トラブルを未然に防ぐ!カラー設定10選

トラブルを未然に防ぐ!カラー設定10選「知っておきたいカラーマネジメント」

トラブルを未然に防ぐ!
カラー設定10選
prevnext
SELECT_08

色の校正

パソコンで扱うほとんどの画像は、[ RGB カラー ] で作成されています。しかし、商業印刷の入稿データは、[ CMYK カラー ] が推奨されています。
CMYK カラーに変換すると、画像の色が暗く濁ったような感じになります。これは、CMYK カラーが RGB カラーに比べ、再現できる色が極端に少ないため、近似色に置き換えた当然の結果なのです。

CMYK プレビューでの校正

CMYK プレビューで色の校正をしたい場合は、[ 表示 ] メニューから、[ 校正設定 ] – [ 作業用 CMYK ] を選択します。
[作業用CMYK]を選択
[ 作業用 CMYK ] を選択
[ 表示 ] メニューから、[ 色の校正 ] を選択します。すると、CMYK 変換後の画像がプレビューできます。( [ 校正設定 ] – [ 作業用 CMYK ] 選択時 )
RGBカラーの元画像→[色の校正]でCMYKをプレビュー
鮮やかすぎる色には注意!
気をつけなければならないことは、変換前の鮮やかすぎる色です。RGB カラー特有の輝度を持った発色のいい色は、CMYK カラーに変換すると、微妙な階調を失ってしまうことが多いからです。このような場合は、CMYK 変換前に、彩度を少しだけ落としておきます。
CMYK変換で再現できない色を確認する方法
トラブルを未然に防ぐ!
カラー設定10選
prevnext

スポンサード リンク