【ロゴ】フォントでつくる!レンガ塀の落書き文字

【ロゴ】フォントでつくる!レンガ塀の落書き文字

【Photoshop講座】ストリートアート風の文字をレンガ塀の素材画像と合成して、白いペンキで落書きされたように加工しましょう。この方法は [ブレンド条件] を使用します。合成が不自然にならないように、あらかじめ文字のディテールを崩しておくことも重要です。文字の大きさを整えたら、その選択範囲から作成したレイヤーマスクを加工していきましょう。



陰影の階調レベルを見極める!
階調レベルとは、黒から白へ変化する色を段階的に表したものです。[レベル補正] や [トーンカーブ] などの調整でよく出ててくるアレです。[レイヤー効果] の [ブレンド条件] も、この階調レベルのしくみが用いられていて、下のレイヤーの表示する階調と隠す階調を別々に設定できます。さらに、その境界を滑らかにする階調幅が設けられるので、自然な溶け込みや擦れなどが表現できます。

落書きをリアルに再現しよう!

これから行う操作は、あらかじめ作成した文字の図版 (シェイプレイヤー) から加工する方法です。もちろん、ドキュメントに直接入力したテキストレイヤーからでも同じ操作で作成できます。レンガ塀の表面に文字が描かれたように見せる合成では、デコボコした質感に合わせた演出方法が課題となります。そのため、使用するフォントはある程度の太さが必要です。それさえクリアできれば、どんな文字だって落書き風にすることができます。
テキストを配置 (部分) → [ブレンド条件]を適用 (部分)

素材画像を開く

素材画像を開きます。素材画像は PSD 形式で [幅 : 1200 pixel]、[高さ : 798 pixel] 、[解像度 : 72 pixel/inch]、[モード : RGB カラー] を使用しています。
PSD 形式の素材画像を開く
PSD 形式の素材画像を開く
素材画像を開いたら、[レイヤー] パネルで、[Ghang!] シェイプレイヤーが選択されていることを確認してください。
[Ghang!] シェイプレイヤーを確認
[Ghang!] シェイプレイヤーを確認
テキストレイヤーも可能!
作例の文字は、Illustrator で作成したパスを Photoshop にコピー&ペーストしたシェイプレイヤーを使用していますが、ドキュメントに直接入力したテキストレイヤーでも、全く同じ手順で作業を進めることができます。もちろん、透明部分を含んだピクセルレイヤーも可能です。新規レイヤーを作成して、ブラシツールで直接描画するなど、さまざまな方法で応用してみましょう。
このレッスンの動画を配信中!
【Photoshop講座】レンガ塀に文字を落書きする
サムネールをクリックすると、YouTube 動画にリンクします。

文字列の選択範囲を作成する

[レイヤー] パネルで、文字列のレイヤーサムネールを [command (Ctrl)] キーを押しながらクリックします。
[command (Ctrl)] + クリック
[command (Ctrl)] + クリック
すると、文字列の選択範囲が作成されます。テキストレイヤーの場合も同じ方法で、文字列の選択範囲が作成できます。
文字列の選択範囲を確認
文字列の選択範囲を確認
続いて、[レイヤーの表示 / 非表示] をクリックして、文字列のレイヤーを非表示にします。
[レイヤーの表示 / 非表示] をクリック
[レイヤーの表示 / 非表示] をクリック
文字列の選択範囲だけが表示されていることを確認してください。
選択範囲だけが表示されていることを確認
選択範囲だけが表示されていることを確認
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

文字列のカラーを設定する

[レイヤー] パネルで、[塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成] をクリックして、メニューから [べた塗り] を選択して、[べた塗り 1] を作成します。
[べた塗り 1] を作成
[べた塗り 1] を作成
[カラーピッカー] ダイアログで、[B : 75%] (明灰色) に設定して、[OK] をクリックします。
[カラーピッカー] で明灰色を設定
[カラーピッカー] で明灰色を設定
文字列が明灰色になったことを確認します。
文字列の色を確認
文字列の色を確認
カラーは少し暗くする!
作例では、文字列のカラーに白いペンキを想定しているので、白色から少し暗い明灰色を設定しました。これは、後の手順で設定する描画モードと関係していて、合成結果でハイライトが白トビしないように考慮したものです。設定値のポイントは明度 (B) です。鮮やかな色を設定したい場合でも、明度を 75% くらいに抑えておきましょう。

レイヤーマスクに切り替える

[レイヤー] パネルで、[べた塗り 1] レイヤーマスクサムネールを [option (Alt)] キーを押しながらクリックします。
[option (Alt)] + クリック
[option (Alt)] + クリック
すると、ドキュメントが通常表示の画像描画モードから、レイヤーマスクモードに切り替わります。
画像描画モード → レイヤーマスクモード

文字列のエッジを崩す

[フィルター] メニューから [フィルターギャラリー] を選択します。[フィルターギャラリー] 操作パネルで、[ブラシストローク] → [はね] を選択します。
[フィルターギャラリー] で [はね] を選択
[フィルターギャラリー] で [はね] を選択
[はね] ダイアログで、[スプレー半径] に「3」、[滑らかさ] に「5」を入力して、[OK] をクリックします。
[はね] を設定
[はね] を設定
文字列のエッジがランダムに崩れました。
元画像 (レイヤーマスク部分) → [はね] を適用 (レイヤーマスク部分)

塗りの部分に粒子を加える

[フィルター] メニューから、[ピクセレート] → [メゾティント] を選択します。[メゾティント] ダイアログで、[種類] に [標準ドット] を選択し、[OK] をクリックします。
[標準ドット] を選択
[標準ドット] を選択
続いて、[編集] メニューから、[「メゾティント」をフェード] を選択します。[フェード] ダイアログで、[描画モード] に [乗算] を選択し、[OK] をクリックします。
[乗算] を選択
[乗算] を選択
画像全体に描画された粒子が、[フェード] – [乗算] により、文字列の白い部分だけに適用されました。
[メゾティント] を適用 (レイヤーマスク部分) → [フェード] - [乗算] を適用 (レイヤーマスク部分)
[フィルター] メニューから、[ぼかし] → [ぼかし] を選択して、際立った粒子を緩和させます。
際立った粒子が緩和された
際立った粒子が緩和された

画像描画モードに戻す

[レイヤー] パネルで、[べた塗り 1] をクリックして、レイヤーマスクモードから通常表示の画像描画モードに切り替えます。
[べた塗り 1] をクリック
[べた塗り 1] をクリック
画像描画モードに切り替えると、レイヤーマスクの編集が反映されています。
レイヤーマスクモード → 画像描画モード
[レイヤー] パネルで、描画モードに [スクリーン] を選択します。
[スクリーン] を選択
[スクリーン] を選択
背景画像の明るい部分と重なる、文字列の塗りの領域が明るくなりました。
塗りの領域が明るくなった
塗りの領域が明るくなった

溝と擦れの効果を加える

[レイヤー] パネルで、[べた塗り 1] の右端をダブルクリックします。
レイヤーの右端をダブルクリック
レイヤーの右端をダブルクリック
すると、[レイヤースタイル] ダイアログが表示されます。これから、[レイヤー効果] – [ブレンド条件] セクションに設定を加えていきます。
[ブレンド条件] に設定を加えていく
[ブレンド条件] に設定を加えていく
ブレンド条件は明度の階調レベル!
[ブレンド条件] には上下2つの階調バーがあります。階調バーの下にある調整ポイントは、左側がシャドウ点で階調レベル「0」、右側がハイライト点で階調レベル「255」が初期設定です。たとえば、シャドウ点の調整ポイントを階調レベル「128」に設定すると、0 〜 128 の階調がマスクされて見えなくなります。
[option (Alt)] キーを押しながら調整ポイントをドラッグすると、調整ポイントが2つに分かれて、見えなくなる境界をグラデーションで溶け込ませることができます。
[ブレンド条件] に [グレー] を選択します。[下になっているレイヤー] の階調バー下にある、左側の調整ポイントを右側へドラッグして「88」に設定します。
左側の調整ポイントをドラッグして「88」に設定
左側の調整ポイントをドラッグして「88」に設定
右側の調整ポイントを左側へドラッグして「151」に設定します。
右側の調整ポイントをドラッグして「151」に設定
右側の調整ポイントをドラッグして「151」に設定
左側の調整ポイントを [option (Alt)] キーを押しながら左側へドラッグして「65」に設定します。
[option (Alt)] + ドラッグで「65」に設定
[option(Alt)] + ドラッグで「65」に設定
右側の調整ポイントを [option (Alt)] キーを押しながら右側へドラッグして「175」に設定します。
[option (Alt)] + ドラッグで「175」に設定
[option (Alt)] + ドラッグで「175」に設定
[ブレンド条件] により、レンガ塀の画像に合わせた溝と擦れの表現ができました。
描画モード [スクリーン] を選択 (部分) → [ブレンド条件] を適用 (部分)
すべての設定ができたら、[OK] をクリックします。
[OK] をクリック
[OK] をクリック
レンガ塀の落書き文字が完成しました。
レンガ塀の落書き文字が完成した
レンガ塀の落書き文字が完成した

スポンサード リンク