【レタッチ】ジャギーを除去して滑らかにする方法【2階調化】

【レタッチ】ジャギーを除去して滑らかにする方法【2階調化】

輪郭の階調を調整する

[ イメージ ] メニューから、[ 色調補正 ] – [ レベル補正 ] を選択します。[ レベル補正 ] ダイアログで、入力レベルに [ 78 / 1.00 / 178 ] を設定して、[ OK ] をクリックします。
入力レベルに[78/1.00/178]を設定
入力レベルに [ 78 / 1.00 / 178 ] を設定
コントラストを高めることで、滑らかでシャープな輪郭に調整することができます。
隣接するピクセルをブレンド(部分拡大)→コントラストを高める(部分拡大)
[ 2階調化 ] を適用した画像の、ジャギーを除去することができました。
ジャギーを除去することができた(100%表示)
ジャギーを除去することができた ( 100% 表示 )
擬似的なアンチエイリアス処理!
アンチエイリアスのピクセルの補間は、画像をぼかす機能と同じようなものです。したがって、[ ぼかし ( ガウス ) ] の設定値を [ 1.0 ] pixel にすれば、隣接するピクセルは均等にブレンドできます。しかし、この適用領域は 256 階調中で行われるので、輪郭のピクセルが広範囲に拡がった印象があります。
[ レベル補正 ] の入力レベルの領域を狭めると、コントラストが高まり、輪郭が引き締まったシャープな印象にすることができます。
基本がわかる!アンチエイリアス
低解像度から高解像度に変換!
画像の解像度を上げる作業を「アップサンプリング」といいます。ここで使用する機能の [ ディテールを保持 2.0 ] は、Photoshop CC 2018 から追加された、ピクセル情報の補間方法です。人工知能によるアルゴリズムで画質の劣化を抑え、ジャギーのない滑らかな輪郭が再現できます。
低解像度から高解像度に変換する方法
低解像度の元画像 → 1600% のアップサンプリングで高解像度化
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
123

スポンサード リンク