写真を加工する!インスタグラム SUTRO風

写真を加工する!インスタグラム SUTRO 風

【Photoshop講座】おしゃれなヴィンテージ風写真に加工できるアプリ「Instagram」。その多彩なフィルターの中から、彩度を落としてレトロな印象にする「SUTRO」を再現してみましょう。「SUTRO」は、周辺を暗くするビネット効果や、少しムラのある古びた質感が特徴です。サングラス越しに見たように鮮やか過ぎる色を抑え、重厚で落ち着いた雰囲気にできるので、色とりどりの草花や青空の風景などに効果が発揮できるフィルターのひとつです。



対角線の下側が暗い領域!
トーンカーブのグラフは、対角線の上側が明るい領域、下側が暗い領域です。グラフの横軸が [入力]、縦軸が[出力] で、それぞれが同じ座標にあるとき、トーンカーブは対角線となります。
黒色は [入力 : 0] [出力 : 0]、50% グレーは [入力 : 128] [出力 : 128]、白色は [入力 : 255] [出力 : 255]。これらの設定値は、どんなときにも変わることがありません。たとえば、調整を暗くしたい場合は、対角線を下側の領域に設定すればいいのです。ただし、黒色の [入力 : 0] [出力 : 0] は、これ以上暗くなることはありません。

青空を損ねず彩度を落とす技法

これから行う操作は、Instagram 風に画像を加工する方法です。「SUTRO」の特徴は、重厚で落ち着いた彩度と古びた質感ですが、実は青空の鮮やかさをキープすることにこだわっています。
元画像→インスタグラム SUTRO風
寒色系は彩度を落とすと濁りやすくなるので、影響力のある青みを抑えて、赤みを引き上げておくことがギミックとなります。ローキーな効果に特定の色域の強みを加える技法を学びましょう。
レッスン動画を配信中!
【Photoshop講座】写真を加工する!インスタグラム SUTRO 風
サムネールをクリックすると、レッスン動画にリンクします。

トーンカーブを設定する

素材画像を開きます。素材画像は、[幅 : 1920 pixel]、[高さ : 1440 pixel] 、[解像度 : 72 pixel/inch]、[モード : RGB カラー] を使用しています。
素材画像を開く

素材画像を開く
photo by APRISM
作業を始める前に!
素材画像のトリミングやピクセルサイズの変更を行う場合は、作業を始める前に済ませておいてください。
[レイヤー] パネルで、[塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成] をクリックし、メニューから [トーンカーブ] を選択して、[トーンカーブ 1] を作成します。
[トーンカーブ 1] を作成

[トーンカーブ 1] を作成
すると、[属性] パネルに、[トーンカーブ] の設定を行うダイアログボックスが表示されます。
[トーンカーブ] ダイアログを確認

[トーンカーブ] ダイアログを確認
トーンカーブとは?
トーンカーブの作成は、設定した後でも編集できる調整レイヤーを利用することが一般的です。 基本的な操作は、正方形のグラフ(ヒストグラム)を対角線に横切る「線」の傾きを変えたり、曲げを加えたりすることで、画像の色調を補正します。
ここでは、カラーバランスに大きな変化を加えるため、RGB チャンネルごとに、それぞれトーンカーブの設定を行います。

チャンネル [レッド] の設定

チャンネルに [レッド] を選択します。
トーンカーブの右側のポイントを選択します。
[入力] に「255」、[出力] に「238」を入力します。
トーンカーブの形状を確認します。
トーンカーブのポイントを選択して設定

トーンカーブのポイントを選択して設定
チャンネル [レッド] のハイライト点を暗くすると、雲などの白色が青みがかった色調に変わります。
青みがかった色調に変わる

青みがかった色調に変わる
さらに、ポイントを追加して、それぞれを設定していきます。
ポイントを追加してそれぞれを設定

ポイントを追加してそれぞれを設定
【設定値】
[入力 : 0] [出力 : 0]
[入力 : 64] [出力 : 56]
[入力 : 128] [出力 : 136]
[入力 : 192] [出力 : 200]
[入力 : 224] [出力 : 224]
[入力 : 255] [出力 : 238]
シャドウ領域を暗く、中間調を明るく、ハイライト点を暗くする設定ができました。
チャンネル [レッド] の設定ができた

チャンネル [レッド] の設定ができた
入力と出力の関係!
トーンカーブの [入力] は、補正前の階調レベルを設定する項目で、[出力] は、補正後の階調レベルを設定する項目です。たとえば、[入力 : 192]、[出力 : 200] なら、256 階調の 192 レベルを 200 レベルまで明るくします。[入力 : 64]、[出力 : 56] なら、256 階調の 64 レベルを 56 レベルまで暗くします。
入力と出力の関係は、入力値に対して、出力値が大きいか?小さいか?によって、明るさ・暗さが調整されるものと考えればいいでしょう。
続きは↓下の番号をクリック!

12345

スポンサード リンク