【ロゴ】フォントでつくる!レンガ塀の落書き文字

【ロゴ】フォントでつくる!レンガ塀の落書き文字

【Photoshop講座】ストリートアート風の文字をレンガ塀の素材画像と合成して、白いペンキで落書きされたように加工しましょう。この方法は [ブレンド条件] を使用します。合成が不自然にならないように、あらかじめ文字のディテールを崩しておくことも重要です。文字の大きさを整えたら、その選択範囲から作成したレイヤーマスクを加工していきましょう。


陰影の階調レベルを見極める!
階調レベルとは、黒から白へ変化する色を段階的に表したものです。[レベル補正] や [トーンカーブ] などの調整でよく出ててくるアレです。
[レイヤー効果] の [ブレンド条件] も、この階調レベルのしくみが用いられていて、下のレイヤーの表示する階調と隠す階調を別々に設定できます。さらに、その境界を滑らかにする階調幅が設けられるので、自然な溶け込みや擦れなどが表現できます。

落書きをリアルに再現しよう!

これから行う操作は、あらかじめ作成した文字の図版 (シェイプレイヤー) から加工する方法です。もちろん、ドキュメントに直接入力したテキストレイヤーからでも同じ操作で作成できます。
テキストを配置 (部分) → [ブレンド条件]を適用 (部分)
レンガ塀の表面に文字が描かれたように見せる合成では、デコボコした質感に合わせた演出方法が課題となります。そのため、使用するフォントはある程度の太さが必要です。それさえクリアできれば、どんな文字だって落書き風にすることができます。
このレッスンの動画を配信中!
【Photoshop講座】レンガ塀に文字を落書きする
サムネールをクリックすると、YouTube 動画にリンクします。

素材画像を開く

素材画像を開きます。素材画像は PSD 形式で [幅 : 1200 pixel]、[高さ : 798 pixel] 、[解像度 : 72 pixel/inch]、[モード : RGB カラー] を使用しています。
PSD 形式の素材画像を開く

PSD 形式の素材画像を開く
素材画像を開いたら、[レイヤー] パネルで、[Ghang!] シェイプレイヤーが選択されていることを確認してください。
[Ghang!] シェイプレイヤーを確認

[Ghang!] シェイプレイヤーを確認
テキストレイヤーも可能!
作例の文字は、Illustrator で作成したパスを Photoshop にコピー&ペーストしたシェイプレイヤーを使用していますが、ドキュメントに直接入力したテキストレイヤーでも、全く同じ手順で作業を進めることができます。
もちろん、透明部分を含んだピクセルレイヤーも可能です。新規レイヤーを作成して、ブラシツールで直接描画するなど、さまざまな方法で応用してみましょう。
続きは↓下の番号をクリック!

1234

スポンサード リンク