【テクスチャ】ゼロからつくる!伝統的な手すき和紙

【テクスチャ】ゼロからつくる!伝統的な手すき和紙

ざっくりとした風合いをつける

テクスチャの着色に加えて、和紙の表面にざっくりとした風合いをつけます。質感の効果は、新しいレイヤーを作成して、描画モード [ オーバーレイ ] で合成します。
テクスチャを着色する → ざっくりとした風合いをつける
[ レイヤー ] パネルで、[ 新規レイヤーを作成 ] をクリックします。
[ レイヤー 2 ] が作成されたことを確認します。
[ レイヤー 2 ] を作成
[ レイヤー 2 ] を作成
[ フィルター ] メニューから、[ 描画 ] – [ 雲模様 1 ] を選択して適用します。
[ フィルター ] メニューから、[ 表現手法 ] – [ エンボス ] を選択します。[ エンボス ] ダイアログで、[ 角度 ] に [ 120 ]°、[高さ] に [ 4 ] pixel、[ 量 ] に [ 400 ] % を入力して、[ OK ] をクリックします。
[ エンボス ] ダイアログを設定
[ エンボス ] ダイアログを設定
新しく作成した [ 雲模様 1 ] を立体的にすることができました。
[ 雲模様 1 ] を適用 → [ エンボス ] を適用
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

[ テクスチャライザー ] の設定

[ フィルター ] メニューから、[ フィルターギャラリー ] を選択します。
[ フィルターギャラリー ] 操作パネルで、[ テクスチャ ] – [ テクスチャライザー ] を選択します。
[ テクスチャライザー ] を選択
[ テクスチャライザー ] を選択
[ テクスチャライザー ] ダイアログで、[ テクスチャ ] に [ 砂岩 ]、[ 拡大・縮小 ] に [ 200 ] %、[ レリーフ ] に [ 4 ]、[ 照射方向 ] に [ 左上へ ]、[ 階調の反転 ] を無効に設定して、[ OK ] をクリックします。
[ テクスチャライザー ] ダイアログを設定
[ テクスチャライザー ] ダイアログを設定
[ レイヤー ] パネルで、描画モードに [ オーバーレイ ] を選択します。
[ オーバーレイ ] を選択
[ オーバーレイ ] を選択
雲模様から紙のよれを表現する下地をつくり、その表面に粗目をつけ、和紙のざっくりした風合いが表現できました。
ざっくりとした風合いをつけることができた
ざっくりとした風合いをつけることができた
続きは↓下の番号をクリック!
12345

スポンサード リンク