完全に一致した場合の理論値
例 : マゼンタ 50% + 調整率 10% = 10% 増えて 60% に調整
絶対値がオススメ!
調整率に対し変化する幅が大きいのが [絶対値] で、数値の計算もたし算なのでラクです。しかし、実質的には調整率の半分くらいしか増減しないし、下限、上限もあるので、あまり数値に縛られない方が得策ですね。
レッスン動画を配信中!
【Photoshop講座】くすんだ空をすっきり青くする方法
サムネールをクリックすると、レッスン動画にリンクします。

123456

スポンサード リンク