【選択範囲】指定色をスムーズな階調で選択する方法【色域指定】

【選択範囲】指定色をスムーズな階調で選択する方法【色域指定】

【Photoshop基本操作】画像全体から特定領域を選択するには、「明度」で判断する方法と、「色域」で判断する方法があります。選択ツールの多くは「色域」を選択できますが、選択されるピクセルがはっきり分かれてしまうのが特徴です。物に反射した色など、スムーズな階調を選択したい場合は、[色域指定] を使用します。


選択ポイントを強調する!
選択範囲の作成は、演出・効果の出発点となる重要な操作です。いかに自然に境界線をなじませるか? が課題となります。[色域指定] は、色の系統や指定色で選択範囲を作成する機能で、画像全体から抽出することはもちろん、選択ポイントを強調できる [カラークラスタ指定] オプションもあります。課題を克服する技を身につけましょう。

自然な選択範囲で指定色を変換する方法

これから行う操作は、反射色も含めた自然な色変換を目的とした選択範囲の作成方法です。[色域指定] で、画像全体から特定領域を選択し、[色相・彩度] で、赤色のカーペットから緑色のカーペットへ、大胆な色変換を行います。[カラークラスタ指定] オプションの活用方法をご紹介しましょう。
元画像 → 自然な選択範囲で指定色を変換する
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

対象の色系を判断する

素材画像をダウンロードします。作例では、[幅 : 1600 pixel] × [高さ : 1200 pixel] の [RGB カラー] を使用しています。
素材画像を開く

素材画像を開く
プレビューで判断してみよう!
赤いカーペットには、明るい部分と暗い部分があり、白い扉や壁、ドアノブには、赤い色が広い範囲で反射しています。
色域は小さなピクセル単位で微妙に異なるため、見た目だけに頼らず、[色域指定] のプレビューを活用しましょう。まず、大まかな色系から選択したい部分のイメージや、サンプルカラーのポイントを判断しましょう。
[選択範囲] メニューから、[色域指定] を選択します。[色域指定] ダイアログで、[選択] に [レッド系] を選択します。
[選択範囲のプレビュー] に [グレースケール] を選択します。
[色域指定] ダイアログを設定

[色域指定] ダイアログを設定
すると、ドキュメントがプレビューに切り替わり、グレースケールにより、選択した色系の領域が表示されます。最も白い部分を特定しましょう。
選択した色系の領域が表示される

選択した色系の領域が表示される
色系から対策を練る!
作例では、赤色のカーペットを選択する目的があるため、[色域指定] ダイアログで、[選択] に [レッド系] を選択しました。これにより、[レッド系] の色要素を含むピクセルが「明度」の強さによって抽出されました。
プレビューの白い部分が選択範囲になりますが、結果では、鮮やかな赤色の部分でも約 80% (明るいグレー) の選択率なので、十分な選択範囲に必要な 100% (真っ白) の部分が抽出されていないことが確認できました。
続きは↓下の番号をクリック!

1234

スポンサード リンク