トラブルを未然に防ぐ!カラー設定10選

トラブルを未然に防ぐ!カラー設定10選「知っておきたいカラーマネジメント」

トラブルを未然に防ぐ!
カラー設定10選
prevnext
SELECT_03

一貫したカラー設定に同期

[ カラー設定 ] の非同期を示すこのアイコンは、Creative Cloud にあるそれぞれのアプリケーションの [ カラー設定 ] が、違う設定になっていると表示されるものです。
Photoshop 単体で使う分には影響ないようですが、それでも気になる方は、各アプリケーションの同期を行ってください。
[カラー設定]が非同期→[カラー設定]が同期済み
非同期 : Creative Cloud アプリケーションが一貫したカラー設定に同期されていません。

Bridgeによる同期

Adobe Bridge を起動して、[ 編集 ] メニューから、[ カラー設定 ] を選択します。[ カラー設定 ] ダイアログで、Photoshop と同じプリセットを選択します。
[ 適用 ] をクリックします。
Bridgeの[カラー設定]を適用
Bridge の [ カラー設定 ] を適用
どのプリセットに同期させるか?
Web 用の画像を扱うのなら、[ Web・インターネット用 – 日本 ] が最適です。印刷用の画像を扱うのなら、[ プリプレス用 – 日本2 ] が最適です。用途に合わせて同期させることが理想ですが、どちらも扱う場合は、[ プリプレス用 – 日本2 ] がオススメです。
[ プリプレス用 – 日本2 ] では、「 Adobe RGB 」のカラースペースを使用するので、未対応の電子機器、Web ブラウザなどには不向きです。それさえクリアできれば、「 sRGB 」のカラースペースにこだわる必要はありません。
トラブルを未然に防ぐ!
カラー設定10選
prevnext

スポンサード リンク