【画像の変形】円筒形の缶にラベルを貼る方法【ワープ】

【画像の変形】円筒形の缶にラベルを貼る方法【ワープ】

フレームに合わせて変形する

[ command ( Ctrl ) ] + [ T ] キーを押して、変形のバウンディングボックスを表示します。
変形のバウンディングボックスを表示
変形のバウンディングボックスを表示
バウンディングボックスの側面ハンドルを [ shift ] キーを押しながらドラッグして、フレームにスナップさせながら縮小します。スナップ:ガイドやグリッドなどに吸着する機能
[shift]+ドラッグでフレームにスナップ
[ shift ] + ドラッグでフレームにスナップ
同様にして、反対側の側面ハンドルを [ shift ] + ドラッグして、ラベルデザインの画像をフレームの大きさに合わせます。
フレームの大きさに合わせる
フレームの大きさに合わせる
下辺ハンドルを [ shift ] キーを押しながらドラッグして、エッジの直線が曲線に変わるところへ合わせます。
エッジの直線が曲線に変わるところへ合わせる
エッジの直線が曲線に変わるところへ合わせる
上辺ハンドルを [ shift ] キーを押しながらドラッグして、コーヒー缶の中心点に合わせます。
[option(Alt)]+[command(Ctrl)]+ドラッグ
[ option ( Alt ) ] + [ command ( Ctrl ) ] + ドラッグ
[ 編集 ] メニューから、[ 変形 ] – [ 遠近法 ] を選択、または、[ shift ] + [ option ( Alt ) ] + [ command ( Ctrl ) ] キーを押しながら、バウンディングボックスの右下のコーナーハンドルをドラッグして、コーヒー缶のパースに合わせます。
[遠近法]でパースに合わせる
[ 遠近法 ] でパースに合わせる
遠近法でパースに合わせる!
この後の手順で、[ ワープ ] による円筒形の変形を行いますが、その操作を簡単に効率よく行うため、変形の一連の操作として、[ 拡大・縮小 ] と [ 遠近法 ] を加えます。埋め込みスマートオブジェクトに遠近法を加えておくことで、[ ワープ ] を操作する方向線の向きが自動的に整えられます。
4つの角を移動して合わせる(概念図)
4つの角を移動して合わせる ( 概念図 )
作例では、配置による自動調整に加え、[ 拡大・縮小 ] と [ 遠近法 ] を加えていますが、概念的な操作は、変形のバウンディングボックスの「4つの角」を、[ ワープ ] に変換したときの「4つのアンカー」になるように移動しておくことが目的です。
続きは↓下の番号をクリック!
123456

スポンサード リンク