【画像合成】切り抜きの境界線をなじませる【フリンジ削除】

【画像合成】切り抜きの境界線をなじませる【フリンジ削除】

切り抜きの境界線をなじませる

[ 選択範囲 ] メニューから、[ 選択範囲を変更 ] – [ 縮小 ] を選択します。[ 選択範囲を縮小 ] ダイアログで、[ 縮小量 ] に [ 1 ] pixel を入力して、[ OK ] をクリックします。
[縮小量]に[1]pixelを入力
[ 縮小量 ] に [ 1 ] pixel を入力
[ 選択範囲 ] メニューから、[ 選択範囲を変更 ] – [ 境界をぼかす ] を選択します。[ 境界をぼかす ] ダイアログで、[ ぼかしの半径 ] に [ 1 ] pixel を入力して、[ OK ] をクリックします。
[ぼかしの半径]に[1]pixelを入力
[ ぼかしの半径 ] に [ 1 ] pixel を入力
境界線を変更する!
[ クイック選択ツール ] などで選択した境界線は、ピクセル単位で明確に選択されるのではなく、滑らかに見えるように、ひとつひとつのピクセルの透明度が違います。
これを「アンチエイリアス」といい、切り抜いた境界線には不要な白フチや黒フチが残ることが多いです。この不要な部分を取り除き、目立たないようにするため、[ 1 ] pixel の [ 選択範囲を縮小 ] と [ 境界をぼかす ] を加えます。
[ command ( Ctrl ) ] + [ J ] キーを押して、選択範囲をコピーした [ レイヤー 2 ] を作成します。
[ レイヤー ] パネルで、[ レイヤー 1 ] を非表示にします。
[レイヤー2]を作成して[レイヤー1]を非表示
[ レイヤー 2 ] を作成して [ レイヤー 1 ] を非表示
オブジェクトを切り抜くことができました。
選択範囲を変更→オブジェクトを切り抜くことができた
[ レイヤー ] メニューから、[ マッティング ] – [ フリンジ削除 ] を選択します。[ フリンジ削除 ] ダイアログで、[ 幅 ] に [ 1 ] pixel を入力して、[ OK ] をクリックします。
[幅]に[1]pixelを入力
[ 幅 ] に [ 1 ] pixel を入力
切り抜きの境界線に黒フチが残る→[フリンジ削除]を適用
切り抜きレイヤーの境界線を自然になじませることができました。
境界線を自然になじませることができた
境界線を自然になじませることができた
フリンジ削除とは?
[ フリンジ削除 ] をひとことで言えば、境界線を削る機能です。しかし、それは単純な機能ではありません。境界線の色を自動的に判断して、目立たない色や透明度に置き換えているからです。境界線の外側が異なる色で構成されている場合に適していて、[ 幅 ] の設定値で一律に削除するので、切り抜きのシルエットが維持できます。
続きは↓下の番号をクリック!
123456

スポンサード リンク