【ロゴ】フォントでつくる!ジュッ!と焼き焦げたタイトル文字

【ロゴ】フォントでつくる!焼け焦げたタイトル文字

エッジに焼け焦げを作成する

引き続き、レイヤースタイルに効果を追加します。抜いた文字の外側に焼け焦げを作成するため、オブジェクトの影を落とす [ドロップシャドウ] を活用します。
STEP 4 (部分) → エッジに焼け焦げを作成 (部分)
[レイヤースタイル] ダイアログで、[スタイル] メニューから、[ドロップシャドウ] をクリックします。
[ドロップシャドウ] をクリック

[ドロップシャドウ] をクリック
[構造] セクションの [描画モード] に [乗算] を選択します。
[不透明度] に「100」% を入力します。
[シャドウのカラーを設定] をクリックして、[カラーピッカー] ダイアログを表示します。
[構造] セクションの [描画モード] を設定

[構造] セクションの [描画モード] を設定
[カラーピッカー] ダイアログで、新しい色に [H : 32°/ S : 80% / B : 37%] を設定して、[OK] をクリックします。
[カラーピッカー] ダイアログを設定

[カラーピッカー]ダイアログを設定
[レイヤースタイル] ダイアログで、[構造] セクションの [角度] の [包括光源を使用] のチェックマークを外し、[距離] に「0」px、[スプレッド] に「35」%、[サイズ] に「16」px を入力します。
[構造] セクションの [角度] を設定

[構造] セクションの [角度] を設定
抜いた文字のエッジに焼け焦げが作成できました。
エッジに焼け焦げが作成できた

エッジに焼け焦げが作成できた
スプレッドとは?
レイヤスタイルのドロップシャドウを含む効果には、[スプレッド] という設定項目があります。これは陰影の中間調を増幅させて、少し膨らんだような濃いシャドウが表現できます。
通常、オブジェクトの形状に陰影を落とすワケですが、[サイズ] によるぼかし幅は、中間点 (オブジェクトの形状) を基準として内側と外側を均等にぼかします。
たとえば、[サイズ] に「16」px、[スプレッド] に「100」% を設定すると、中間点がぼかし幅の外側いっぱいに振られるので、ドロップシャドウはくっきり鮮明になり、オブジェクトの形状より「8」px 大きなドロップシャドウが作成されます。
続きは↓下の番号をクリック!

123456

スポンサード リンク