写真をイラスト調に!変幻自在の抽象イメージ

写真をイラスト調に!変幻自在の抽象イメージ

素材画像を合成する

[ レイヤー ] パネルで、[ レイヤー 0 ] を選択して表示します。
[レイヤー0]を選択して表示
[ レイヤー 0 ] を選択して表示
[ shift ] + [ + ] キーを押して、描画モードを変更します。
[shift]+[+]キーを押して描画モードを変更
[ shift ] + [ + ] キーを押して描画モードを変更
キーヴィジュアルで具象化!
抽象イメージであっても、草花や森林などのキーヴィジュアルがあると、視覚的なアピール効果は向上します。合成に適した素材画像は、単純なディテールでコントラストが高く、階調を多く含むものです。描画モードによる主な適用結果は次のとおりです。
描画モードによる主な適用結果
[ レイヤー ] パネルで、描画モードを決定します。作例では [ 除外 ] を選択しました。
描画モードに[除外]を選択
描画モードに [ 除外 ] を選択
写真をグラデーションの抽象イメージに加工できた
写真をグラデーションの抽象イメージに加工できた
描画モード [ 除外 ] の特徴!
描画モードの [ 除外 ] は、基本色 ( 背面 ) と合成色 ( 前面 ) とのコントラスト値を比べ、強い部分から弱い部分を取り除きます。たとえば、合成色が白の場合、結果色はネガ反転しますが、合成色が黒の場合、結果色は基本色のまま変わりません。
作例では、背面に敷いたグラデーションは、前面の暗い部分で透過して、前面の明るい部分がネガ反転されるワケです。描画モード [ 除外 ] は、非現実な演出に適しています。
12345

スポンサード リンク