写真をイラスト調に!変幻自在の抽象イメージ

写真をイラスト調に!変幻自在の抽象イメージ

グラデーションを描画モードで合成する

[ レイヤー ] パネルで、描画モードを確認しながら、[ shift ] + [ + ] キーを押して、描画モードを変更します。
描画モードがメニュー順で変更される
ショートカットキーで素早く選出!
[ shift ] + [ + ] キーを押すと、メニューの順 ( 降順 ) に描画モードが変更されます。[ shift ] + [ – ] キーを押すと、メニューの逆順 ( 昇順 ) に描画モードが変更されます。
ショートカットキーで素早く選出
ショートカットキーで素早く選出
2つのショートカットキーで、次々に繰り出される適用結果から素早く選出しましょう。描画モードを変更するショートカットキーは、ペイント系ツールの選択時には使用できません。
レイヤーの重なり条件を選択!
レイヤーの描画モードとは、基本色 ( 背面 ) と合成色 ( 前面 ) の重なり条件を選択できる機能です。描画モードの設定は、背面に対して前面で行います。それぞれの描画モードには、白、50% グレー、黒の中性色 ( 影響しないカラー ) を基準に、異なるカラーの増減率が設定されています。
描画モードの概念図
描画モードの概念図
描画モードの結果色 ( 表示 ) は、基本色と合成色によって作成されるので、ドキュメント全体の印象を予測するのは難しいです。
描画モードによる主な適用結果
大まかには、数値が乗算されるグループ ( 中性色 : 白 )反転された数値が乗算されるグループ ( 中性色 : 黒 )中間調を境界として条件を組み合わせたグループ ( 中性色 : 50% グレー )、その他に分けられます。
基本がわかる!描画モードの種類と特性
[ レイヤー ] パネルで、描画モードを決定します。作例では [ 輝度 ] を選択しました。
描画モードに[輝度]を選択
描画モードに [ 輝度 ] を選択
グラデーションを描画モードで合成できた
グラデーションを描画モードで合成できた
描画モード [ 輝度 ] の特徴!
描画モード [ 輝度 ] は、基本色 ( 背面 ) の色相、彩度をサンプリングして、合成色 ( 前面 ) の輝度 ( 光源の明るさ ) に置き換えます。ちょっとわかりにくいですね?
たとえば、基本色に無彩色 ( 白、黒、グレー ) があると、彩度のサンプリング数値はいずれも [ 0 ] です。したがって、合成色は無彩色 ( モノクロ ) に置き換えられます。[ 輝度 ] には、他の描画モードに設定されている中性色がないので、すべての領域が基本色に影響されます。
続きは↓下の番号をクリック!
12345

スポンサード リンク