【ロゴ】フォントでつくる!ジュッ!と焼き焦げたタイトル文字

【ロゴ】フォントでつくる!焼け焦げたタイトル文字

【Photoshop講座】新聞紙などが焼け焦げた処理は、文字型で抜く処理が加わると意外に簡単なものです。それは、形状が限られてしまうことで、不自然さを味方にできるから? なのかも知れません。2つのエフェクトの組み合わせと、レイヤースタイルの効果だけで作成できる方法をご紹介しましょう。


マスクを利用したラスタライズ!
文字を入力した「テキストレイヤー」には、形状を崩すなどの変形や加工が行えないので、何らかの方法で「ラスタライズ (ビットマップ化)」をする必要があります。表示部分を隠すことができる「レイヤーマスク」には、通常のレイヤーと同様にフィルターなどの加工が行えるので、文字型のレイヤーマスクがあれば一気に解決です。

テキストを焼け焦げ風に加工

これから行う操作は、入力したテキストを焼け焦げ風に加工する方法です。複数のエフェクトで形状を崩し、レイヤースタイルの効果で焼け焦げの色や質感を表現します。
画像に入力したテキスト (部分) → テキストを焼け焦げ風に加工 (部分)
使用するフォントは任意で設定しますが、作例とは違うピクセルサイズの画像では、エフェクトの効果が発揮できないことがあります。小さくしたい場合は、完成後にレイヤーを統合してリサイズしてください。
レッスン動画を配信中!
【Photoshop講座】フォントでつくる!焼け焦げたタイトル文字
サムネールをクリックすると、レッスン動画にリンクします。

ベースのフォントを入力する

素材画像をダウンロードして開きます。素材画像は、[幅 : 1280 pixel]、[高さ : 720 pixel] 、[解像度 : 72 pixel/inch]、[モード : RGBカラー]を使用しています。背景に敷く素材は、新聞紙や包装紙など、焼け焦げが強調できる白っぽく風合いのある写真が好ましいです。
素材画像を開く

素材画像を開く
[ツール] パネルで、[横書き文字ツール] を選択します。
[横書き文字ツール] を選択

[横書き文字ツール] を選択
オプションバーで、任意のフォントを設定し、[フォントサイズを設定] に「250 pt」を入力します。
[フォントサイズを設定] に「250 pt」を入力

[フォントサイズを設定] に「250 pt」を入力
任意のフォントを設定!
作例では、「Stencil Gothic」を設定していますが、フォント環境はご使用のパソコンによって異なります。リスト表示される任意のフォントを設定してください。
ドキュメント内をクリックして、ポイントテキストで文字を入力します。
文字を入力

文字を入力
文字の間隔を空けよう!
焼け焦げの効果は、文字の周囲に広がるものなので、隣接する文字が近いとスペースが足りなくなってしまいます。あらかじめ、トラッキングなどで、文字の間隔を少し空けておくと効果的です。
カーニングとトラッキングを設定

カーニングとトラッキングを設定
文字列が欧文の場合は、[文字のカーニングを設定] に [オプティカル]、[選択した文字のトラッキングを設定] に [100] を設定しておくといいでしょう。
続きは↓下の番号をクリック!

123456

スポンサード リンク