【ロゴ】フォントでつくる!ジュッ!と焼き焦げたタイトル文字

【ロゴ】フォントでつくる!ジュッ!と焼き焦げたタイトル文字

【Photoshop講座】新聞紙などが焼け焦げた処理は、文字型で抜く処理が加わると意外に簡単なものです。それは、形状が限られてしまうことで、不自然さを味方にできるから? なのかも知れません。2つのフィルターの組み合わせと、レイヤースタイルの効果だけで作成できる方法をご紹介しましょう。


マスクを利用したラスタライズ!
文字を入力した「テキストレイヤー」には、形状を崩すなどの変形や加工が行えないので、何らかの方法で「ラスタライズ(ビットマップ化)」をする必要があります。表示部分を隠すことができる「レイヤーマスク」には、通常のレイヤーと同様にフィルターなどの加工が行えるので、文字型のレイヤーマスクがあれば一気に解決です。
テキストを焼き焦げ風に加工
これから行う操作は、入力したテキストを焼き焦げ風に加工する方法です。複数のフィルターで形状を崩し、レイヤースタイルの効果で焼き焦げの色や質感を表現します。使用するフォントは任意で設定しますが、作例とは違うピクセルサイズの画像では、フィルターの効果が発揮できないことがあります。小さくしたい場合は、完成後にレイヤーを統合してリサイズしてください。
画像に入力したテキスト(拡大)→テキストを焼き焦げ風に加工(拡大)
ベースのフォントを入力する
素材画像をダウンロードして開きます。素材画像は、[幅:1280 pixel]、[高さ:720 pixel] 、[解像度:72 pixel/inch]、[モード:RGBカラー]を使用しています。背景に敷く素材は、新聞紙や包装紙など、焼き焦げが強調できる白っぽく風合いのある写真が好ましいです。
素材画像を開く
素材画像を開く
[ツール]パネルで、[横書き文字ツール]を選択します。
[横書き文字ツール]を選択
[横書き文字ツール]を選択
オプションバーで、任意のフォントを設定し、[フォントサイズを設定]に「250 pt」を入力します。
[フォントサイズを設定]に「250 pt」を入力
任意のフォントを設定!
作例では、「Stencil Gothic」を設定していますが、フォント環境はご使用のパソコンによって異なります。リスト表示される任意のフォントを設定してください。
ドキュメント内をクリックして、ポイントテキストで文字を入力します。
文字を入力
文字を入力
文字の間隔を空けよう!
焼き焦げの効果は、文字の周囲に広がるものなので、隣接する文字が近いとスペースが足りなくなってしまいます。あらかじめ、トラッキングなどで、文字の間隔を少し空けておくと効果的です。文字列が欧文の場合は、[文字のカーニングを設定]に[オプティカル]、[選択した文字のトラッキングを設定]に[100]を設定しておくといいでしょう。
カーニングとトラッキングを設定
カーニングとトラッキングを設定
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
抜いた文字の背景色を設定する
[レイヤー]パネルで、テキストレイヤーを非表示にします。
テキストレイヤーを非表示
テキストレイヤーを非表示
レイヤーサムネールを[command(Ctrl)]キーを押しながらクリックして、文字の選択範囲を作成します。
レイヤーサムネールを[command(Ctrl)]+クリック
レイヤーサムネールを[command(Ctrl)]+クリック
文字の選択範囲を作成
文字の選択範囲を作成
描画ピクセルを選択!
レイヤーサムネールを[command(Ctrl)]+クリック、または右クリックしてコンテキストメニューから、[描画ピクセルを選択]を選択すると、レイヤーに含まれるオブジェクトの選択範囲が作成できます。非表示中のレイヤー、レイヤーマスク、作業用パスなどからも選択範囲が作成できます。
[レイヤー]パネルで、[塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成]をクリックして、メニューから[べた塗り]を選択して、[べた塗り 1]を作成します。
[べた塗り 1]を作成
[べた塗り 1]を作成
[カラーピッカー]ダイアログで、新しい色に[H:0° S:0% B:90%]を設定して、[OK]をクリックします。
[カラーピッカー]ダイアログを設定
[カラーピッカー]ダイアログを設定
抜いた文字の背景色が設定できた
抜いた文字の背景色が設定できた
選択範囲からマスクを自動作成!
レイヤーマスク作成時に、あらかじめ選択範囲を作成しておくと、選択範囲外を隠す領域としてブラックが塗りつぶされます。塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成すると、レイヤーマスクが自動的に追加されるので、これらの操作がまとめて行えます。レイヤーマスクによって文字をラスタライズ(ビットマップ化)することで、フィルターや色調補正などの効果が適用できるようになります。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
2つのフィルターで文字のエッジを崩す
[レイヤー]パネルで、[べた塗り 1]塗りつぶしレイヤーのレイヤーマスクを選択します。
レイヤーマスクを選択
レイヤーマスクを選択
[フィルター]メニューから、[フィルターギャラリー]を選択します。[フィルターギャラリー]操作パネルで、[ブラシストローク]→[はね]を選択します。
[はね]を選択
[はね]を選択
[はね]ダイアログで、[スプレー半径]に「12」、[滑らかさ]に「5」を設定します。
[はね]ダイアログを設定
[はね]ダイアログを設定
元画像(レイヤーマスク)→[はね]適用後(プレビュー)
控えめに拡散する!
[はね]の設定値は、およその文字のエッジを崩すことにあります。[スプレー半径]の設定値を大きくすると、ランダムに拡散するピクセルの範囲が広くなり、エッジを離れて点在してしまう箇所も出てきます。なるべく、控えめな設定値を探ってください。
[フィルターギャラリー]操作パネルで、[新しいエフェクトレイヤー]をクリックして、[はね]を複製します。
[新しいエフェクトレイヤー]をクリック
[新しいエフェクトレイヤー]をクリック
[スケッチ]→[スタンプ]を選択します。
[スタンプ]を選択
[スタンプ]を選択
[スタンプ]ダイアログで、[明るさ・暗さのバランス]に「25」、[滑らかさ]に「5」を設定して、[OK]をクリックします。
[スタンプ]ダイアログを設定
[スタンプ]ダイアログを設定
2つのフィルターで文字のエッジを崩すことができた
2つのフィルターで文字のエッジを崩すことができた
[スタンプ]設定のコツ!
[スタンプ]の設定値は、まず、階調のバランスを変えたくないので、中間値の「25」に置き、[滑らかさ]の数値を探っていきます。[滑らかさ]は数値が大きくなるほどスムーズになるので、ピクセルの拡散が省略された形状が出てくるまで、数値を下げていきます。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
抜いた文字の影を作成する
[レイヤー]パネルで、[レイヤースタイルを追加]をクリックし、メニューから[シャドウ(内側)]を選択し、[レイヤースタイル]ダイアログを表示します。
[シャドウ(内側)]を選択
[シャドウ(内側)]を選択
[レイヤースタイル]ダイアログを表示
[レイヤースタイル]ダイアログを表示
[レイヤースタイル]ダイアログで、[構造]の[不透明度]に「60」%を設定します。[角度]の[包括光源を使用]のチェックマークを外し、[角度]に「120」°、[距離]に「12」px、[サイズ]に「12」pxを設定します。
[シャドウ(内側)]を設定
[シャドウ(内側)]を設定
STEP 3→抜いた文字の影が作成できた(プレビュー)
[包括光源を使用]とは?
[包括光源を使用]のチェックマークを外すと、他の設定に影響しない単独の数値が設定できます。初期設定では有効とされているので、まず最初に[包括光源を使用]を無効にしてから、他の設定を行ってください。
エッジの焼け焦げを作成する
[レイヤースタイル]ダイアログで、[スタイル]メニューから、[ドロップシャドウ]をクリックします。
[ドロップシャドウ]をクリック
[ドロップシャドウ]をクリック
[構造]セクションの[描画モード]に[乗算]、[不透明度]に「100」%を設定します。
[構造]セクションの[描画モード]を設定
[構造]セクションの[描画モード]を設定
[シャドウのカラーを設定]をクリックして、[カラーピッカー]ダイアログを表示します。
[シャドウのカラーを設定]をクリック
[シャドウのカラーを設定]をクリック
[カラーピッカー]ダイアログで、新しい色に[H:32° S:80% B:37%]を設定して、[OK]をクリックします。
[カラーピッカー]ダイアログを設定
[カラーピッカー]ダイアログを設定
[レイヤースタイル]ダイアログで、[構造]セクションの[角度]の[包括光源を使用]のチェックマークを外し、[距離]に「0」px、[スプレッド]に「35」%、[サイズ]に「16」px を設定します。
[構造]セクションの[角度]を設定
[構造]セクションの[角度]を設定
STEP 4→エッジの焼け焦げが作成できた(プレビュー)
スプレッドとは?
レイヤスタイルのドロップシャドウを含む効果には、[スプレッド]という設定項目があります。これは陰影の中間調を増幅させて、少し膨らんだような濃いシャドウが表現できます。通常、オブジェクトの形状に陰影を落とすワケですが、[サイズ]によるぼかし幅は、中間点(オブジェクトの形状)を基準として内側と外側を均等にぼかします。たとえば、[サイズ]に「16」px、[スプレッド]に「100」%を設定すると、中間点がぼかし幅の外側いっぱいに振られるので、ドロップシャドウはくっきり鮮明になり、オブジェクトの形状より「8」px 大きなドロップシャドウが作成されます。
周辺に広がった焦げめを作成する
[レイヤースタイル]ダイアログで、[スタイル]メニューから、[光彩(外側)]をクリックします。
[光彩(外側)]をクリック
[光彩(外側)]をクリック
[構造]セクションの[描画モード]に[乗算]、[不透明度]に「100」%、[ノイズ]に「15」%を設定します。
[構造]セクションを設定
[構造]セクションを設定
[クリックでグラデーションを編集]をクリックして、[グラデーションエディター]ダイアログを表示します。
[クリックでグラデーションを編集]をクリック
[クリックでグラデーションを編集]をクリック
[グラデーションエディター]ダイアログで、[プリセット]から[描画色から透明に]を選択し、[位置:0%]に[カラー:H32 S80 B37]、[位置:100%]に[カラー:H48 S100 B92]を設定して、[OK]をクリックします。
[グラデーションエディター]ダイアログを設定
[グラデーションエディター]ダイアログを設定
[レイヤースタイル]ダイアログで、[エレメント]セクションの[テクニック]に[さらにソフトに]を選択し、[スプレッド]に「10」%、[サイズ]に「64」pxを設定し、[OK]をクリックします。
[エレメント]セクションを設定
[エレメント]セクションを設定
STEP 5→周辺に広がった焦げめが作成できた(プレビュー)
ジュッ!と焼き焦げたタイトル文字が完成した
ジュッ!と焼き焦げたタイトル文字が完成した
焦げ色の変化と不透明度を設定!
焦げ色は、[暖色系のブラウン(より暗い)]から「橙色」へ変化するグラデーションを設定し、不透明度を100%から0%へ変化させます。周辺への広がりは、[エレメント]セクションの[サイズ]で設定しますが、焼き焦げの範囲をもっと広げたい場合は、数値が大きすぎるとメリハリがなくなるので、不透明度の中間点を調整して、少し大きくするといいでしょう。
不透明度の中間点を調整
不透明度の中間点を調整

スポンサード リンク